また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

白馬山荘(はくばさんそう)

最終更新:komadori
基本情報
標高 2832m
場所 北緯36度45分19秒, 東経137度45分25秒
・日本で最大規模の山小屋、1890年開業。
・レストラン棟「スカイプラザ白馬」

【HP】http://hakuba-sanso.co.jp/loge/hakuba_sansou/index.htm
【連絡先】0261-72-2002
【携帯電話】ドコモ:可 、au:不可、ソフトバンク:不可、公衆電話あり
山小屋 1200人、4月下旬〜10月中旬、1泊2食9000円、素泊6300円、お弁当1100円
トイレ
水場
食事 生ビールあり
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

白馬山荘(はくばさんそう)は、株式会社白馬館(はくばかん)の経営する日本最大の収容人数をほこる山小屋。その規模は、山小屋とは思えないほど巨大である。1906年(明治39年)に開設された、宗教登山に由来しない山小屋としては日本最古の山小屋でもある(日本最古の山小屋は立山室堂)。なお、15分ほど下っていくと、別の大きな山小屋(日本第3の規模)である、白馬村営の白馬岳頂上宿舎がある。
北アルプス(飛騨山脈)の後立山連峰の最高峰である白馬岳頂上直下の標高2,832 m地点にある。第1新館・第2新館・第3新館の3つの宿泊棟と本格的なレストランや売店の入った棟である「スカイプラザ白馬」がある。第1新館の1階と2階は相部屋、3階は2人用個室となっている。第2新館は1階と2階がもっと大きな個室で、3階が相部屋。第3新館は1階が食堂で2階はホテル並みの個室と本格的な和室を備えている。閑散期は第1新館は閉鎖される。第1新館の東端は白馬岳特有の非対称山稜の崖に面しており、容易にご来光を望むことができる。
山頂への登山道は第1新館と第2新館の間を通っている。この付近の長野県と富山県の県境は未定となっているが、地方税等の便宜上、この登山道が仮の県境となっている。そのため、第1新館側は長野県北安曇郡白馬村の白馬山国有林に、第2・第3新館側は富山県下新川郡朝日町の黒部奥山国有林に立地するものと認識されている。
ヘリコプターによる大規模な物資輸送と、大容量の自家発電により飲料水のポンプアップが行われており、山頂直下の山小屋にもかかわらず、比較的物資や水に不自由しない。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「白馬山荘」 に関連する記録(最新10件)

白馬・鹿島槍・五竜
  80    7 
2017年10月28日(日帰り)
白馬・鹿島槍・五竜
  21    35  2 
2017年10月11日(日帰り)
白馬・鹿島槍・五竜
  47  
2017年10月09日(日帰り)
甲信越
  14   29 
2017年10月08日(日帰り)
白馬・鹿島槍・五竜
  91    8 
2017年10月08日(2日間)
白馬・鹿島槍・五竜
  7   12 
au0137, その他1人
2017年10月08日(2日間)
白馬・鹿島槍・五竜
  84     26 
2017年10月08日(2日間)
白馬・鹿島槍・五竜
  44    21 
2017年10月08日(2日間)
白馬・鹿島槍・五竜
  118     87 
2017年10月08日(日帰り)
白馬・鹿島槍・五竜
  18    14 
2017年10月08日(2日間)
ページの先頭へ