ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 927237 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

武尊山 激しい!ストックが折れた

日程 2016年07月28日(木) [日帰り]
メンバー chaosuke, その他メンバー1人
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
15分
合計
6時間10分
S川場谷野営場10:4412:22前武尊山12:2312:31川場剣ヶ峰12:3213:09家ノ串山13:1213:37中ノ岳13:3813:59武尊山14:0514:41中ノ岳14:58家ノ串山15:40前武尊山15:4316:54川場谷野営場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ぬかるみあり、岩場あり、鎖あり。
その他周辺情報小柱温泉。食事メニューが充実。

写真

川場野営場の駐車場。トイレは一応あります。平日の10時過ぎ。天気は曇り。先に停まっていたのは1台だけでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川場野営場の駐車場。トイレは一応あります。平日の10時過ぎ。天気は曇り。先に停まっていたのは1台だけでした。
こちら奥が登山口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら奥が登山口です。
朽ちた看板。このルート標識はマメにありますが、リボンは少なめ。この後すぐストックを木にひっかけて折ってしまいました(涙)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ちた看板。このルート標識はマメにありますが、リボンは少なめ。この後すぐストックを木にひっかけて折ってしまいました(涙)
今日も宜しくお願いします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も宜しくお願いします。
早速の鎖場、鎖を使わずとも登れるレベルです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速の鎖場、鎖を使わずとも登れるレベルです。
前武尊。ここから先が長い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武尊。ここから先が長い!
前武尊で先に駐車場に停めていた車の持ち主と出会いました。この日私が確認した中で4組が登山していることになります。百名山にしては少ない方でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武尊で先に駐車場に停めていた車の持ち主と出会いました。この日私が確認した中で4組が登山していることになります。百名山にしては少ない方でしょうか。
この先も宜しくです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先も宜しくです。
前武尊から見えたこの頂きが武尊山の頂上と思っていたら全然まだ先!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武尊から見えたこの頂きが武尊山の頂上と思っていたら全然まだ先!
2
見えていた頂上は、まだ剣ヶ峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えていた頂上は、まだ剣ヶ峰。
毎回高低差書いてあるんですが、一旦下ってから登るのでさらに高低差あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎回高低差書いてあるんですが、一旦下ってから登るのでさらに高低差あります。
たまに雲の切れ間から太陽が顔を出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに雲の切れ間から太陽が顔を出します。
ついにあれが頂上か!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついにあれが頂上か!?
まだ家の串。途中ですれ違ったソロで登山されていた方もまだまだ先だと言っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ家の串。途中ですれ違ったソロで登山されていた方もまだまだ先だと言っていました。
家の串の先は、岩の稜線を歩く危険な場所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家の串の先は、岩の稜線を歩く危険な場所もあります。
1
池。こんな場所が突然現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池。こんな場所が突然現れます。
1
荒々しかった今までと景色がガラリと変わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しかった今までと景色がガラリと変わります。
誰かいる!と思ったらヤマトタケルの銅像でした。武尊山の山名の由来は日本武尊(ヤマトタケルのみこと)からのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かいる!と思ったらヤマトタケルの銅像でした。武尊山の山名の由来は日本武尊(ヤマトタケルのみこと)からのようです。
そしてついに山頂!!!武尊山、しんどかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてついに山頂!!!武尊山、しんどかったです。
2
三角点にもタッチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にもタッチ。

感想/記録

ホタカ山と読むのを知らずに、同行者はブロンソンとずっと呼んでいました。確かに似てるけれど「武論尊」は北斗の拳の原作者(^^;
とにかくよく下調べもせずに登りに行ったのですが、この山かな〜りしんどかったです。そしてスタート直後、枝にストックをひっかけて折ってしまったのが、かなりの痛手でした。百名山47座目にしてついに折れた俺の相棒。心も折れそう。いや、頑張るぞ!

まず川場野営場からスタートして前武尊までは、高低差800メートルの急登。アブの攻撃に耐えながらぬかるみで泥だらけになった後、剣が峰、家の串と二つの峰の連続越え!いつになっても武尊山の山頂は見えなくて、やっと頂上に到着した時にはパンツまで汗だく!トンボの大群に囲まれながら山頂でしばし休憩。そして元来た道を川場野営場まで下る行程も、ただの下山とは言えず、また3つの峰を越えるハードな山歩き。携帯していた1リットルの水は途中でスッカラカン。喉はカラカラ、ヘトヘトになったかなりしんどい登山となりました。

下山後は小柱温泉で汗を流し、ソフトクリームがのったカキ氷を食べて帰りました。小柱温泉は食事のメニューも豊富でなかなか良かったです。

危なかったポイントは剣ヶ峰を過ぎたところにある岩場。ここの鎖とハシゴ登りを回避するルートがすぐ横にあったのでそちらを行きました。
訪問者数:333人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ