ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924068 全員に公開 沢登り丹沢

仏谷小谷界尾根のつもりが、ミカゲ沢ノ頭に...

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー secretmagic
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神ノ川ヒュッテ有料P(300円)
登山ポスト、公衆トイレ有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※以下いずれも登山道ではありません
【地蔵尾根取りつき〜仏谷F1】ほとんど登山靴を濡らさない沢歩きコース
・最初の魚止め滝はトラバース経路で巻きますがスリップに注意
・仏谷F1の高巻にはロープがありますが危険です
・今回歩きませんでしたが大高巻ルートもあり、こちらの方が少し安全かも

【仏谷F1〜ミカゲ沢ノ頭】
・ミカゲ沢ノ頭直下は急登になりますが右手に補助ロープがありました
・前回訪れたときはこれに気付かず危険な直登をしてしまったようです

【地蔵尾根】
・急斜面のロープ場があります
・浮石に注意が必要だと感じました
・テープなどのマーカーは豊富にあったようです
・今回はオリジナルコースを外れ尾根通しで下ってます
その他周辺情報いやしの湯(世界的に極めて貴重な癒しの温泉...らしい)
http://www.iyashinoyu.org/iyashinoyu.html
・入口に地元野菜販売あり(15:30くらいまで)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

地蔵尾根取りつき上部からトラバースし魚止め滝落ち口のすぐ先にある斜滝
2016年07月24日 06:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根取りつき上部からトラバースし魚止め滝落ち口のすぐ先にある斜滝
14
イワタバコが咲いていました
2016年07月24日 06:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワタバコが咲いていました
16
金山谷出合の手前にある滝
(写ってませんが右からへつると靴を濡らさないで簡単に通過できます)
2016年07月24日 07:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山谷出合の手前にある滝
(写ってませんが右からへつると靴を濡らさないで簡単に通過できます)
9
チョックストーンのある仏谷F1
(ここは大きく高巻くか左に垂らされたロープを頼りに越える)
2016年07月24日 07:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョックストーンのある仏谷F1
(ここは大きく高巻くか左に垂らされたロープを頼りに越える)
13
ほぼ垂直の岩場、難しくはありませんが緊張します
(スタンス、ホールドはあります)
2016年07月24日 07:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直の岩場、難しくはありませんが緊張します
(スタンス、ホールドはあります)
8
登り切ったら落ち口に降りますが、こちらは足場がしっかりしているので見た目ほど怖くありません
2016年07月24日 07:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ったら落ち口に降りますが、こちらは足場がしっかりしているので見た目ほど怖くありません
2
計画外の尾根に乗りましたが、全く気付いていません
2016年07月24日 08:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
計画外の尾根に乗りましたが、全く気付いていません
3
枯樹にキノコがびっしり張り付いていてゾワゾワします
(ちょっとこういうのは苦手ですわ)
2016年07月24日 08:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯樹にキノコがびっしり張り付いていてゾワゾワします
(ちょっとこういうのは苦手ですわ)
7
キノコの種別が分かると楽しいだろうなと、いつも思う
2016年07月24日 08:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコの種別が分かると楽しいだろうなと、いつも思う
3
尾根の先が明るいので期待が膨らみますが...
2016年07月24日 09:19撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の先が明るいので期待が膨らみますが...
3
見覚えのある裸地が現れ、ここで初めてルートミスしたことに気付く←遅すぎるわ!
(ミカゲ沢ノ頭に続く尾根にガッツリ乗ってました)
2016年07月24日 09:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見覚えのある裸地が現れ、ここで初めてルートミスしたことに気付く←遅すぎるわ!
(ミカゲ沢ノ頭に続く尾根にガッツリ乗ってました)
5
ミカゲ沢ノ頭への急登手前の鞍部
2016年07月24日 09:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミカゲ沢ノ頭への急登手前の鞍部
3
ミカゲ沢ノ頭はもうすぐですがテンション↓
(仕方がないので、ここから蛭ヶ岳をめざすことにします)
2016年07月24日 09:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミカゲ沢ノ頭はもうすぐですがテンション↓
(仕方がないので、ここから蛭ヶ岳をめざすことにします)
5
マルバダケブキですかね
2016年07月24日 10:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキですかね
4
本日一番の眺望
(ガスがどんどん迫ってきて蛭ヶ岳頂上からの眺めは...)
2016年07月24日 10:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日一番の眺望
(ガスがどんどん迫ってきて蛭ヶ岳頂上からの眺めは...)
10
頂上から地蔵尾根を目指します
2016年07月24日 10:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から地蔵尾根を目指します
4
昼食をとり降りようかと思っていたら...
2016年07月24日 11:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食をとり降りようかと思っていたら...
1
小鳥が近寄ってきてくれました
2016年07月24日 11:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小鳥が近寄ってきてくれました
8
ココアをまぶしたようなチョコキノコ
2016年07月24日 11:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココアをまぶしたようなチョコキノコ
2
どこにでもいますね、マムシさん
(逃げてくれない場合があるので不用意に地面に手を付けません)
2016年07月24日 12:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこにでもいますね、マムシさん
(逃げてくれない場合があるので不用意に地面に手を付けません)
7
尾根通しに下り今朝歩いたところに降りてきました
2016年07月24日 12:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根通しに下り今朝歩いたところに降りてきました
4
ブルーにまだら模様のカミキリムシ
(ひとところに数匹いましたが、ちょこちょこ動き回ってなかなか撮らせてくれない)
2016年07月24日 13:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブルーにまだら模様のカミキリムシ
(ひとところに数匹いましたが、ちょこちょこ動き回ってなかなか撮らせてくれない)
12
広河原の堰堤を登ります
2016年07月24日 13:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原の堰堤を登ります
1
ヒュッテに続く林道にも僅かに咲いていました
2016年07月24日 13:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテに続く林道にも僅かに咲いていました
13

感想/記録

楽しみにしていた仏谷小谷界尾根を歩く予定でしたが、何を間違えたかミカゲ沢ノ頭に続く尾根に乗ってしまいました。

地蔵尾根取りつきを過ぎると界尾根取りつきまでは沢に沿って進みますが一番の難所が仏谷F1で無事に通過でき安心し気が緩んだのかもしれません。

計画外の尾根でしたが、ここも歩いてみたいと思っていたのでちょい満足です。
尾根は自然林いっぱいで悪くはありませんでした。

美しい滝を眺めながらの沢歩きはやっぱり楽しいなと感じました。
今回はルートミスにより早くもテンションが下がってしまいましたが、久しぶりに青空沢歩きハイキングができ無事に下山できたことに感謝です。
訪問者数:335人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/13
投稿数: 249
2016/7/25 9:56
 お疲れ様でした!
こんにちは!

仏谷より先は行った事がなく
そこからミカゲ沢ノ頭辺りに上がるのが
5,6年前からの課題ですが
昔 cirrusさんが熊と出会ったレコ見て
今回はマムシ、、
ますます私には 遠い所になってしまいました〜

緑が藪が 濃くなりましたね
(暑いだろうなあ〜
secretさんの写真も以前と随分変わって
作品的ですね

ご苦労様でした

on-boroP
登録日: 2015/1/25
投稿数: 455
2016/7/25 13:03
 Re: お疲れ様でした!
boroPさん、こんにちは。
仏谷は初めてでしたがF1の巻きはあまり良くないです。
沢装備で滝を超えた方がかえって安全かもしれません。
そうそう、尾根に熊の寝床らしきところがありましたよ!
時々笛を吹きながら歩いていましたが出そうな雰囲気は感じられませんでした。
今回はのんびり滝の写真など撮りながらサクッと下山する予定だったのですが、この有様です。^ - ^
コメントありがとうございました。
secret
登録日: 2016/2/25
投稿数: 120
2016/7/25 14:56
 よく遭遇しますね
今日は。
secretさんは、山中でよくマムシに遭遇しますね。
丹沢山塊では別の蛇に沢山遭遇しますけど、マムシには一度も遭遇していません。

子どものころ家の近くで沢山のマムシを見てきたzinniaでした。
登録日: 2015/1/25
投稿数: 455
2016/7/25 17:50
 Re: よく遭遇しますね
zinniaさん、こんばんは。
そんなんですよ、嫌ですね。
スルスルって逃げてくれればいいのですが、ジッとして様子を伺っているのは不気味です。写真を撮るのは楽なんですけどね。。。
そうすると、こちらもついついちょっかいを出したくなってかまうと、
尻尾を振るわせて音を立てたり、嚙みつこうと大口開けて向かってきたりします。
そういう行動をみるとマムシは逞しいなと思ってしまいます。
噛まれないように注意していますが、それでも噛まれたらどうしようかといつも不安になります。ポイズンリムーバは持っていますが役に立つのか疑問です。
コメントありがとうございました。
secret
登録日: 2013/10/12
投稿数: 277
2016/7/25 23:56
 仏谷F1攻略そして蛭ヶ岳まで
secretmagicさん こんばんは。
夏の沢歩きは、涼が取れて楽しそうです。
F1の攻略、お見事です。
地蔵尾根の下りも、落石に注意しながらで難しそうです。
マムシ・・・ドリンクならいいですが。
以前、林道を自転車で通過中、マムシが首をもたげながら威嚇してきて、ビビりました。私も一応、ポイズンリムーバ持って行きます(アッ前回は忘れました)。
蛭ヶ岳へのVRルート、お疲れ様でした。
登録日: 2015/1/25
投稿数: 455
2016/7/26 7:25
 Re: 仏谷F1攻略そして蛭ヶ岳まで
hadahiroさん、おはようございます。
金山谷出合までは以前にミカゲ沢ノ頭を目指したときに歩いていましたがそこから先は未知の沢でした。
仏谷の最初の滝に到着し、ロープの岩場を見上げながら、さてどうしようかな?
空身で取り付きまで登るとイワタバコが沢山咲いていました。イワタバコは険しいところがお好きなようです。
スタンスやホールドもあって岩も濡れていなかったので登ることにしました。
ロープにはほとんど頼らずに登れたように記憶しています。
無事に落口の上に降り立つとホッとしました。ここから目的の尾根はすぐだと思い込んでいたので何の迷いもなく尾根に取り付いしまいました。
見覚えのある裸地に着いたときは暫しショックで立ち尽くしてしまいました。
ここからはミカゲ沢ノ頭を目指すしかありませんでした、、、
マムシとはプチバトルしました。
カメラを向けると身体をS字にくねらせ尻尾を振るわせながら咬みつこうとしてきます。
ゴメンねマムシさん。
今回はちょっとしょっぱい山行になってしまい反省しきりです。
いつも初心で望まないといけませんね。
コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ