ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935908 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

テント担いで何処まで行ける!ԅ( ˘ω˘ԅ) 丹沢山・蛭ヶ岳。

日程 2016年08月09日(火) [日帰り]
メンバー waki
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(往)
3:00 自宅発
5:10 塩水橋着
(復)
18:00 塩水橋発
19:00 湯花楽厚木店
20:00〜20:50 海老名SA
22:00 自宅着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間55分
休憩
1時間47分
合計
12時間42分
S塩水橋05:2006:14雨量計入口06:1606:40雨量計06:4308:00天王寺尾根分岐08:0308:22大崩ノタツマ(大クドレ)09:20みやま山荘09:22丹沢山09:2509:26みやま山荘09:2909:37丹沢山09:56早戸川乗越(鳥屋ブッコシ)09:5910:11箒杉沢ノ頭10:1210:17不動ノ峰休憩所10:2810:36不動ノ峰10:49棚沢ノ頭10:5011:06鬼ヶ岩ノ頭11:11鬼ヶ岩11:1411:20中ノ沢乗越11:41蛭ヶ岳山荘11:4411:45蛭ヶ岳11:5512:07蛭ヶ岳山荘12:2812:45中ノ沢乗越12:59鬼ヶ岩13:03鬼ヶ岩ノ頭13:22棚沢ノ頭13:39不動ノ峰13:45不動ノ峰休憩所13:5513:58箒杉沢ノ頭14:0114:09早戸川乗越(鳥屋ブッコシ)14:1114:37丹沢山14:3814:40みやま山荘14:5115:19大崩ノタツマ(大クドレ)15:27天王寺尾根分岐15:3216:31雨量計16:3517:02雨量計入口17:0517:51塩水橋17:5218:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎塩水橋〜ワサビ沢出会案内のポール
・舗装された道で緩やかに登り、上りは準備運動には丁度良かった。
・帰りの舗装された林道は、脚に負担がかかり、うんざり。

◎ワサビ沢出会案内のポール〜雨量計
・雨量計までの入口は、相変わらず、保安林の看板の後ろに、あたかも行先表示していた、木柱が立っていて、ボルトが2本だけ残っている、以前より草が多くなり、更に分かりにくい。
・丸太や根っこ道の杉林を登り、結構しんどく、今回は顔の位置に、草や枝が有り、歩き難くかった。
・下りは傾斜も有り、下草で足場も見えずらく、小石で滑りやすい。

◎雨量計〜天王寺尾根分岐
・ブナの森林内を、丸太や階段でゆっくり高度を上げて行く感じで、比較的楽に歩けたはずだったが、暑さと重い荷物のせいで、バテバテ。

◎天王寺尾根分岐〜丹沢山
・大崩ノタツマでは鎖も有り、危険を感じる事は無かったが、ザレ場で滑りやすい。

◎丹沢山〜蛭ヶ岳
・この区間を、歩くのは2度目だが、登り返しが見え、相変わらずウンザリ。
・稜線歩きが楽しめる。
・鬼ケ岩付近の岩場は、鎖も有り慎重に進めば、危険を感じる事は無かった。
・稜線で気持ちいい、そよ風を期待していたが、ほとんど風が無く、下からの熱気と、上からの陽射しで、暑さMAX。

◎DIY GPSでログ収集し、写真の自動配置。
その他周辺情報・湯花楽厚木店:http://www.yukaraku.com/atsugi/
 950円/人(タオル・バスタオル付き)
・東京えんとつ:http://www.tokyo-entotsu.com/
 遅い時間だったので、それぞれ100円引き。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グレゴリーバルトロ75L レインウェアー上 レインウェアー下 ソフトシェル ゲイター クッカー ウィンドーマスターストーブ ガス缶250 ハイドレーション LEDヘッドランプ LEKIトレッキング カメラ カメラレンズ カメラバック レジャーシート インナーウェア アンダーウェア 靴下 サポートタイツ パンツ 帽子 手袋 緊急セット 靴 ヴィオーズ・プラス GT エスパース・デュオ アルティメイト ネオエアーXサーモマックス 水3L アクエリアス500ml アミノバイタル アミノバイタルゼリー コムレケア おにぎり3個 菓子パン1個(消費:水2L カロリーメイト )(小屋購入:ポカリスエット500ml おーいお茶500ml カルピスウォーター500ml 各500円)

写真

さすがに平日、先着車は1台、二度目の塩水橋。
2016年08月09日 05:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに平日、先着車は1台、二度目の塩水橋。
1
ワサビ沢出合入口、変わらず。
2016年08月09日 06:11撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ沢出合入口、変わらず。
砂防ダムの滝。
2016年08月09日 06:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムの滝。
1
雨量計への入口、まるっきり道が分からず、意を決して突入。
2016年08月09日 06:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨量計への入口、まるっきり道が分からず、意を決して突入。
マツカゼソウかぁ〜。
2016年08月09日 06:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツカゼソウかぁ〜。
1
雨量計に到着、既に汗。
2016年08月09日 06:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨量計に到着、既に汗。
林道出合、此処登山口。
2016年08月09日 06:43撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道出合、此処登山口。
まずは杉林 (๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪。
2016年08月09日 06:45撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは杉林 (๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪。
シロヨメナ。
2016年08月09日 07:04撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヨメナ。
2
マルバダケブキ。
2016年08月09日 07:11撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ。
6
癒しのブナ林+。:.゜٩(๑>◡<๑)۶:.。+゜
2016年08月09日 07:17撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しのブナ林+。:.゜٩(๑>◡<๑)۶:.。+゜
2
大木が多い。お腹空いたので、ポケットに、忍ばせていた、おにぎり1個を、歩きながら食べる。
2016年08月09日 07:17撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大木が多い。お腹空いたので、ポケットに、忍ばせていた、おにぎり1個を、歩きながら食べる。
1
青空が覗きだした、(ʘ言ʘ╬) 今日は暑い。
2016年08月09日 07:22撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が覗きだした、(ʘ言ʘ╬) 今日は暑い。
ついつい見上げてしまう( ᵅั ᴈ ᵅั;)〜♬。
2016年08月09日 07:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついつい見上げてしまう( ᵅั ᴈ ᵅั;)〜♬。
2
天王寺尾根分岐に到着。
2016年08月09日 08:04撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王寺尾根分岐に到着。
マルバダケブキDay。
2016年08月09日 08:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキDay。
大崩ノタツマ(大クドレ)、 (ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू) 此処で既に脚が限界。
2016年08月09日 08:30撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崩ノタツマ(大クドレ)、 (ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू) 此処で既に脚が限界。
イタドリかぁ?⁽⁽(*꒪ั❥꒪ั*)⁾⁾。
2016年08月09日 08:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタドリかぁ?⁽⁽(*꒪ั❥꒪ั*)⁾⁾。
8
上って来た、尾根の奥に、大山だろう。
2016年08月09日 08:33撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上って来た、尾根の奥に、大山だろう。
2
ブナ林がまだ続く。
2016年08月09日 08:54撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林がまだ続く。
今日は太陽さん、手加減を(⌒-⌒; )。
2016年08月09日 09:00撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は太陽さん、手加減を(⌒-⌒; )。
この階段を上れば、近し(^O^☆♪。
2016年08月09日 09:09撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段を上れば、近し(^O^☆♪。
こんな所に、大きな穴が、ついつい中が、気になりますが、そ〜っと。
2016年08月09日 09:11撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所に、大きな穴が、ついつい中が、気になりますが、そ〜っと。
1
此処までくれば、丹沢山に到着。
2016年08月09日 09:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処までくれば、丹沢山に到着。
1
ヤマオダマキ
2016年08月09日 09:18撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマオダマキ
2
丹沢山、此処から、こんなにはっきりと、富士山を見たのは、始めて。
2016年08月09日 09:22撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山、此処から、こんなにはっきりと、富士山を見たのは、始めて。
12
みやま山荘で、カルピスウォーターを購入し、一気飲み。一休み後蛭ヶ岳へ。
2016年08月09日 09:43撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みやま山荘で、カルピスウォーターを購入し、一気飲み。一休み後蛭ヶ岳へ。
10
真夏に来たのは初めて。
2016年08月09日 09:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真夏に来たのは初めて。
3
こんなに、緑豊かな山塊だったとは ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 。
2016年08月09日 09:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに、緑豊かな山塊だったとは ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 。
8
富士山に雲がついた ฅ(๑*д*๑)ฅ!!。
2016年08月09日 09:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山に雲がついた ฅ(๑*д*๑)ฅ!!。
5
クマザサとトレラン。
2016年08月09日 10:09撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマザサとトレラン。
5
不動ノ峰休憩所の、陽影でまた休憩、陽射しが堪らないんです。
2016年08月09日 10:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰休憩所の、陽影でまた休憩、陽射しが堪らないんです。
1
不動ノ峰に到着、自分の中で一区切り場所。
2016年08月09日 10:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰に到着、自分の中で一区切り場所。
テント担いで、いつか白馬岳を目指し、この先の蛭ヶ岳へ。
2016年08月09日 10:39撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント担いで、いつか白馬岳を目指し、この先の蛭ヶ岳へ。
4
見えて来た、蛭ヶ岳。
2016年08月09日 10:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えて来た、蛭ヶ岳。
1
緑にそそられる、登り返し。
2016年08月09日 10:43撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑にそそられる、登り返し。
2
鬼ヶ岩。此処から、富士山、見たのも始めて。
2016年08月09日 11:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩。此処から、富士山、見たのも始めて。
5
蛭ヶ岳に到着。
2016年08月09日 11:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳に到着。
4
何も考える、気力も無くなり、取り敢えず、撮った写真。
2016年08月09日 11:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も考える、気力も無くなり、取り敢えず、撮った写真。
14
山荘で、ポカリスエットと、お茶を購入し、ベンチで、おにぎり2個食べて、引き返す。
2016年08月09日 12:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘で、ポカリスエットと、お茶を購入し、ベンチで、おにぎり2個食べて、引き返す。
鬼ヶ岩が見えて来た。
2016年08月09日 12:51撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩が見えて来た。
シロヤシオと鬼ヶ岩。
2016年08月09日 12:52撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオと鬼ヶ岩。
2
こうやって見ると、結構迫力が有る。
2016年08月09日 12:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうやって見ると、結構迫力が有る。
3
富士山はもう見えず。
2016年08月09日 13:01撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山はもう見えず。
振り返って、蛭ヶ岳。
2016年08月09日 13:30撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、蛭ヶ岳。
フジアザミの名札が目に入り、見つけた日本一のアザミ。
2016年08月09日 13:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フジアザミの名札が目に入り、見つけた日本一のアザミ。
2
不動ノ峰に到着。大きな登り返しは、後一回。
2016年08月09日 13:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰に到着。大きな登り返しは、後一回。
丹沢山塊。
2016年08月09日 13:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山塊。
3
不動ノ峰休憩所の大木。
2016年08月09日 13:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰休憩所の大木。
チョット、ウンザリ登り返し。
2016年08月09日 14:06撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョット、ウンザリ登り返し。
2
みやま山荘に到着、予定より、1時間の遅れ。
2016年08月09日 14:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みやま山荘に到着、予定より、1時間の遅れ。
1
ブナ林に、綺麗に揃った階段と、マルバダケブキの群生。
2016年08月09日 14:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林に、綺麗に揃った階段と、マルバダケブキの群生。
2
下界も暑そうだけど、今日は丹沢も暑い。
2016年08月09日 15:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界も暑そうだけど、今日は丹沢も暑い。
3
天王寺尾根経由で、帰ろうかと思ったが、予定より、遅れているので、林道に近い堂平経由のピストン。
2016年08月09日 15:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王寺尾根経由で、帰ろうかと思ったが、予定より、遅れているので、林道に近い堂平経由のピストン。
堂平の豊かな森林。
2016年08月09日 15:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂平の豊かな森林。
1
神奈川の美林50選 ˉ̞̭ ( ›◡ु‹ ) ˄̻ ̊堂平のブナ林。
2016年08月09日 16:04撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神奈川の美林50選 ˉ̞̭ ( ›◡ु‹ ) ˄̻ ̊堂平のブナ林。
1
林道に到着。
2016年08月09日 16:33撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に到着。
本谷林道との分岐。此処までの林道が、一番辛かった( ̄O ̄;)。
2016年08月09日 17:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷林道との分岐。此処までの林道が、一番辛かった( ̄O ̄;)。
1
何より、無事にやり遂げられて、良かった。
2016年08月09日 17:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何より、無事にやり遂げられて、良かった。
1
おみや:海老名SAで東京えんとつの、プレーンとマンゴーを購入、シフォンケーキですが、美味し。
2016年08月09日 22:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おみや:海老名SAで東京えんとつの、プレーンとマンゴーを購入、シフォンケーキですが、美味し。
8
撮影機材:

感想/記録
by waki

*テント購入後に、何処に行くか、いろいろと、考えましたが、自分の夏休みは、涸沢テント3泊と、決めていたので、その前に、どうしてもテント泊が、したかった。
当初は行者小屋でテント泊し、赤岳に登頂予定でしたが、どうにも、テント購入支払いに、夏用寝袋購入費用、そして同じ月に、2度も遠征するには、資金が足りず、取り敢えず、設営しないテントに、マット、着替えにガスとコッヘル、食器にサブザックと、食糧以外は、詰め込み、寝袋用に水1L追加し、歩けるか試す事に。

*さて何処に行くか?
当然金欠な身分ですから、近場の丹沢山塊ですが、塔ノ岳は、前回の訓練で行ったので、丹沢山にして、登山口は、一度行った事の有る、塩水橋に決めた、結局いろいろ考えても、選択余地は余り無かった ( ̄◇ ̄;)。
どれ位の距離と、標高差を歩くか、今後の行く場所も検討して、白馬岳と同等とすると、丹沢山では、標高差はそこそこ同じだったが、距離が短いので、蛭ヶ岳まで入れると、栂池からの距離より、長くなるので、行けそうだったら、蛭ヶ岳まで行く予定にした。

*フェーン現象で、暑くなる予報の関東地方でしたが、山は涼しいだろうと、勝手に思ってました。雨量計に、到着する頃には、汗だくで、目に入らない様に、額を拭うのが忙しかった。
このルートでは、ブナの森林が綺麗で、前回来た時に感動しましたが、以前と同様に、心癒される森でした。
更に今回は、マルバダケブキの花が、咲き乱れていて、より一層綺麗でした。
丹沢山では、綺麗に富士山も見え、稜線では、涼しい風に、富士山を見ながら、心地良く歩けると、思ってましたが、陽射しが強く、風も無く、樹林帯よりも、暑いぐらいの稜線でした。
それでも、今迄見た事の無かった、緑豊かな稜線が見れて、蛭ヶ岳まで行けたのは、良かったし、今後の自信にもなった。

*今考えると、テント泊装備で、テントも張らずに、疲れたまま、日帰りするのは、実際のテント泊より、かなり疲れるのではないかと、思えてきて、やっぱりちょっと、近場でテント泊するのが先決で、無謀な計画だったかなぁ〜。

*次回涸沢テント泊で、のんびり、奥穂高と北穂高を、堪能したいと思ってます、どうか台風など来ないで、晴れます様に。
訪問者数:430人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ