ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 節分草

節分草(せつぶんそう)

最終更新:2015-02-06 10:50 - tomoe
基本情報
セツブンソウは本州の関東地方以西に分布する、高さ10センチほどの小さな多年生草本。
節分の頃に可憐な花を咲かせるのでこう呼ばれる。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

セツブンソウ(節分草、学名:Shibateranthis pinnatifida )は、キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。関東地方以西に分布し、石灰岩地域に多く見られる。古名は、イエニレ(いへにれ、家楡)、漢名には菟葵?が当てられるが、中国語では別の植物を指す。
高さ10cmほど。花期は2-3月で直径2cmの白い花を咲かせる。花弁に見えるのは萼片である。
和名は、早春に芽を出し節分の頃に花を咲かせることからついた。可憐な花は人気が高く、現在は、乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっている。節分草の自生地として有名な場所は、埼玉県小鹿野町、栃木県栃木市(星野の里)、広島県庄原市(総領地域)などがある。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アキノキリンソウ アケビ アズマイチゲ アセビ イタヤカエデ イナトウヒレン イヌシデ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワカガミ イワツメグサ イワベンケイ ウサギギク ウスユキソウ ウメバチソウ ウルップソウ オカトラノオ 翁草 オサバグサ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カツラ カラマツ カラマツソウ キオン キタダケソウ キツリフネ キバナシャクナゲ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クモマグサ クリ クリンソウ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ ケヤキ ゲンノショウコ コウリンカ コオニユリ コケモモ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サワグルミ サワラ 座禅草 シオジ シナノキ シナノキンバイ シャクナゲ シュロソウ 白樺 シラネアオイ シロバナヘビイチゴ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センノキ ソバナ タカネナデシコ タマガワホトトギス タマゴタケ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チチブコウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツバキ ツユクサ ツリフネソウ ツルリンドウ トウヤクリンドウ トチノキ トリカブト ナデシコ ナナカマド ニガナ ニョホウチドリ ネコノメソウ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンチドリ ハクサンフウロ ハシリドコロ ハナイカリ ハナネコノメ バイカオウレン バイケイソウ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒノキ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ ブナ ホオノキ ホタルブクロ マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ ミツバツツジ ミツマタ(三椏) ミネズオウ ミヤマキリシマ ミヤマキンポウゲ ミヤマシャジン ミヤマダイコンソウ ミヤマバイケイソウ ミヤマママコナ モミ モミジ ヤツタカネアザミ ヤナギラン ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リンドウ レンゲショウマ

「節分草」 に関連する記録(最新3件)

霊仙・伊吹・藤原
  51    44 
2016年09月11日(日帰り)
奥武蔵
  28    29  4 
2016年06月04日(日帰り)
ページの先頭へ