ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > イロハモミジ

イロハモミジ(いろはもみじ) / イロハカエデ

最終更新:2015-10-10 17:19 - gutenmrgen
基本情報
カエデ科の落葉高木

日本では最もよく見られるカエデ属の種で、紅葉の代表種。日本では、本州以南の平地から標高 1000m 程度にかけての低山で多く見られる。

関連する写真リスト

高尾山トクトクブック12スタンプ賞、金の法螺貝ピンバッヂと銀のイロハモミジ。みなさん一年間おつかれさまでした。
大きなイロハモミジ! 前々から「何の木だろうね?」と話していたのですが、木名のプレートがあり分かりました。
【林試の森公園】 武蔵小山駅から歩いて入口から入るとすぐにイロハモミジ(伊呂波紅葉:カエデ科)が絶好調。
【水元公園】 モミジも所々に色づいている木はありましたが、ここの写真が多くなりすぎてしまうので、この1枚だけ。 イロハモミジとメタセコイアのなかなか見られない競演です。
【小石川植物園】 イロハモミジの紅葉廊下がありました。 写真枚数圧縮の為、個別の写真掲載は自粛・・・

山の解説 - [出典:Wikipedia]

イロハモミジ(いろは紅葉、学名 Acer palmatum)は、ムクロジ科カエデ属の落葉高木である。イロハカエデ(いろは楓)などとも呼ばれる。
日本では最もよく見られるカエデ属の種で、紅葉の代表種。本種より作られた園芸種も多い(#変種・園芸種を参照)。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アキノキリンソウ アケビ アズマイチゲ アセビ イタヤカエデ イナトウヒレン イヌシデ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワカガミ イワツメグサ イワベンケイ ウサギギク ウスユキソウ ウメバチソウ ウルップソウ オカトラノオ 翁草 オサバグサ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カツラ カラマツ カラマツソウ キオン キタダケソウ キツリフネ キバナシャクナゲ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クモマグサ クリ クリンソウ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ ケヤキ ゲンノショウコ コウリンカ コオニユリ コケモモ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サワグルミ サワラ 座禅草 シオジ シナノキ シナノキンバイ シャクナゲ シュロソウ 白樺 シラネアオイ シロバナヘビイチゴ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センノキ ソバナ タカネナデシコ タマガワホトトギス タマゴタケ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チチブコウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツバキ ツユクサ ツリフネソウ ツルリンドウ トウヤクリンドウ トチノキ トリカブト ナデシコ ナナカマド ニガナ ニョホウチドリ ネコノメソウ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンチドリ ハクサンフウロ ハシリドコロ ハナイカリ ハナネコノメ バイカオウレン バイケイソウ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒノキ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ ブナ ホオノキ ホタルブクロ マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ ミツバツツジ ミツマタ(三椏) ミネズオウ ミヤマキリシマ ミヤマキンポウゲ ミヤマシャジン ミヤマダイコンソウ ミヤマバイケイソウ ミヤマママコナ モミ モミジ ヤツタカネアザミ ヤナギラン ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リンドウ レンゲショウマ

「イロハモミジ」 に関連する記録(最新3件)

奥秩父
  52    30 
2017年06月23日(日帰り)
奥多摩・高尾
  84     5 
2017年06月18日(日帰り)
ページの先頭へ