ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901164 全員に公開 ハイキング奥秩父

寂ショウ尾根〜滝子山〜大谷ヶ丸〜笹子雁ガ腹摺山〜笹子峠

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー k-daichan
天候曇り時々晴れ、小雨
気温 スタート時20℃ 山上17℃程
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜森林公園に駐車(5台程、無料)
付近にコンビニ等はありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
寂ショウ尾根の岩場はそれほど危険とは感じませんでしたが、雨の後や下山時に通る際は注意が必要です。
尾根づたいの道なので迷う心配はなさそうです。
滝子山から大谷ヶ丸の間に地図には載っていない分岐がありました。間違った方に進むと道が無くなりますので注意。
以降は概ね歩きやすい道で道標等あるので迷う心配はなさそうです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 ツエルト 簡易シュラフ ファーストエイドキット ヘッドライト 電池 地形図 コンパス 高度計 行動食 水1.6㍑ 非常食 カメラ 旅レコ

写真

桜森林公園に向かう。
20号線を大月方面(右)から来てここを右斜めに入って行きます。
(帰りに撮影)
2016年06月19日 15:29撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜森林公園に向かう。
20号線を大月方面(右)から来てここを右斜めに入って行きます。
(帰りに撮影)
線路をくぐり右へ。
(帰りに撮影)
2016年06月19日 15:27撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
線路をくぐり右へ。
(帰りに撮影)
道なりに進みこの先で右折し高架橋で中央道を渡る。
(帰りに撮影)
2016年06月19日 15:25撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道なりに進みこの先で右折し高架橋で中央道を渡る。
(帰りに撮影)
すぐに桜森林公園駐車スペース。
ここからスタート。
2016年06月19日 05:31撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに桜森林公園駐車スペース。
ここからスタート。
しばらく林道を歩きここから
寂悄苑へ。
しっかりした道標が無いので少しわかりにくいです。
2016年06月19日 05:36撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく林道を歩きここから
寂悄苑へ。
しっかりした道標が無いので少しわかりにくいです。
少し進み寂悄苑。
道標に従い左に曲がります。
2016年06月19日 05:40撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進み寂悄苑。
道標に従い左に曲がります。
道ははっきりしています。
2016年06月19日 05:43撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道ははっきりしています。
鉄塔に出る。
2016年06月19日 05:54撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔に出る。
大鹿林道を横切る。
右に登り口があります。
2016年06月19日 06:00撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿林道を横切る。
右に登り口があります。
登り始めが急ですがあとは歩きやすい道。
2016年06月19日 06:06撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めが急ですがあとは歩きやすい道。
1200m辺りから岩場の始まり。
それほど危険とは感じませんでした。
2016年06月19日 06:48撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1200m辺りから岩場の始まり。
それほど危険とは感じませんでした。
鎖のある岩場。
2016年06月19日 06:56撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖のある岩場。
振り返って。
下りだと少し怖そう。
2016年06月19日 07:02撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
下りだと少し怖そう。
少し明るくなる。
2016年06月19日 07:13撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し明るくなる。
尾根合流地点。
浜立山は次の機会に、、。
2016年06月19日 07:22撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根合流地点。
浜立山は次の機会に、、。
山頂直下の岩場。
個人的にここが一番怖く感じました。
三点確保で慎重に通過。
2016年06月19日 07:29撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の岩場。
個人的にここが一番怖く感じました。
三点確保で慎重に通過。
少し展望が。
中央にこのあと向かうお坊山が見えます。
2016年06月19日 07:32撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し展望が。
中央にこのあと向かうお坊山が見えます。
1
滝子山に到着。
誰もおらず静かでした。
2016年06月19日 07:38撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝子山に到着。
誰もおらず静かでした。
2
少し霞んでしまってますが、三ツ峠山の先に富士山。
雪はほとんど無くなりましたね。
2016年06月19日 07:41撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し霞んでしまってますが、三ツ峠山の先に富士山。
雪はほとんど無くなりましたね。
3
登ってきた尾根。
2016年06月19日 07:41撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根。
1
大月方面。
もう少し空気が澄んでれば、、。
2016年06月19日 07:41撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大月方面。
もう少し空気が澄んでれば、、。
北側の展望。
左から大谷ヶ丸、ハマイバ丸、黒岳。
2016年06月19日 07:38撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の展望。
左から大谷ヶ丸、ハマイバ丸、黒岳。
2
少し下った先に三角点。
地図には載っていないルートもあるようです。
2016年06月19日 07:49撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下った先に三角点。
地図には載っていないルートもあるようです。
ヤマツツジ。
2016年06月19日 07:52撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ。
2
分岐に戻り鎮西ヶ池方面へ。
2016年06月19日 07:52撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に戻り鎮西ヶ池方面へ。
白縫神社。
2016年06月19日 07:56撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白縫神社。
クリンソウ?
2016年06月19日 07:57撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリンソウ?
3
薄暗い道。
2016年06月19日 08:02撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暗い道。
・1567手前で道が別れました。
左の道へ進む。
2016年06月19日 08:11撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・1567手前で道が別れました。
左の道へ進む。
そのまま進むと踏み跡がなくなりました。
方向を確認し進むと、
2016年06月19日 08:14撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま進むと踏み跡がなくなりました。
方向を確認し進むと、
はっきりした道に出ました。
先程の分岐は右に進むのが正解だったようです。
2016年06月19日 08:18撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりした道に出ました。
先程の分岐は右に進むのが正解だったようです。
あとははっきりした道。
この日始めての登山者とすれ違う。
2016年06月19日 08:35撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとははっきりした道。
この日始めての登山者とすれ違う。
大谷ヶ丸。
これで大菩薩連嶺、黒川山〜滝子山が繋がりました。
2016年06月19日 08:41撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸。
これで大菩薩連嶺、黒川山〜滝子山が繋がりました。
2
大鹿峠までは歩いたことがあるので気が楽です。
昨年11月に来た時は落ち葉でわかりにくかった道も今の時期ははっきり。
2016年06月19日 08:55撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿峠までは歩いたことがあるので気が楽です。
昨年11月に来た時は落ち葉でわかりにくかった道も今の時期ははっきり。
防火帯。
2016年06月19日 09:09撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防火帯。
コンドウ丸。
2016年06月19日 09:19撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンドウ丸。
1
曲沢峠、
2016年06月19日 09:35撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲沢峠、
から前回寄らなかったオッ立に向かう。
踏み跡はありません。
2016年06月19日 09:36撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
から前回寄らなかったオッ立に向かう。
踏み跡はありません。
オッ立とはどういう意味なんでしょうか?
2016年06月19日 09:39撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オッ立とはどういう意味なんでしょうか?
オッ立からの下り。
踏み跡薄いです。
2016年06月19日 09:43撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オッ立からの下り。
踏み跡薄いです。
大鹿山。
2016年06月19日 09:54撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿山。
お坊山の登りに備え大鹿峠で栄養補給。
2016年06月19日 10:04撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お坊山の登りに備え大鹿峠で栄養補給。
はじめは歩きやすい細い道。
2016年06月19日 10:18撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめは歩きやすい細い道。
東峰分岐。
2016年06月19日 10:40撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰分岐。
その先で歩いてきた道が見えました。
右に滝子山、左に大谷ヶ丸。
一番手前中央がオッ立ですね。
2016年06月19日 10:42撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先で歩いてきた道が見えました。
右に滝子山、左に大谷ヶ丸。
一番手前中央がオッ立ですね。
1
お坊山。
2016年06月19日 10:47撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お坊山。
展望は少し。
中央左に笹子雁ガ腹摺山が見えます。
2016年06月19日 10:47撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は少し。
中央左に笹子雁ガ腹摺山が見えます。
道が細くなってくる。
2016年06月19日 10:52撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が細くなってくる。
米沢山。
展望はありません。
2016年06月19日 11:17撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米沢山。
展望はありません。
鎖場を下って振り返る。
巻き道らしきものがありました。
2016年06月19日 11:26撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を下って振り返る。
巻き道らしきものがありました。
細い道が続く。
この先5人と9人の団体さんとすれ違う。
2016年06月19日 11:34撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い道が続く。
この先5人と9人の団体さんとすれ違う。
最後のきつい登り。
雨がポツポツ降りだす…。
2016年06月19日 11:58撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のきつい登り。
雨がポツポツ降りだす…。
笹子雁ガ腹摺山。
2016年06月19日 12:06撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子雁ガ腹摺山。
3
富士山は雲の中、、。
2016年06月19日 12:35撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は雲の中、、。
短めの昼食休憩をとり下山。
巡視路の黒い階段を下る。
2016年06月19日 12:45撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短めの昼食休憩をとり下山。
巡視路の黒い階段を下る。
巨大な送電線鉄塔。
2016年06月19日 12:48撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な送電線鉄塔。
新道、尾根道の分岐。
尾根道を進むことに。
雨が少し強くなる。
2016年06月19日 12:51撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道、尾根道の分岐。
尾根道を進むことに。
雨が少し強くなる。
高原地図には藪ありとの記載がありましたが、藪などまったく無く歩きやすい道でした。
2016年06月19日 12:54撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原地図には藪ありとの記載がありましたが、藪などまったく無く歩きやすい道でした。
笹子峠直前の下り。
滑りやすいので注意。
2016年06月19日 13:22撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子峠直前の下り。
滑りやすいので注意。
笹子峠から破線ルートを見る。
道はしっかりありますが難しそうなので私はまだ歩けそうもないです。
2016年06月19日 13:23撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子峠から破線ルートを見る。
道はしっかりありますが難しそうなので私はまだ歩けそうもないです。
歩きやすい道を少し下り、駐車場に出る。
雨も止んだのでひと安心。
2016年06月19日 13:30撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道を少し下り、駐車場に出る。
雨も止んだのでひと安心。
笹子トンネル。
2016年06月19日 13:32撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子トンネル。
1
しばらく車道歩き。
一つ目のコーナーはショートカットできました。
ここから破線ルートへ。
2016年06月19日 13:38撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく車道歩き。
一つ目のコーナーはショートカットできました。
ここから破線ルートへ。
予想外にしっかりした道です。
2016年06月19日 13:41撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想外にしっかりした道です。
1
ぐるぐる巻きついています。
蛇かと思った。
2016年06月19日 13:40撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐるぐる巻きついています。
蛇かと思った。
矢立の杉直前。
真っ直ぐ進んでしまいそうですが左へ曲がり木橋を渡る。
赤テープあり。
2016年06月19日 13:46撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢立の杉直前。
真っ直ぐ進んでしまいそうですが左へ曲がり木橋を渡る。
赤テープあり。
杉良太郎氏により寄贈された身代り両面地蔵菩薩。
2016年06月19日 13:49撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉良太郎氏により寄贈された身代り両面地蔵菩薩。
樹齢1000年を越す矢立の杉。戦国時代合戦に赴く武士が必勝を祈願して、この木に矢を射ったことからその名前がついたそうです。
2016年06月19日 13:50撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹齢1000年を越す矢立の杉。戦国時代合戦に赴く武士が必勝を祈願して、この木に矢を射ったことからその名前がついたそうです。
ここからはしっかりした道。
2016年06月19日 13:51撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはしっかりした道。
一旦車道に出てここから破線ルートへ。
2016年06月19日 14:10撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦車道に出てここから破線ルートへ。
こちらは林道でしたか。
2016年06月19日 14:11撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは林道でしたか。
道なりに進み堰堤から舗装路へ。
2016年06月19日 14:18撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道なりに進み堰堤から舗装路へ。
212号線に出る。
バスで吉久保まで戻る予定でしたが時間が早すぎるので歩いて戻ることに。
2016年06月19日 14:23撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
212号線に出る。
バスで吉久保まで戻る予定でしたが時間が早すぎるので歩いて戻ることに。
20号線に出る。
2016年06月19日 14:28撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20号線に出る。
ひたすら舗装路を歩き、吉久保入口バス停を左へ。
2016年06月19日 15:06撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら舗装路を歩き、吉久保入口バス停を左へ。
ここを右。
2016年06月19日 15:08撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右。
ここを左。
2016年06月19日 15:10撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを左。
ここを左。
2016年06月19日 15:13撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを左。
あとは真っ直ぐ。
2016年06月19日 15:14撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは真っ直ぐ。
桜森林公園駐車場まで戻ってきました。
帰り支度をしているとまた雨が降りだし帰る頃には本降りに。
早く戻ってこれてよかった〜。
2016年06月19日 15:17撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜森林公園駐車場まで戻ってきました。
帰り支度をしているとまた雨が降りだし帰る頃には本降りに。
早く戻ってこれてよかった〜。
撮影機材:

感想/記録

大菩薩連嶺の赤線繋ぎで寂ショウ尾根から滝子山、その先笹子峠まで歩いてみました。
寂ショウ尾根は破線ルートですが道もはっきりしていますし、岩場も短い区間だけなので問題無く歩くことができました。しかし雨の後や下山時には通りたくないな〜と感じました。
滝子山からは実線ルートなので気楽な気持ちで進みます。ところが地図には載っていない分岐で間違った方に進んでしまい、踏み跡が消えたので少しウロウロ。しかし尾根伝いで方向もわかっているのでコンパス頼りにそのまま進み正規ルートに復帰できました。
大谷ヶ丸から大鹿峠の区間は昨年11月に歩いたのでこちらも気が楽です。落葉で道がわからなくなり迷いそうになった箇所も今の時期では道がはっきりしているので楽にクリアできました。
大鹿峠から先は再び未踏のルート。こちらはアップダウンが多く簡単な鎖場もあったりで歩きごたえのあるルートでした。
下山してからはバスで駐車地まで戻る予定でしたので、笹子雁ガ腹摺山で時間調整のため長居しようとしましたが曇りで展望が良くなく、おまけに雨まで降りだしたので休憩も短めに歩いて戻ることに決めました。
今回で大菩薩連嶺が繋がったので次はどこを繋げようか、、。
訪問者数:279人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ