ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913753 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

ショート・ショート "蓼科山"

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー pochi23
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間50分
休憩
10分
合計
2時間0分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口12:4013:20幸徳平13:50蓼科山14:0014:13蓼科山荘14:40大河原峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありません。
蓼科山荘から大河原峠への道は、一部ですが泥濘がひどい状況です。なお登山靴なら問題ないレベルです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

いつものここからスタート。
2016年07月10日 12:39撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものここからスタート。
見慣れた蓼科山頂上。
雲は多いですが、何とか晴れています。
2016年07月10日 13:54撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見慣れた蓼科山頂上。
雲は多いですが、何とか晴れています。
2
小諸の街から浅間も見えてきました。
2016年07月10日 14:01撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小諸の街から浅間も見えてきました。
正面の尾根を大河原峠へ下山します。緑がきれいでした。
2016年07月10日 14:05撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の尾根を大河原峠へ下山します。緑がきれいでした。
今朝の予定では、中央の亀甲池からやや左の双子山経由で大河原峠へ向かうつもりでした。時間が遅くなったので直接大河原峠へ下山しました。
2016年07月10日 14:05撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝の予定では、中央の亀甲池からやや左の双子山経由で大河原峠へ向かうつもりでした。時間が遅くなったので直接大河原峠へ下山しました。
あっという間に大河原峠へ下山しました。時間が少々あったので双子山を往復して来ようとも考えましたが、すでに迎えの車が到着済みで、今更といった感じになり今日はパスしました。
2016年07月10日 14:42撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に大河原峠へ下山しました。時間が少々あったので双子山を往復して来ようとも考えましたが、すでに迎えの車が到着済みで、今更といった感じになり今日はパスしました。
ここは小諸と浅間の眺めが良いですね。
2016年07月10日 15:06撮影 by DMC-SZ3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは小諸と浅間の眺めが良いですね。

感想/記録

 昨日はクライミングジムで楽しんできたのは良かったが、人口壁を登るのは1年振りくらいで、ルーフ越えなどをやったおかげで朝から肩回りがかなり怠い。朝ぐだぐだしつつ、乗鞍の温泉に入ってくることに。移動だけではもったいないので、天気の良さそうなところを少しでも歩いてこようとなり、昼の段階でようやく雲の取れた蓼科山を登ることにしました。

 女ノ神茶屋登山口の気温が23度ほど、日差しもあってかなり暑い。標高2100mあたり背後の展望が開けるあたりですでに大汗。山頂へ向けての急登では立ち止まって汗を拭いながら、ようやく広々した山頂へ到着。朝のうちは雲で見えなかった八ツの稜線も雲が取れて青空が広がっていました。

 朝の予定では、まだ歩いたことのない亀甲池経由で双子山を回り大河原峠のつもりでしたが、出発が遅くなってしまい直接大河原峠へ下山することにしました。今回も双子山へは行けず、双子山&大岳エリアがいつになっても空白のまま。

 蓼科山荘からしばらく行くと、いつもの泥濘箇所。昨日の雨で状況はいつもより悪め。運動靴のため泥濘をピョンピョン飛び石伝いに避けつつ、さわやかな風が吹く大河原峠へ。

 あまりに短い山行でしたが、クライミングジムで疲労した体にはちょうど良かったかも。
訪問者数:311人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ