ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925496 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥又白池の水、まだ流れていました

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー atosukoshi
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

05:15 上高地バスターミナル
06:00 明神館
06:45 徳沢 〜 06:50
07:50 奥又白谷パノラマ径松高ルンゼ出合 〜 08:05
09:20 中畠新道合流 〜 09:25
10:05 奥又白池 〜 10:15
11:25 踏替点
11:40 この先もうやめ(2870m)
12:05 踏替点 〜 12:15
13:05 奥又白池 〜 13:25
14:00 中畠新道・松高ルンゼ合流点
14:55 奥又白谷パノラマ径松高ルンゼ出合 〜 15:05
15:55 徳沢 〜 16:00
16:45 明神館 〜 16:50
17:35 上高地バスターミナル



【お断り】
ルート図は、スマホGPSアプリ=山旅ロガーのログで書かれていますが、
その時間は編集していますので全く出鱈目です。
上記コースタイムを参照下さい。


コース状況/
危険箇所等
・松高ルンゼを登っていますが、岩登りの心得がないと危険です。
 また中畠新道を登る方が若干速いと思います。
・雪はA沢にしかありません。

写真

明神館前から見上げる明神岳
東稜・主峰・3峰・5峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神館前から見上げる明神岳
東稜・主峰・3峰・5峰
4
徳沢の手前から見上げる
前穂高から明神岳5峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢の手前から見上げる
前穂高から明神岳5峰
5
新村橋(シンムラ橋)から見上げる前穂高北尾根全景
右端のコブはニセ八峰
その左が八峰と慶応尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新村橋(シンムラ橋)から見上げる前穂高北尾根全景
右端のコブはニセ八峰
その左が八峰と慶応尾根
5
松高ルンゼ 出合
枯れ滝をグングン登っていけます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松高ルンゼ 出合
枯れ滝をグングン登っていけます
9
壁下を右へ入っていけば中畠新道
私は、左の松高ルンゼへ入っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁下を右へ入っていけば中畠新道
私は、左の松高ルンゼへ入っていきます
6
こんな感じの枯れ滝を楽しめます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの枯れ滝を楽しめます
6
枯滝登りの楽しさが続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯滝登りの楽しさが続きます
15
樹林の三角ピークの裏で中畠新道に合流します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の三角ピークの裏で中畠新道に合流します
4
奥又白池
テントは一張り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥又白池
テントは一張り
12
奥又白池と前穂高の稜線のはずがガスで・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥又白池と前穂高の稜線のはずがガスで・・・
6
踏替点の手前のガレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏替点の手前のガレ
2
A沢の雪渓
赤点で引き返しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A沢の雪渓
赤点で引き返しました
8
引き返し途中から見る踏替点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返し途中から見る踏替点
4
池のすぐ上まで降りてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池のすぐ上まで降りてきた
4
奥又池の水場
あと何日持つでしょう?
写真番号9のテントの裏へ下って行くこと1〜2分
テントに戻ってくるのに2〜3分のところです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥又池の水場
あと何日持つでしょう?
写真番号9のテントの裏へ下って行くこと1〜2分
テントに戻ってくるのに2〜3分のところです
11

感想/記録

奥又白池から明神岳を目指しましたがA沢の雪渓を登り切れず往路を降りてきました。
9割以上登っていたのに残念です。
このルートでの撤退、これで5回目です。
でもいじけない。
また登る口実が出来たので(笑・・・いや本心は 涙 )

梅雨が過ぎると雪渓は通常雨に打たれてスプーンカットされ固まりますけれど、A沢はまだ少し雪が軟らかく(決して潜るわけではありません)スプーンカットは殆ど無くのっぺらに近い状態で、トレランシューズ + チェーンアイゼン では蹴り込めず、雪渓の1/3程のところで撤退してきました。

下山時、奥又白池の水場を見てきました。
家庭用の水道を強い目に出した程度の水が出ていました。
水場上部にはもう雪渓は全く無いので、この水があと何日得られるか分かりません。

奥又白谷パノラマ径と松高ルンゼの出合は、音を立てて水が流れていますし、奥又白谷の上部にはまだ多くの雪渓が残っていますが、この松高ルンゼの出合は伏流しやすい所なので、来月の山の日まで水が流れているかどうか怪しいです。

さらに下流の、「氷壁」のモデルになった事故の遭難碑の100m程手前(梓川側寄り)の小沢ですが、朝は、音を立てて水が流れていましたが、午後の下山時は完全に干上がっていました。


上高地トンネル、開通してました。
釜トンより心待ち狭い気がしなくもありませんが、左右に歩道もちゃんとありました。


訪問者数:709人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ