ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926049 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

大清水から、夏の鬼怒沼へ。

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー momopapa
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大清水駐車場利用 500円/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
57分
合計
6時間14分
S大清水08:0408:17物見橋08:1808:39湯沢出合08:4210:12物見山(毘沙門山)10:34鬼怒沼巡視小屋10:3510:53鬼怒沼10:5411:02鬼怒沼巡視小屋11:4712:11鬼怒沼山12:1312:51物見山(毘沙門山)12:5213:43湯沢出合13:4614:05物見橋14:17大清水14:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湯沢出合から急登。なかなか難儀する道でした。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

大清水。今までに比べてクルマの台数が多いような。一ノ瀬までのシャトルバス運行が始まってから、大清水も人気出てきたのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大清水。今までに比べてクルマの台数が多いような。一ノ瀬までのシャトルバス運行が始まってから、大清水も人気出てきたのかな?
1
今日は尾瀬沼じゃなくて、鬼怒沼へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は尾瀬沼じゃなくて、鬼怒沼へ。
1
沢のせせらぎ。しばらくは沢筋に通った林道歩きです。ほぼフラットな道でお散歩気分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢のせせらぎ。しばらくは沢筋に通った林道歩きです。ほぼフラットな道でお散歩気分。
2
名物(?) の丸太橋。渡っちゃダメみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物(?) の丸太橋。渡っちゃダメみたいです。
2
黙々とツライ登り。ときどき木々の間から見える景色で気分転換。燧ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々とツライ登り。ときどき木々の間から見える景色で気分転換。燧ヶ岳。
3
物見山。ふいー。ここまできたらゴールは目前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見山。ふいー。ここまできたらゴールは目前。
1
ぽわぽわだー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぽわぽわだー。
3
わお。広々した草原に一本の木道。その先に浮かんでいるのは日光白根か。爽快。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わお。広々した草原に一本の木道。その先に浮かんでいるのは日光白根か。爽快。
3
ところどころに咲く花を見ながら奥へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころに咲く花を見ながら奥へ進みます。
2
花、イイね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花、イイね。
3
花、イイね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花、イイね。
2
標高2000mの高層湿原。大きなテーブル状の台地の湿原には、いくつもの池塘や、大小の沼がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2000mの高層湿原。大きなテーブル状の台地の湿原には、いくつもの池塘や、大小の沼がありました。
4
水辺の周りにはトンボが飛び交っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水辺の周りにはトンボが飛び交っていました。
2
ベンチで休憩。野菜のパリ感と塩気が嬉しい山ヌカがおいしいのでありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチで休憩。野菜のパリ感と塩気が嬉しい山ヌカがおいしいのでありました。
1
避難小屋ありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋ありました。
1
鬼怒沼山のピークを踏みに行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼怒沼山のピークを踏みに行きました。
1
下山途中、さえずりばかりで姿が見えない鳥を探したり、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中、さえずりばかりで姿が見えない鳥を探したり、
1
昆虫と戯れたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昆虫と戯れたり。
2
下山後、とんかつ街道にて。真田まる!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、とんかつ街道にて。真田まる!!
1
立ってるし。

すげー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ってるし。

すげー。
2

感想/記録

2016.7.23、鬼怒沼まで歩いてきました。

このエリアで有名なのは、もちろん天下に名を轟かす 尾瀬 。わたしも好きです。尾瀬へのアクセス口の一つである大清水。大清水から北へ向かえば三平峠を越えて尾瀬沼に出られるのですが、東へ向かったところにある鬼怒沼がいつも気になる存在でした。いつか行ってみたいな〜。で、行ってきました。

大清水に到着したのは AM8:00前。すでにたくさんのハイカーさんたちが出発したあとの模様で、時間的にちょっと出遅れ感。遅い時間というのもありますが、今までに比べてクルマの台数が多いような。一ノ瀬までのシャトルバス運行が始まってから、大清水も人気出てきたのかな?

ほとんどの人が尾瀬沼へ向かう中、わたしは鬼怒沼へ。この日、この先の鬼怒沼までの道中、誰も追い越さず、誰にも追い越されず、誰ともすれ違わず。マイナールートなんすね。

沢のせせらぎを聞きながら、しばらくは沢筋に通った林道歩きです。ほぼフラットな道でお散歩気分。湯沢出合まで来ると、名物(?) の立派な丸太の一本橋が登場します。いい感じに苔むして雰囲気抜群の丸太橋なのですが、滑りそう〜。でも『この橋渡
るべからず』の看板があり、橋の真ん中だろうと橋の端だろうと、使用禁止のようです。ちょっとホッ。

この丸太橋は急登開始の合図です。これまではフラットな林道歩きでしたが、ここから一気に標高をあげていきます。ふかふかの腐葉土、木の根のゴツゴツ&ツルツル、岩もミックス、と、急な斜度に加えていろんなコンディションが混在しており、なかなか手ごわい道でした。登りがキツイから、下りも難儀しそうだな〜。(実際難儀しました。)

黙々とツライ登り。ときどき木々の間から見える景色で気分転換。ふいー。物見山まできたらゴールは目前。汗だくで良く頑張ったぞオレ。それにしても物見山は展望の乏しい山頂でした。物見山という名前と全然合ってないし。さてはモノミエル山じゃなくて、モノミエヌ山だな。

物見山からゆるく下っていくと、樹林帯から抜け出して視界が広がってきました。そこには白くぽわぽわしたワタスゲが。来たね、ここが鬼怒沼か。広々した草原に一本の木道。その先に浮かんでいるのは日光白根か。爽やかに風が抜けて、気持ちええ〜。ところどころに咲く花を見ながら奥へ進みます。標高2000mの高層湿原。大きなテーブル状の台地の湿原には、いくつもの池塘や、大小の沼があり、水辺の周りにはトンボが飛び交っていました。木道脇にはベンチが点在し、そこに腰かけておにぎりを食べました。

食事をとり、ちょっとお昼寝し、山を下りる前に、鬼怒沼山のピークを踏みに行きました。えーと。たいへん申し訳ないのですが、何か思い入れがあるのなら別ですが、あえて鬼怒沼山のピークには行かなくてよい気がしました。こちらもモノミエヌ山で、しかも笹藪に囲まれておりました。(-_-#

下山途中、さえずりばかりで姿が見えない鳥を探したり、昆虫と戯れたり。

良い山行でした。
訪問者数:358人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ