ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > クリンソウ

クリンソウ(くりんそう) / 九輪草

最終更新:2016-02-19 15:05 - tomoe
基本情報
日本固有種
比較的冷涼な湿地に自生するサクラソウの一種
5月初旬から6月初旬にかけて下段より順次上へ花をつける。
一本の花軸に数段輪生して花をつける様子が仏塔の先端になる九輪ににていることから九輪草と名付けられた。

関連する写真リスト

クリンソウ
クリンソウ
クリンソウ
クリンソウ
クリンソウ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

クリンソウ(九輪草、学名Primula japonica)は、日本原産のサクラソウ科サクラソウ属の多年草。
北海道、本州、四国の山間地の、比較的湿潤な場所に生育し、せせらぎや渓谷の湿地などに時に群生する。高さ30-90cmほどになり、日本に自生するサクラソウ科の植物のなかでは最も大型である。10-20cmほどの鋸歯を持つ葉のロゼットを作り、花季となる4-6月にその中心から花茎が伸びる。花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることから名前の由来となっている。花の色は濃い紅紫色(径2-2.5?)が普通だが、ときにピンクや白、絞り咲きなどの変種も見られる。
花が大きく美しいため山野草として人気があり、庭に植えられることも多い。園芸品種はヨーロッパでいくつか作出されたが、普及はしていない。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アキノキリンソウ アケビ アズマイチゲ アセビ イタヤカエデ イナトウヒレン イヌシデ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワカガミ イワツメグサ イワベンケイ ウサギギク ウスユキソウ ウメバチソウ ウルップソウ オカトラノオ 翁草 オサバグサ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カツラ カラマツ カラマツソウ キオン キタダケソウ キツリフネ キバナシャクナゲ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クモマグサ クリ クリンソウ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ ケヤキ ゲンノショウコ コウリンカ コオニユリ コケモモ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サワグルミ サワラ 座禅草 シオジ シナノキ シナノキンバイ シャクナゲ シュロソウ 白樺 シラネアオイ シロバナヘビイチゴ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センノキ ソバナ タカネナデシコ タマガワホトトギス タマゴタケ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チチブコウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツバキ ツユクサ ツリフネソウ ツルリンドウ トウヤクリンドウ トチノキ トリカブト ナデシコ ナナカマド ニガナ ニョホウチドリ ネコノメソウ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンチドリ ハクサンフウロ ハシリドコロ ハナイカリ ハナネコノメ バイカオウレン バイケイソウ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒノキ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ ブナ ホオノキ ホタルブクロ マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ ミツバツツジ ミツマタ(三椏) ミネズオウ ミヤマキリシマ ミヤマキンポウゲ ミヤマシャジン ミヤマダイコンソウ ミヤマバイケイソウ ミヤマママコナ モミ モミジ ヤツタカネアザミ ヤナギラン ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リンドウ レンゲショウマ

「クリンソウ」 に関連する記録(最新3件)

京都・北摂
  89    6 
fu-tyan, その他3人
2016年12月08日(日帰り)
金剛山・岩湧山
  111    34 
2016年11月26日(日帰り)
日光・那須・筑波
  18    15 
watasugefuwa, その他1人
2016年11月23日(日帰り)
ページの先頭へ