ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 高層湿原

高層湿原(こうそうしつげん)

最終更新:2014-11-01 06:40 - gutenmrgen
基本情報
草原が広がっている湿地帯(湿原)の一形態

山の解説 - [出典:Wikipedia]

八島ヶ原湿原(やしまがはらしつげん)は、長野県のほぼ中央に位置する八ヶ岳中信高原国定公園中部の霧ヶ峰の北西部に位置する標高約1632mの高層湿原である。湿原の所在地は諏訪市及び諏訪郡下諏訪町にまたがる。
霧ヶ峰には、八島ヶ原湿原、車山湿原、踊場湿原の3つの湿原があり、そのすべてが1939年(昭和14年)に国の天然記念物として個別に指定され、1960年(昭和35年)6月10日に八島ヶ原湿原の西半分の旧御料地を加え、個別に指定されていた3つの天然記念物は1件にまとめられ、現在の指定名称霧ヶ峯湿原植物群落となった。
八島ヶ原湿原は面積が43.2ha、泥炭層の厚さは約8.05m。1万2千年前に誕生した高層湿原であり、日本の南限にあたる。

「高層湿原」 に関連する記録(最新3件)

屋久島
  43     56  2 
2016年12月03日(日帰り)
日光・那須・筑波
  60    18 
2016年12月03日(2日間)
比良山系
  340    23 
Ssakanaritou_no_kai, その他2人
2016年11月26日(日帰り)
ページの先頭へ