ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901513 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

仙丈ケ岳

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー heronic411
天候曇り〜小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仙流荘 駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
41分
合計
5時間42分
S北沢峠06:4107:43薮沢大滝ノ頭07:4508:27小仙丈ヶ岳08:3409:25仙丈ヶ岳09:5410:07仙丈小屋10:49小仙丈ヶ岳10:5011:25薮沢大滝ノ頭11:2712:23北沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩場の登りも若干あるが注意すれば問題はありません
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ シェラフ 無線機

写真

天気予報がイマイチなのか車は少なめ?
2015年06月19日 05:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報がイマイチなのか車は少なめ?
ここからスタートです
2015年06月19日 06:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからスタートです
登りはじめは急登です。
2015年06月19日 07:01撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはじめは急登です。
途中までは登山道に砕石のひいてありとても歩きやすいです。
2015年06月19日 07:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中までは登山道に砕石のひいてありとても歩きやすいです。
馬の背ルートは使えません
2015年06月19日 07:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背ルートは使えません
樹林帯も間もなく終わります。ハイマツが出てきます。
2015年06月19日 07:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯も間もなく終わります。ハイマツが出てきます。
東駒(甲斐駒)ど〜〜〜〜んです。
2015年06月19日 08:00撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東駒(甲斐駒)ど〜〜〜〜んです。
3
テンバが見えます
2015年06月19日 08:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テンバが見えます
1
オベリスクもアップで
2015年06月19日 08:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクもアップで
1
人が見えます、このカメラのズームなかなかです。
2015年06月19日 08:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が見えます、このカメラのズームなかなかです。
小仙丈まで来ました、山梨側からの風が冷たくウインドブレーカーを着ました。
2015年06月19日 08:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈まで来ました、山梨側からの風が冷たくウインドブレーカーを着ました。
仙丈ケ岳へ続く登山道です
2015年06月19日 08:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳へ続く登山道です
1
見えてきました!
2015年06月19日 08:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました!
これがあるから登山はやめられません。
2015年06月19日 08:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがあるから登山はやめられません。
2
鳴き声がするので見れば雷鳥。
日本の2トップと雷鳥です。天気が良くてもう少し写真の腕があれば結構いい観光写真に使えるかも 
自慢の一枚になりそう。
2015年06月19日 09:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴き声がするので見れば雷鳥。
日本の2トップと雷鳥です。天気が良くてもう少し写真の腕があれば結構いい観光写真に使えるかも 
自慢の一枚になりそう。
10
頂上が見えてきました。
2015年06月19日 09:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上が見えてきました。
到着!  それほど広くない頂上です。このときは3名の方がお見えになりました。皆さんとのんびり話もできました。
2015年06月19日 09:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!  それほど広くない頂上です。このときは3名の方がお見えになりました。皆さんとのんびり話もできました。
1
お約束です
2015年06月19日 09:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束です
中央アルプスと御岳山です。宝剣岳は存在感があります。
2015年06月19日 09:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスと御岳山です。宝剣岳は存在感があります。
仙丈小屋まで降りるとことに少しですが雪渓がありました。
2015年06月19日 09:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈小屋まで降りるとことに少しですが雪渓がありました。
営業中です。
2015年06月19日 10:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
営業中です。
鋸岳もよく見えます。
2015年06月19日 10:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳もよく見えます。
登りでは見過ごしました、クラシックな案内板です。地名が長谷村になってます。 10年以上前のですね。
2015年06月19日 12:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りでは見過ごしました、クラシックな案内板です。地名が長谷村になってます。 10年以上前のですね。
下山終了。この後12:30分の臨時便に運よく乗車でき待ち時間なしジャストタイミングで帰りました。
2015年06月19日 12:28撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山終了。この後12:30分の臨時便に運よく乗車でき待ち時間なしジャストタイミングで帰りました。
地元から見える冬の仙丈ケ岳です。
2010年01月22日 17:04撮影 by NIKON D70, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元から見える冬の仙丈ケ岳です。
1

感想/記録

「仙丈ヶ岳」私にはその存在は特別です。確かに私の住むところからはいくつもの名峰を見ることが出来ます、でも南東の方角に聳えるこの山だけは特別な存在です。南アルプスの女王という形容を良くされますが私の所から見えるこの山は女王と言うより「南アルプスの覇王」という表現がぴったりです。感ずるに女性的な優しさと言うより圧倒的な存在感で見おろす、そんな感じさえします。(最後の写真が家の付近から見える仙丈です)

当日は朝一番のバスに乗ろうと仙流荘に行きました。ラッキーなことに補助席ではありますが、一番バスに乗ることが出来予定より三十分近く早いスタートができました。
登山道は始めは樹林帯の中を急登となだらかな道とを繰り返し標高を稼いでいきます。そして樹林帯を抜けると東駒(甲斐駒)鋸岳 北岳 富士山と日本を代表する山々が見えてきます。小仙丈を過ぎる辺りから山梨側からの冷たい風が吹き出しました。
見えるけどなかなか近ずかない頂上。そんな時ハイマツの中から鳴き声、見ると雷鳥がいます。ちょうと富士山と北岳をバックに写真が取れました。なかなか貴重な写真だと思っています。もう少しいいカメラと腕があればもっといい写真になっていただろうになと。

頂上は人も少なくゆっくりできました、そしていつものように話も出来楽しい時間を過ごしました。天候は曇りでしたが雲が高かったせいか 富士山 北岳 甲斐駒 遠くに八ヶ岳 北アルプス 乗鞍 御岳 中央アルプス とオールスターでした。
帰りは同じ道を帰ろうと思ったのですが、仙丈小屋が下に見えるので回っていこうと思い下りました。
少し上り返して尾根道に出る頃には雨がポツポツ。雨具を用意するほどでもないのでそのまま下りました。
1時のバスに間に合えばと思い下ったところ、12:30分に臨時便が出るとのこと待ち時間無しで乗ることができました。
思い入れの深い山に登れ、雷鳥にも会い 皆さんと楽しい話もでき 今日も感謝の一日でした。
訪問者数:409人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ハイマツ 急登 雪渓 テン 馬の背
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ