ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918324 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鳳凰三山(御座石鉱泉から)

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー pomjun
天候1日目:雨、山上は曇り
2日目:曇り一時晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間52分
休憩
1時間13分
合計
8時間5分
S御座石鉱泉08:1111:23燕頭山11:3613:10鳳凰小屋13:4814:38地蔵ヶ岳14:4615:00アカヌケ沢の頭15:0115:32鳳凰小屋分岐15:4516:16鳳凰小屋
2日目
山行
5時間24分
休憩
1時間14分
合計
6時間38分
鳳凰小屋04:5705:42鳳凰小屋分岐06:06鳳凰山06:1406:34薬師岳06:4907:13鳳凰山07:1707:32鳳凰小屋分岐07:3308:01鳳凰小屋08:2909:32燕頭山09:5011:35御座石鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報登山口にある御座石鉱泉で汗を流しました。
お風呂と蛇口(シャワーなし)があるだけのひなびた温泉
¥1100とちょっと高めですが、下山後すぐに入れるのが利点
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

登りだしてすぐに雨が降り出しました
2016年07月16日 08:23撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りだしてすぐに雨が降り出しました
標高1900mほど
標識の足元「七合目」とありますが、ここ以外○合目というのは見かけませんでした
2016年07月16日 10:14撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1900mほど
標識の足元「七合目」とありますが、ここ以外○合目というのは見かけませんでした
旭頂上
2016年07月16日 10:46撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭頂上
笹原が広がると
2016年07月16日 11:23撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原が広がると
燕頭山に到着
雨が降り続いているので、引き返そうかと思い悩みました
2016年07月16日 11:26撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕頭山に到着
雨が降り続いているので、引き返そうかと思い悩みました
鳳凰小屋に到着
2016年07月16日 13:48撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋に到着
雨は降っていません
上空には青空も
2016年07月16日 13:48撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は降っていません
上空には青空も
山上は晴れているとのことなので、地蔵ヶ岳に向かいます
途中雲の上に観音ヶ岳
2016年07月16日 14:19撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上は晴れているとのことなので、地蔵ヶ岳に向かいます
途中雲の上に観音ヶ岳
2
オベリスクが屹立しています
2016年07月16日 14:29撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクが屹立しています
3
高いところに人影
わたしも向かいます
2016年07月16日 14:33撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高いところに人影
わたしも向かいます
2
これでは何の写真かわかりませんね
2016年07月16日 14:43撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これでは何の写真かわかりませんね
1
稜線縦走を完成するために、赤抜沢の頭を越えて鳳凰小屋分岐点まで歩くことにします
2016年07月16日 14:43撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線縦走を完成するために、赤抜沢の頭を越えて鳳凰小屋分岐点まで歩くことにします
賽の河原
2016年07月16日 14:50撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原
地蔵ヶ岳から薬師ヶ岳の稜線上にはいたるところにシャクナゲ(ハクサンシャクナゲ?)が咲いています
2016年07月16日 14:55撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳から薬師ヶ岳の稜線上にはいたるところにシャクナゲ(ハクサンシャクナゲ?)が咲いています
赤抜沢の頭
2016年07月16日 15:01撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢の頭
1
振り返って地蔵ヶ岳
このくらい離れた方が格好いい!
2016年07月16日 15:00撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って地蔵ヶ岳
このくらい離れた方が格好いい!
2
満開です
2016年07月16日 15:03撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開です
タカネビランジも随所に咲いています
2016年07月16日 15:06撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジも随所に咲いています
振り返ると赤抜沢の頭は風化した岩の山
2016年07月16日 15:15撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると赤抜沢の頭は風化した岩の山
1
雲が切れて、南アルプスの主稜線が見えてきました
2016年07月16日 15:31撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が切れて、南アルプスの主稜線が見えてきました
2
北岳山頂が見えたのは、この時だけでした
2016年07月16日 15:39撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂が見えたのは、この時だけでした
1
ホシガラス
2016年07月16日 15:41撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホシガラス
鳳凰小屋分岐点に到着
観音ヶ岳には翌日登ります
2016年07月16日 15:46撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋分岐点に到着
観音ヶ岳には翌日登ります
1
鳳凰小屋テント場
20張ほどでした
2016年07月16日 16:20撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋テント場
20張ほどでした
小屋前から
朝日が射しています
2016年07月17日 04:58撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前から
朝日が射しています
観音ヶ岳に向かう途中で
雲海に浮かぶ秩父山塊
2016年07月17日 05:33撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音ヶ岳に向かう途中で
雲海に浮かぶ秩父山塊
2
観音ヶ岳
2016年07月17日 06:15撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音ヶ岳
1
仙丈ケ岳
2016年07月17日 06:31撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳
地蔵ヶ岳の向こうに甲斐駒ケ岳
2016年07月17日 07:15撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳の向こうに甲斐駒ケ岳
甲斐駒ケ岳をアップで
2016年07月17日 07:20撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳をアップで
1
地蔵ヶ岳も
2016年07月17日 07:15撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳も
薬師ヶ岳
富士山もうっすら
2016年07月17日 06:10撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師ヶ岳
富士山もうっすら
薬師ヶ岳
標識の右に北岳、左に仙丈ケ岳
2016年07月17日 06:42撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師ヶ岳
標識の右に北岳、左に仙丈ケ岳
北岳山頂は雲に隠れています
2016年07月17日 06:48撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂は雲に隠れています
観音ヶ岳
2016年07月17日 06:37撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音ヶ岳
レンズ雲?
八ヶ岳はずうっと雲に隠れています
2016年07月17日 06:52撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンズ雲?
八ヶ岳はずうっと雲に隠れています
雲海・・・まさに海のよう
2016年07月17日 06:54撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海・・・まさに海のよう
1
再びシャクナゲ
2016年07月17日 06:55撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びシャクナゲ
タカネビランジ
2016年07月17日 07:05撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジ
薬師ヶ岳の向こうに富士山がすっきりと見えました
2016年07月17日 07:19撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師ヶ岳の向こうに富士山がすっきりと見えました
1
鳳凰小屋からの下山時に樹間からオベリスク
2016年07月17日 08:44撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋からの下山時に樹間からオベリスク
甲斐駒ケ岳・黒戸尾根方向
枝の上にホシガラス
2016年07月17日 09:23撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳・黒戸尾根方向
枝の上にホシガラス
下の方はガスがかかっています
2016年07月17日 10:31撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方はガスがかかっています
御座石鉱泉登山口に下山
小雨が降り出しましたが、山上はどうだったでしょうか?
2016年07月17日 12:22撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座石鉱泉登山口に下山
小雨が降り出しましたが、山上はどうだったでしょうか?

感想/記録
by pomjun

先週の甲斐駒ケ岳に引き続き、鳳凰三山に登りました。

初日の天気予報は曇りとあったのですが、登りだしてすぐに雨がふりだし、途中でレインウェアを着用しました。
燕頭山までの登りはきつくて息が切れるし、雨が降ってテンション下がるし・・・何とか燕頭山までたどり着きましたが、もうこれでやめて引き返そうかと立ち止まりました。

鳳凰小屋に着くと雨は止んでおり、小屋の管理人さんによると「山上は雲の上で晴れている。テントを張ったら、上がってみては。」とのこと。
その言葉で意欲回復し、地蔵ヶ岳まで登り、ついで余力を駆って赤抜沢の頭を越えて鳳凰小屋分岐点まで周回しました。
地蔵ヶ岳から鳳凰小屋分岐点までは、岩の多いアップダウンのコースで、またシャクナゲ等の花もたくさん咲いており、とっても楽しいコースでした。

翌朝改めて鳳凰小屋分岐点まで上がって、観音ヶ岳〜薬師ヶ岳へ縦走しました。
鳳凰小屋分岐点までがちょっとつらい登りでしたが、そこからは周囲の眺望を楽しみながら、気分良く歩けました。

ふもとは暑い雲海の下。雲海は本当に海のようでした。
その雲海に浮かぶ秩父山地、そしてすっきりした全ぼうを見せた富士山など・・・間近にある南アルプスはよく見えませんでしたが、大満足の山行となりました。
初日引き返さなくて良かった!!


訪問者数:253人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ