ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934346 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

御在所岳:本谷から一の谷新道

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー sicher(CL), その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
到着時(7:30)は駐車場は満車だったので、路肩に駐車した。
下山時は路肩も満車でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
36分
合計
4時間40分
Sスタート地点07:5410:21大黒岩10:3010:35御在所山上公園駅10:3610:51御在所山 一等三角点11:1511:32大黒岩11:47鷹見岩11:4812:32中道登山口12:3312:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは一般道ではなく、沢登り的な要素が含まれているバリエーションである。
ルートには、ペイントがあるが遡行図程度を読める能力がれば安全に登れると思いますので、熟練者の同行を望みます。
ペイントも後半は少なくコーモリ沢分岐以降は時々見かける程度だった。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

法枠工事も終了していたが、ラバーコーンが無ければここに駐車出来たのに・・・。
2016年08月07日 07:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法枠工事も終了していたが、ラバーコーンが無ければここに駐車出来たのに・・・。
一ノ谷新道の入り口から入る。
2016年08月07日 07:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ谷新道の入り口から入る。
1
御在所山の家の正面に回り込み登山口に進む。
2016年08月07日 07:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所山の家の正面に回り込み登山口に進む。
1
ネットでよく見かける登山口
2016年08月07日 07:46撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットでよく見かける登山口
1
河原に降りて行く
2016年08月07日 07:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に降りて行く
砂防堰堤の堆砂敷きの河原を進む。
2016年08月07日 07:49撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防堰堤の堆砂敷きの河原を進む。
谷の中にあるペイントに導かれて進む。
2016年08月07日 07:54撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の中にあるペイントに導かれて進む。
ナメ滝が現れる。
2016年08月07日 08:18撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝が現れる。
1
なるべく谷の中を歩き楽しむ。
沢登りと同じで、取るルートにより難しさは変わる。
右岸に巻き道があるのか、沢に下りずに巻き道をトレースしている若者達がいた。
2016年08月07日 08:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるべく谷の中を歩き楽しむ。
沢登りと同じで、取るルートにより難しさは変わる。
右岸に巻き道があるのか、沢に下りずに巻き道をトレースしている若者達がいた。
1
この岩を越えると不動滝は近い
2016年08月07日 08:33撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩を越えると不動滝は近い
不動滝
2016年08月07日 08:35撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝
1
不動滝から少し戻り右岸の巻道で不動滝を巻く。
2016年08月07日 08:43撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝から少し戻り右岸の巻道で不動滝を巻く。
不動滝の上部に降り立つ。
2016年08月07日 08:51撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝の上部に降り立つ。
コーモリ沢の分岐が見えてきた。
2016年08月07日 08:54撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーモリ沢の分岐が見えてきた。
1
クライミング要素の強いところはには、ロープ等があるが何時設置されたか分からず信用できない。
2016年08月07日 08:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライミング要素の強いところはには、ロープ等があるが何時設置されたか分からず信用できない。
大黒滝
2016年08月07日 09:18撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒滝
1
スベリ滝の左岸に巻道がある。
2016年08月07日 09:24撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スベリ滝の左岸に巻道がある。
1
巻道
2016年08月07日 09:32撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道
1
スベリ滝上部に降りる。
2016年08月07日 09:35撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スベリ滝上部に降りる。
1
三角岩(通称ジョーズ岩)に到着。
2016年08月07日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角岩(通称ジョーズ岩)に到着。
1
胎内潜りは、ザックが邪魔なので下ろして潜る。
2016年08月07日 09:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内潜りは、ザックが邪魔なので下ろして潜る。
1
ザックの引き上げ
2016年08月07日 09:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックの引き上げ
1
三角岩の上流側
2016年08月07日 09:46撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角岩の上流側
ロープウェイがよく見える。
2016年08月07日 09:50撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイがよく見える。
1
恒例の滑車
2016年08月07日 10:10撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恒例の滑車
1
少し晴れ間が出てきた
2016年08月07日 10:13撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し晴れ間が出てきた
シモツケソウ
2016年08月07日 10:16撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ
1
山頂駅が見えた。
2016年08月07日 10:17撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅が見えた。
ルンゼの左岸にある巡回路。
2016年08月07日 10:19撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼの左岸にある巡回路。
1
ルンゼの上部方向。
ここで左折の指示があるが、今回はこのルンゼの上部を詰める事にする。
2016年08月07日 10:19撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼの上部方向。
ここで左折の指示があるが、今回はこのルンゼの上部を詰める事にする。
看板の指示方向のルンゼ右岸にはロープがある。
これを登ると大黒岩は近い。
2016年08月07日 10:19撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の指示方向のルンゼ右岸にはロープがある。
これを登ると大黒岩は近い。
1
大黒岩がルンゼの右岸に見えている。
2016年08月07日 10:21撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岩がルンゼの右岸に見えている。
ハナニガナ
2016年08月07日 10:24撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナニガナ
ルンゼの終点、ロープの所から上がる。
2016年08月07日 10:25撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼの終点、ロープの所から上がる。
登山道に飛びだした。
左折して大黒岩に向かう。
2016年08月07日 10:28撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に飛びだした。
左折して大黒岩に向かう。
登山道を降ると道標に着いた。
先程のロープの所から登ったら、ここに出る様だ。
2016年08月07日 10:29撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を降ると道標に着いた。
先程のロープの所から登ったら、ここに出る様だ。
大黒岩
2016年08月07日 10:30撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岩
レストランアゼリア前はにぎやかだ。
スルーして、頂上に向かう。
2016年08月07日 10:40撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストランアゼリア前はにぎやかだ。
スルーして、頂上に向かう。
山頂は、登山者と一般客とが入り混じっている。
Tシャツにセッタの若者もウロウロしているので、我々は場違いな所に来た気分だ。
2016年08月07日 10:51撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は、登山者と一般客とが入り混じっている。
Tシャツにセッタの若者もウロウロしているので、我々は場違いな所に来た気分だ。
1
山頂駅方面はガスの中
2016年08月07日 11:17撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅方面はガスの中
1
レストランアゼリア前ではReiさんのチェンソーパフォーマンスをしていた。みごとなチェンソーさばき。
2016年08月07日 11:26撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストランアゼリア前ではReiさんのチェンソーパフォーマンスをしていた。みごとなチェンソーさばき。
1
一の谷新道で下山
2016年08月07日 11:26撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷新道で下山
松茸岩で右側と左側の両方に踏み跡があり、右側奥に標布テープが見えたので、反射的に右側を進んだ。左側が正規のルートだ。
2016年08月07日 12:19撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松茸岩で右側と左側の両方に踏み跡があり、右側奥に標布テープが見えたので、反射的に右側を進んだ。左側が正規のルートだ。
1
右側を進むと、カーブのロックネットの上に出てネットに沿って道路に降りた。
2016年08月07日 12:23撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側を進むと、カーブのロックネットの上に出てネットに沿って道路に降りた。
ここに降り立つ
2016年08月07日 12:24撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに降り立つ
1
道路は車であふれていた。
2016年08月07日 12:33撮影 by DMC-FT4, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路は車であふれていた。

感想/記録
by sicher

今回の本谷ルートは以前から気になっていた。
水量が少なくて、沢登りではなく谷歩きの様だが、何があるか分からないので装備だけは整えて行く事にした。
生憎の曇と言う天気ではあるが、ピーカンよりはマシかと納得しながら登った。

今回の山行はクライミング要素のある山行で、水平移動より垂直移動の要素が多い工程であるので、短時間でも体力を使い、心地よい疲労感を得た。

訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ