ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大菩薩峠

大菩薩峠(だいぼさつとうげ)

最終更新者 Raccoon-dog
基本情報
標高 1897m
場所 北緯35度44分10秒, 東経138度51分11秒
分岐
山小屋 介山荘 http://www.kaizansou.jp/
トイレ
展望ポイント 富士山、南アルプス等

大菩薩峠の日の出・日の入り時刻

07/23(日) 07/24(月) 07/25(火) 07/26(水) 07/27(木) 07/28(金) 07/29(土)
日の出 4時37分 4時38分 4時39分 4時40分 4時40分 4時41分 4時42分
日の入り 19時5分 19時5分 19時4分 19時3分 19時2分 19時1分 19時1分

大菩薩峠 (標高1897m)付近の気温

7月の気温(推定値)
最高気温
19.7
平均気温
15.3
最低気温
11.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

7月の気象
日照時間 4.8 時間/日
降水量 6.1 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

大菩薩峠
大菩薩峠
大菩薩峠
大菩薩峠
大菩薩峠

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大菩薩峠(だいぼさつとうげ)は、山梨県甲州市塩山上萩原と北都留郡小菅村鞍部の境にある峠。標高1,897 m。
この峠から稜線を北へ辿れば大菩薩嶺がある。国中方面からは、萩原越や大菩薩越、青梅通とも称された。『甲斐国志』によれば「大菩薩」の由来は複数あり、源義光(新羅三郎)が峠越えの際に八幡大菩薩に祈念したとする説、あるいは上萩原の神部神社に由来するとする説が紹介されている。そのほかにも、位の高い僧が峠に菩薩像を埋めて、水が湧き出て峠の西と東に清流となって流れ落ちるように祈願したところ、その水は東に多摩川、西に笛吹川をつくったといわれる伝説があるほか、かつての峠に妙見大菩薩(みょうけんだいぼさつ)が祀られていたともいわれている。
1913年(大正2年)から1944年(昭和19年)の32年にわたって『都新聞』に連載された、中里介山の未完の大河小説『大菩薩峠』で広く知名度があり、大菩薩峠から流れ出す多摩川流域の自然や、そこを往来した人々に触れたことで介山の人格や思想形成に大きく影響したともいわれている。1954年(昭和29年)には記念碑が立てられ、介山祭も開かれている。大菩薩峠の中には、濃霧(霧)が発生する場所があると言われ、そこに迷い込むと脱出が困難になると言われている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「大菩薩峠」 に関連する記録(最新10件)

奥秩父
  9    5 
2017年07月22日(日帰り)
奥多摩・高尾
  59    1 
2017年07月22日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  22   4 
2017年07月22日(日帰り)
甲信越
  6   5 
non_nb8c, その他1人
2017年07月22日(日帰り)
奥秩父
  33    9 
marcoborriello, その他1人
2017年07月22日(日帰り)
奥秩父
  38     22  2 
2017年07月22日(日帰り)
奥秩父
  3    9 
2017年07月21日(日帰り)
甲信越
  32    11 
blue0621, その他1人
2017年07月20日(日帰り)
奥秩父
  18   5 
2017年07月19日(日帰り)
奥秩父
  58    79 
Kukimohumenoha3, その他2人
2017年07月18日(日帰り)
ページの先頭へ