ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926437 全員に公開 ハイキング奥秩父

丹波大菩薩道

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー mudabonetei
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:上日川峠バス停(JR甲斐大和駅から)
復路:役場前バス停(JR奥多摩駅へ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間34分
休憩
23分
合計
5時間57分
S上日川峠08:4308:59福ちゃん荘09:0109:07富士見山荘09:11勝縁荘09:1209:43大菩薩峠09:5510:35フルコンバ11:27ノーメダワ11:2812:10追分(十文字)12:1713:34高尾天平14:40丹波山村役場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

8時45分、上日川峠のロッヂ長兵衛脇から登り始めます。先日は山道のほうを歩いたので、今日は舗装道路の方を歩いてみました。
2016年07月24日 08:42撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時45分、上日川峠のロッヂ長兵衛脇から登り始めます。先日は山道のほうを歩いたので、今日は舗装道路の方を歩いてみました。
1
大菩薩峠に到着。大菩薩嶺は先日訪れたばかりなので、今日はこのまま峠越え。本日の最高標高地点となります。
2016年07月24日 09:45撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着。大菩薩嶺は先日訪れたばかりなので、今日はこのまま峠越え。本日の最高標高地点となります。
3
このあたりはかつての青梅街道です。明治始めに柳沢峠が開かれて青梅街道がそちらを通るようになるまでは、こちらが青梅街道でした。大菩薩峠はその中でも難所でしたが、江戸時代までは親不知ノ頭の北側、現在の賽ノ河原が大菩薩峠でした。
2016年07月24日 10:17撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりはかつての青梅街道です。明治始めに柳沢峠が開かれて青梅街道がそちらを通るようになるまでは、こちらが青梅街道でした。大菩薩峠はその中でも難所でしたが、江戸時代までは親不知ノ頭の北側、現在の賽ノ河原が大菩薩峠でした。
2
旧青梅街道は途中のフルコンバで丹波山通(丹波大菩薩道)と小菅通(小菅大菩薩道)に別れ、それぞれ丹波山村・小菅村を通って東京都奥多摩町で再び合流します。私はこの日は丹波大菩薩道を歩いて丹波山村に向かいました。写真はフルコンバとノーメダワの中間付近。
2016年07月24日 11:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧青梅街道は途中のフルコンバで丹波山通(丹波大菩薩道)と小菅通(小菅大菩薩道)に別れ、それぞれ丹波山村・小菅村を通って東京都奥多摩町で再び合流します。私はこの日は丹波大菩薩道を歩いて丹波山村に向かいました。写真はフルコンバとノーメダワの中間付近。
1
丹波大菩薩道は追分(十文字)で尾根筋を離れ、北側の丹波山村に向かって下降します。そのまま真っ直ぐ丹波山村に下りずに、村の南側を東西に走る高尾天平の尾根筋を歩いてみました。
2016年07月24日 13:36撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹波大菩薩道は追分(十文字)で尾根筋を離れ、北側の丹波山村に向かって下降します。そのまま真っ直ぐ丹波山村に下りずに、村の南側を東西に走る高尾天平の尾根筋を歩いてみました。
2
撮影機材:

感想/記録

最近、山歩きをサボっている上に、体重も増え気味でかなり登り道が辛くなってきています。梅雨が明けきらぬ7月24日日曜日、天気もまずまずという予報でしたので、ウォーミングアップがてら前から目をつけていたちょっと楽なコースを歩いてみることにしました。

目指したのは、大菩薩峠から北東に延びる尾根道、「丹波大菩薩道」。そもそも、江戸時代までの青梅街道は今の柳沢峠を抜けるルート(国道411号)ではなく、山の中を通って大菩薩峠を超えていました。また、江戸から歩いてくると武蔵野国を出る手前で二手に別れ、丹波山村を抜けて主に尾根筋を歩く「丹波山通(丹波大菩薩道)」と小菅村を抜けて主に谷筋を通る「小菅通(小菅大菩薩道)」となり、大菩薩峠の手前のフルコンバで再び合流していました。

大菩薩峠自体も現在の位置ではなく、親不知ノ頭の北側、賽ノ河原が当時の大菩薩峠でした。また、当時は石丸峠も大菩薩峠と呼ばれており、それぞれ「丹波大菩薩峠(上峠)」、「小菅大菩薩峠(下峠)」と区別されていたようです。石丸峠から東に延びる牛ノ寝通りも途中の大マテイ山の手前で北側に下りて小菅村に通じていますから、正確には青梅街道は3本のルートに分かれていたわけですね。

※追記:ある方のブログによると、小菅通とは現在の牛ノ寝通りのことで、小菅大菩薩道は丹波通の新道、利用されるようになったのは明治になってから、とありました。どうも、正確なところは現地の郷土資料を調べてみるしかないようですね。

前置きが長くなりましたが、それらのルートのうち、牛ノ寝通りは昨年の7月に歩いています。今年はまだ歩いたことのない、丹波通(丹波大菩薩道)を歩いてみることにしました。距離はそこそこありますが、何せ上日川峠から歩き始めれば登りは大菩薩峠までの300mくらい。あとは丹波山村までほぼ下り一辺倒ですから楽ちんです(笑)。

写真つきの詳細なレポートはブログの方で公開予定です。公開次第、こちらからもリンクを張ります。

訪問者数:281人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

梅雨 ロッヂ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ