ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ヤマトリカブト

ヤマトリカブト(やまとりかぶと)

最終更新:2016-09-29 21:26 - gutenmrgen
基本情報
キンポウゲ科トリカブト属の一種

鮮やかな青紫色のカブト形の花を付けるが、日本三大有毒植物の一つとされるほど毒が強いので、遠巻きに鑑賞するだけにすべきである。

関連する写真リスト

ヤマトリカブト
ヤマトリカブト
ヤマトリカブト
ヤマトリカブト
ヤマトリカブト

山の解説 - [出典:Wikipedia]

トリカブト(鳥兜・学名Aconitum)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称である。
ドクウツギ、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされ、トリカブトの仲間は日本には約30種自生している。花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。英名の"monkshood"は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。
塊根を乾燥させたものは漢方薬や毒として用いられ、烏頭(うず)または附子(生薬名は「ぶし」、毒に使うときは「ぶす」)と呼ばれる。本来「附子」は、球根の周りに着いている「子ども」の部分。中央部の「親」の部分は「烏頭(うず)」、子球のないものを「天雄(てんゆう)」と呼んでいたが、現在は附子以外のことばはほとんど用いられていない。俗に不美人のことを「ブス」と言うが、これはトリカブトの中毒で神経に障害が起き、顔の表情がおかしくなったのを指すという説もある。
ヨーロッパでは、魔術の女神ヘカテーを司る花とされ、庭に埋めてはならないとされる。ギリシア神話では、地獄の番犬といわれるケルベロスのよだれから生まれたともされている。狼男伝説とも関連づけられている。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アキノキリンソウ アケビ アズマイチゲ アセビ イタヤカエデ イナトウヒレン イヌシデ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワカガミ イワツメグサ イワベンケイ ウサギギク ウスユキソウ ウメバチソウ ウルップソウ オカトラノオ 翁草 オサバグサ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カツラ カラマツ カラマツソウ キオン キタダケソウ キツリフネ キバナシャクナゲ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クモマグサ クリ クリンソウ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ ケヤキ ゲンノショウコ コウリンカ コオニユリ コケモモ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サワグルミ サワラ 座禅草 シオジ シナノキ シナノキンバイ シャクナゲ シュロソウ 白樺 シラネアオイ シロバナヘビイチゴ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センノキ ソバナ タカネナデシコ タマガワホトトギス タマゴタケ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チチブコウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツバキ ツユクサ ツリフネソウ ツルリンドウ トウヤクリンドウ トチノキ トリカブト ナデシコ ナナカマド ニガナ ニョホウチドリ ネコノメソウ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンチドリ ハクサンフウロ ハシリドコロ ハナイカリ ハナネコノメ バイカオウレン バイケイソウ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒノキ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ ブナ ホオノキ ホタルブクロ マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ ミツバツツジ ミツマタ(三椏) ミネズオウ ミヤマキリシマ ミヤマキンポウゲ ミヤマシャジン ミヤマダイコンソウ ミヤマバイケイソウ ミヤマママコナ モミ モミジ ヤツタカネアザミ ヤナギラン ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リンドウ レンゲショウマ

「ヤマトリカブト」 に関連する記録(最新3件)

奥多摩・高尾
  57    103  4 
2016年11月29日(日帰り)
富士・御坂
  89    7  1 
Kakao, その他19人
2016年11月08日(日帰り)
奥多摩・高尾
  34    6 
naochan17, その他1人
2016年11月04日(日帰り)
ページの先頭へ