ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913623 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

にゅうの大展望と稲子岳の見事なコマクサ

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー Fujimori-W
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白駒池駐車場(有料で500円)に車を駐めましたが、早朝の時点ではまだがらがらでした。戻ってきたら車はかなりいっぱいに見えました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
1時間27分
合計
6時間4分
S白駒の池 駐車場05:1905:28白駒の池05:33白駒荘06:36ニュウ06:5507:28稲子岳07:49稲子岳コマクサ群生地08:3209:22中山峠09:28見晴らし台09:3009:48中山09:50中山展望台10:0310:43高見石小屋10:46高見石10:5610:58高見石小屋11:22白駒の池 駐車場11:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稲子岳へのルートはバリエーションルートになります。正式な登山道ではありませんので、一部踏み跡やマーキングが不明瞭なところもあります。基本、自己責任でルートファインディングして下さい。ただ一部分を除けば明瞭な踏み跡と数多くのマーキングで、思った以上に歩きやすい道でした。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

今回はここからスタートします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はここからスタートします。
湖面が鏡のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖面が鏡のようです。
4
昨日の大雨で登山道はいたるところで水びたしでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の大雨で登山道はいたるところで水びたしでした。
まもなく稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく稜線。
1
ニュウが目の前です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニュウが目の前です。
ニュウのピークに到着。今日も素晴らしい大展望です(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニュウのピークに到着。今日も素晴らしい大展望です(^^)。
5
天狗岳、硫黄岳方面。手前にこれから向かう稲子岳。初めてのルートはわくわくします(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳、硫黄岳方面。手前にこれから向かう稲子岳。初めてのルートはわくわくします(^^)。
8
なんと言っても富士山が見えるのはポイントが大きいです(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと言っても富士山が見えるのはポイントが大きいです(^^)。
16
槍穂高もくっきり。常念から立山までも見えていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂高もくっきり。常念から立山までも見えていました。
5
北八方面。白駒池も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北八方面。白駒池も見えています。
1
浅間山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山方面。
1
奥秩父方面。雲海が本当にきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父方面。雲海が本当にきれい。
大展望を楽しんでからいよいよ稲子岳に向かいます。まずは中山方面に登山道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大展望を楽しんでからいよいよ稲子岳に向かいます。まずは中山方面に登山道を進みます。
まもなくあるこのマークからバリエーションルートに進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなくあるこのマークからバリエーションルートに進みます。
一気に20mほど急斜面を下りますが、思った以上に踏み跡は明確で、マーキングも随所にありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に20mほど急斜面を下りますが、思った以上に踏み跡は明確で、マーキングも随所にありました。
その後は稲子岳まで緩やかに登っていく尾根上をほぼ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は稲子岳まで緩やかに登っていく尾根上をほぼ進みます。
マーキングを確認しながら進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーキングを確認しながら進みます。
ゴゼンタチバナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
1
倒木も乗り越えていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木も乗り越えていきます。
一番高いと思われる場所に稲子岳の標識がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番高いと思われる場所に稲子岳の標識がありました。
2
この先、何カ所か迷う場所がありましたが、基本はがけの縁に沿って進む方向です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、何カ所か迷う場所がありましたが、基本はがけの縁に沿って進む方向です。
最初の開けた場所に出ました。ただロープ等は無く、ここはコマクサ群生地では無いようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の開けた場所に出ました。ただロープ等は無く、ここはコマクサ群生地では無いようです。
1
天狗岳がずいぶんと近くになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳がずいぶんと近くになりました。
4
崖のふちに沿って進む方向に薄い踏み跡がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖のふちに沿って進む方向に薄い踏み跡がありました。
2番目の開けた場所に出ました。ただしここは狭いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2番目の開けた場所に出ました。ただしここは狭いです。
2
この先、少し踏み跡が不明瞭な場所もありましたが、進む方向は多分あっているはず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、少し踏み跡が不明瞭な場所もありましたが、進む方向は多分あっているはず。
ロープで仕切られたコマクサ群生地に出ました(^^)。少しほっとします(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープで仕切られたコマクサ群生地に出ました(^^)。少しほっとします(^^;。
4
いきなり足元にこんな大きなコマクサがお出迎えです(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり足元にこんな大きなコマクサがお出迎えです(^^)。
12
濃いピンクのコマクサ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃いピンクのコマクサ。
3
斜面のあちこちで咲いています。今がちょうど見頃ではないでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面のあちこちで咲いています。今がちょうど見頃ではないでしょうか。
7
天狗岳とコマクサの斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳とコマクサの斜面。
4
硫黄岳とコマクサの斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳とコマクサの斜面。
1
コマクサ以外の花も咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ以外の花も咲いています。
後半は斜面を下っていきます。両側にコマクサ。実は今のコマクサ群生地、もう1回往復してじっくりと写真撮影していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半は斜面を下っていきます。両側にコマクサ。実は今のコマクサ群生地、もう1回往復してじっくりと写真撮影していました。
1
では名残惜しいですが下り始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では名残惜しいですが下り始めます。
この先も明瞭な踏み跡とマーキングです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先も明瞭な踏み跡とマーキングです。
急な岩場を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な岩場を下ります。
崩落地にでました。ここで進む方向が分からなくなり右往左往(^^。GPSログにその軌跡が残っていると思います(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地にでました。ここで進む方向が分からなくなり右往左往(^^。GPSログにその軌跡が残っていると思います(^^;。
崩落地を見上げます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地を見上げます。
結局最初の場所を横断してふと上を見ると、木の反対側にマーキングが(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局最初の場所を横断してふと上を見ると、木の反対側にマーキングが(^^;。
この先はマーキングが目印です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先はマーキングが目印です。
と、ここからマーキングが見当たらず。でも踏み跡ははっきりしていますので進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、ここからマーキングが見当たらず。でも踏み跡ははっきりしていますので進みます。
はっきりした踏み跡に出た、と最初は思っていましたが、よくよく見るとこれは中山峠から下ってくる正規の登山道でした(^^;。道理で登山道がはっきりしているわけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりした踏み跡に出た、と最初は思っていましたが、よくよく見るとこれは中山峠から下ってくる正規の登山道でした(^^;。道理で登山道がはっきりしているわけです。
私が登山道に出た少し上にこの標識がありました。この標識の奧にはっきりした踏み跡がありましたので、こちらから稲子岳に向かう人はここから進まれると良いでしょう。(多分)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私が登山道に出た少し上にこの標識がありました。この標識の奧にはっきりした踏み跡がありましたので、こちらから稲子岳に向かう人はここから進まれると良いでしょう。(多分)
1
中山峠までは激登りが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠までは激登りが続きます。
グンナイフウロかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グンナイフウロかな。
1
やっと中山峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと中山峠に到着。
この先はなんて歩きやすい道なのでしょう(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先はなんて歩きやすい道なのでしょう(^^)。
1
途中の見晴らし台から天狗岳を眺めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の見晴らし台から天狗岳を眺めます。
7
同じく稲子岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく稲子岳。
1
コマクサの群生地をズーム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの群生地をズーム。
1
この先、中山、中山展望台、高見石を経由して駐車場に戻りました。メジャールートなので写真の紹介は省きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、中山、中山展望台、高見石を経由して駐車場に戻りました。メジャールートなので写真の紹介は省きます。

感想/記録

八ヶ岳エリアの山としてはまだ一度も登ったことの無かった稲子岳にこの日の午前中、コマクサを見に出かけてきました。
正式登山道が無いため今まで敬遠していたのですが、コマクサが見事らしいと聞き、それに誘われて初となるバリエーションルートでの登山にチャレンジしてみました。
稲子岳のコマクサ群生地ではちょうどコマクサが見頃となっていて、人があまり訪れないゆえ斜面を独り占めでじっくりと写真撮影をして楽しむことが出来ました。

詳細は以下をご覧下さい。
http://www.fujimoriworld.com/shumi/2016/2016-07-4tozan/2016-07-4tozan.html
訪問者数:496人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/16
投稿数: 353
2016/7/11 9:11
 結構群生しているのですね
Fujimori-Wさん、こんにちは。
稲子岳のコマクサは噂には聞いておりましたが、私もここは未踏なんです。
結構咲いているのですね!

いつ行けるか分かりませんけど、素敵なルートを教えて頂きありがとうございました。
登録日: 2013/4/10
投稿数: 351
2016/7/11 16:34
 Re: 結構群生しているのですね
trekker_さん
こんにちは。
trekker_さんはすでに稲子岳に登られているかと思っていました。
コマクサの時期の稲子岳、一度は訪れてみる価値はあると思います(^^)。
コメントありがとうございます(^^)。
登録日: 2013/7/13
投稿数: 426
2016/7/12 19:23
 お久しぶりです
稲子岳、行けるんですね。また、コマクサが群生しているなんて全く知りませんでした。
雪のある時にニュウから稲子岳に行こうかと思ったことはありましたが、道があるとは思いませんでした。
登録日: 2013/4/10
投稿数: 351
2016/7/12 21:03
 Re: お久しぶりです
bumpkinさん
こんばんは。お久しぶりです。
稲子岳のコマクサ、思った以上に良かったです。

比較的明瞭な踏み跡と多数のマーキングがありますので、おそらくbumpkinさんでしたら一般登山道とあまり変わらないと感じられるかもしれません。
ぜひ話のネタにいつか機会がありましたら(^^)。

ところで天狗岳を間近で眺められますが、いつも見ている茅野側と違って断崖絶壁の表情は迫力がありました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ