ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936016 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢大山 ヤビツ峠からの破線ルート大山北尾根

日程 2016年08月10日(水) [日帰り]
メンバー sadatoasa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:小田急秦野駅からヤビツ峠までバス(バス平日時刻 8:15発)
帰り:大山ケーブルバス停から小田急伊勢原駅まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
26分
合計
4時間6分
Sヤビツ峠09:0709:31青山荘09:3209:41BOSCOオートキャンプベース10:02地獄沢橋10:0510:20上野ノ頭10:48境沢ノ頭(境沢クドレ)10:5316号鉄塔10:5711:25ミズヒノ頭11:2611:39西沢ノ頭11:4112:16大山12:2713:07阿夫利神社下社13:1113:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大山北尾根ルートという破線ルートを今回選択しました。
破線ルートという事で、道がどれくらい不明瞭なのか心配しましたがそれほど不明瞭というわけではなかったです。
ただし、初心者にはオススメ出来ないくらいの急登っぷりです。
表丹沢の大倉尾根に匹敵するのではないでしょうか?
コース状況/
危険箇所等
ヤビツ峠から地獄沢橋まで林道歩き、そこから大山北尾根を利用して大山山頂を目指しました。
北尾根は破線ルートですが道は明瞭で、特に迷う箇所は多くありませんでした。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 時計

写真

今回はヤビツ峠から地獄沢橋まで歩きで向かいます。
最初は車道林道を行こうかと思いましたが、地図を見ると何やら林道ではない登山道があるようです。今回は「門戸口」までこちらの登山道をチョイス。
2016年08月10日 09:15撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はヤビツ峠から地獄沢橋まで歩きで向かいます。
最初は車道林道を行こうかと思いましたが、地図を見ると何やら林道ではない登山道があるようです。今回は「門戸口」までこちらの登山道をチョイス。
1
道はかなり整備されてます。
かなりキレイな部類に入るのではないでしょうか
2016年08月10日 09:18撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はかなり整備されてます。
かなりキレイな部類に入るのではないでしょうか
こんな感じで広い芝生エリアもあります。
2016年08月10日 09:25撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで広い芝生エリアもあります。
1
こんな橋が見えてきたら、門戸口に到着です。
青山荘という山荘が見えます。
2016年08月10日 09:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな橋が見えてきたら、門戸口に到着です。
青山荘という山荘が見えます。
1
後はそのまま車道をみちなりに行きます。
途中でBOSCOオートキャンプというキャンプ場を横目に行きます。
2016年08月10日 09:40撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後はそのまま車道をみちなりに行きます。
途中でBOSCOオートキャンプというキャンプ場を横目に行きます。
BOSCOキャンプ場はこんな感じで沢沿いの涼しげな雰囲気です。実際このあたりはヒンヤリしてます。
2016年08月10日 09:44撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
BOSCOキャンプ場はこんな感じで沢沿いの涼しげな雰囲気です。実際このあたりはヒンヤリしてます。
途中で車道をショートカットできる箇所があります。
陣賀橋という標識が目印です。ここを過ぎると坂を下る事ができます。
2016年08月10日 09:46撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で車道をショートカットできる箇所があります。
陣賀橋という標識が目印です。ここを過ぎると坂を下る事ができます。
途中の清竜橋という箇所では小さな滝が見えました。
滝まで歩いて手を触れられるようになってます。
2016年08月10日 09:55撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の清竜橋という箇所では小さな滝が見えました。
滝まで歩いて手を触れられるようになってます。
ここが北尾根の目印の「地獄沢橋」です。
この端を渡った右側に登山口があります。
2016年08月10日 10:01撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが北尾根の目印の「地獄沢橋」です。
この端を渡った右側に登山口があります。
1
ここが登山道です。標識が2つあって、とてもわかりづらいです。右側にも道らしいのがありますが、このまま正面の道を行くのが正解です。
2016年08月10日 10:01撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが登山道です。標識が2つあって、とてもわかりづらいです。右側にも道らしいのがありますが、このまま正面の道を行くのが正解です。
1
登り始めはとても整備されている感じです。
丹沢では破線ルートですが、奥多摩の通常ルートくらいの整備状況でしょうか
2016年08月10日 10:08撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めはとても整備されている感じです。
丹沢では破線ルートですが、奥多摩の通常ルートくらいの整備状況でしょうか
暫く歩いてもこんな感じです。
道に迷うような感じはしません。
2016年08月10日 10:14撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く歩いてもこんな感じです。
道に迷うような感じはしません。
階段が整備されてます。
あまり見たことが無いような階段ですね。ゴム製の階段でした。
2016年08月10日 10:28撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が整備されてます。
あまり見たことが無いような階段ですね。ゴム製の階段でした。
1
もひとつ階段
2016年08月10日 10:35撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もひとつ階段
途中で「新多摩線16号鉄塔」を通過します。
ここまでで北尾根の1/3位でしょうか?
ここまではとても歩きやすかったですよ。ここまでは。
2016年08月10日 10:53撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で「新多摩線16号鉄塔」を通過します。
ここまでで北尾根の1/3位でしょうか?
ここまではとても歩きやすかったですよ。ここまでは。
1
ここから丹沢の表尾根がよく見えました。
2016年08月10日 10:58撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから丹沢の表尾根がよく見えました。
1
鉄塔を過ぎたあたりから道がだんだん不明瞭になってきました。
細かいアップダウンも多く、体力を削られ始めます。
2016年08月10日 11:14撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を過ぎたあたりから道がだんだん不明瞭になってきました。
細かいアップダウンも多く、体力を削られ始めます。
丹沢表尾根の二ノ塔、三ノ塔がよく見えます。
2016年08月10日 11:19撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢表尾根の二ノ塔、三ノ塔がよく見えます。
鉄塔を超えてからは、3つ程細かいピークを越えます。
2016年08月10日 11:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を超えてからは、3つ程細かいピークを越えます。
道はそれほど不明瞭で地道な登り返しに体力を削られていきます。
2016年08月10日 11:33撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はそれほど不明瞭で地道な登り返しに体力を削られていきます。
こんなヤセ尾根も
2016年08月10日 11:40撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなヤセ尾根も
1
やっと肉眼で大山山頂の電波塔が見えました。
まだまだ結構あるようです。。。
2016年08月10日 11:43撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと肉眼で大山山頂の電波塔が見えました。
まだまだ結構あるようです。。。
荷物運搬用のモノレールでしょうか?
2016年08月10日 11:55撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物運搬用のモノレールでしょうか?
モノレール2つが結合する箇所をまたいで先に進んでいきます。
2016年08月10日 11:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレール2つが結合する箇所をまたいで先に進んでいきます。
1
ここが一番丹沢表尾根がキレイに見えましたね。
塔ノ岳の尊仏山荘までハッキリ見えます。
今年の秋位までにまた行こうかなと。
2016年08月10日 12:01撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番丹沢表尾根がキレイに見えましたね。
塔ノ岳の尊仏山荘までハッキリ見えます。
今年の秋位までにまた行こうかなと。
1
ようやく大山山頂の電波塔が間近に見えるまで来ました。
2016年08月10日 12:14撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく大山山頂の電波塔が間近に見えるまで来ました。
ここです。
この脚立を登って大山山頂に行くのですw
ここを渡っている時の自分の姿を想像すると笑えますw
2016年08月10日 12:15撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここです。
この脚立を登って大山山頂に行くのですw
ここを渡っている時の自分の姿を想像すると笑えますw
ようやく大山山頂です。
ここで10分程休憩しました。
北尾根がこれほどキツいと思わず思ったより時間がかかってしまいました。
今日はとても天気がよくいい景色を見る事ができました。
2016年08月10日 12:25撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく大山山頂です。
ここで10分程休憩しました。
北尾根がこれほどキツいと思わず思ったより時間がかかってしまいました。
今日はとても天気がよくいい景色を見る事ができました。
3
帰りは表参道を作って下山します。
2016年08月10日 12:32撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは表参道を作って下山します。
去年から今年にかけて、木道が整備されてましたね。
あまり大山で木道があるイメージが無いので、まだ違和感があります。初心者でも登りやすくなってとてもいいと思います。
2016年08月10日 12:35撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年から今年にかけて、木道が整備されてましたね。
あまり大山で木道があるイメージが無いので、まだ違和感があります。初心者でも登りやすくなってとてもいいと思います。
帰りは写真を端折って、下社の階段まで飛びます。
2016年08月10日 13:08撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは写真を端折って、下社の階段まで飛びます。
記念すべき日本遺産に登録されたとの事で、明日の「山の日」はさぞかし混雑する事でしょう。
2016年08月10日 13:11撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念すべき日本遺産に登録されたとの事で、明日の「山の日」はさぞかし混雑する事でしょう。
2
北尾根に体力を使い果たしたため、帰りはケーブルカーで下山です。久々の登山で足がふらふらでした〜
2016年08月10日 13:16撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根に体力を使い果たしたため、帰りはケーブルカーで下山です。久々の登山で足がふらふらでした〜

感想/記録

神奈川県民として大山はよく登るのですが、これほどきつい大山があるのだと思いました。
大山は簡単に登れるルートがあったり、これほどまでにキツいコースがあったりとかなりバリエーションに富んでいるのを再認識しました。
あと登ってないルートとしては、地図にも載ってないという「ネクタイ尾根」位かな?

通常のルートは制覇しましたが、地元だけに年に何回かまた来る事になりそうです。
困った時の「大山」と言っても過言ではないですね。
訪問者数:303人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ