ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915028 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳

日程 2016年07月06日(水) 〜 2016年07月07日(木)
メンバー chiten(CL), その他メンバー1人
天候一日目午前:霧
一日目午後:霧・暴風のち雨
二日目:雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉駐車場に止めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間10分
休憩
55分
合計
10時間5分
S猿倉荘06:1007:05白馬尻小屋07:1010:15白馬岳頂上宿舎10:3511:00白馬岳11:0511:20白馬頂上宿舎11:4013:35鑓ヶ岳13:4016:15白馬鑓温泉小屋
2日目
山行
4時間25分
休憩
5分
合計
4時間30分
白馬鑓温泉小屋06:2509:00小日向のコル(1824m)09:0510:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪渓の雪は少なめです。

鑓から鑓温泉へ降りる際、
トラバースルートが雪渓に隠れ
霧で対岸の取付点を視認できずに
谷へと下りてしまいました。
今はまだ雪も残っているので下れますが、
ところどころクレバスもあり
時機に厳しくなりそうです。

また鑓温泉から10分ほど下った所の
雪渓をトラバースする際、
対岸へ渡ってから下の取付点へ
下って下さい。
上に昔の道標(リボン・丸など)が多々ありますが、
廃道です。
その他周辺情報鑓温泉気持ちいいです
下山後は八方の湯へ行きました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

朝から天気が悪いです。
2016年07月06日 06:39撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝から天気が悪いです。
朝方は重い霧が上から襲ってきましたが、
時機に下からも吹き上げてくるようになりました。
2016年07月06日 07:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝方は重い霧が上から襲ってきましたが、
時機に下からも吹き上げてくるようになりました。
たまに晴れ間が出るんですけどネ。
2016年07月06日 07:43撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに晴れ間が出るんですけどネ。
1
カール地形です。
2016年07月06日 08:26撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カール地形です。
白馬岳山頂。
何も見えません。
2016年07月06日 11:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂。
何も見えません。
鑓ヶ岳方面への稜線は、
息をするのも辛いほどの
暴風でした。
2016年07月06日 12:03撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳方面への稜線は、
息をするのも辛いほどの
暴風でした。
1
鑓ヶ岳のピークを一応踏みます。
2016年07月06日 13:33撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳のピークを一応踏みます。
1
間違って下りた雪渓から見えた鑓温泉です。
有志の方々が一生懸命に作業していました。
尚、この谷は落石が非常に多いので、
使わないことをオススメします。
2016年07月06日 16:03撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違って下りた雪渓から見えた鑓温泉です。
有志の方々が一生懸命に作業していました。
尚、この谷は落石が非常に多いので、
使わないことをオススメします。
1

感想/記録
by chiten

雪渓の雪が少ないのは聞いていたので、
雪渓初心者の後輩を連れて登りに行きましたが、
やはり霧・雨・暴風と悪条件が重なると
簡単なコースでも難易度がグッと上がると
改めて実感しました。

ただ道迷いを読図で乗り越えたことは
自信にもつながったので、さらに難しい山や
コースにも挑戦できるよう
これからも日々励んでいきたいです。
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ