ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936107 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

百名山 1日3座登頂 蓼科山・霧ヶ峰・美ヶ原「欲張らなければ良かったと感じた山旅」

日程 2016年08月05日(金) [日帰り]
メンバー no2
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
「蓼科山七合目登山口」諏訪IC→ビーナスライン→R152大門街道→県40→蓼科スカイライン 約1時間

「霧ヶ峰」車山肩無料駐車場へ 蓼科山七合目登山口Pよりビーナスライン 約30分

「美ヶ原 」美ヶ原高原美術館道の駅へ 車山肩Pより 県194→和田峠→県460 ビーナスライン 約45分

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

蓼科山7合目登山口 5:30→6:50 将軍平 6:55→7:35 蓼科山頂 7:37→7:43 方位盤→7:45 蓼科山頂→8:37 将軍平 8:45→9:35登山口

蓼科山7合目登山口P 10:00 ~車移動~ 霧ヶ峰車山肩P 10:30

車山肩P 10:35→11:05 車山山頂 11:15→11:32 車山乗越→12:00 車山肩P

車山肩P 12:07 ~車移動~ 美ヶ原高原美術館道の駅P 12:50

道の駅P 13:30→13:45 牛伏山→13:55 道の駅P 13:57~車移動~14:02 山本小屋P 14:10→14:25 美しの塔→14:52 王ヶ頭 15:00 →(途中仕事の電話で5分程度止まっています) 15:55 山本小屋P
コース状況/
危険箇所等
蓼科山:将軍平より頂上へのルートは、ゴロゴロした大きい岩の登りで、途中鎖場もありますが、登りやすく問題なし。但し、大きな岩だからと安心してると動く岩もあるので注意が必要かと。

車山:ハイキングコースと言うか、観光遊歩道レベルです。八島湿原を起点に周回するのが一番かと。

美ヶ原:牧場の中を歩く感じのハイキングルートです。王ヶ頭へは、往路にアルプス展望コース、復路に木柵が続く広い砂利道ルートがいいかと。
その他周辺情報蓼科山七合目登山口:無料駐車場と無料公衆トイレ・登山届ポストあり
霧ヶ峰 車山肩:無料駐車場と無料公衆トイレ(仮設タイプ)あり
美ヶ原 道の駅:無料大駐車場と公衆トイレ、施設内トイレあり
美ヶ原 山本小屋:無料駐車場はありますが公衆トイレはありません。アルプス展望コースの百曲園地手前に公衆トイレあり

日帰り温泉:和田宿温泉ふれあいの湯 大人500円 月曜日定休
      長門温泉やすらぎの湯  大人500円 火曜日定休
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 日よけ帽子 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ サブザック

写真

蓼科山七合目登山口にある公衆トイレ
2016年08月05日 05:24撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山七合目登山口にある公衆トイレ
蓼科山七合目登山口駐車場
手前にもあります。
2016年08月05日 05:26撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山七合目登山口駐車場
手前にもあります。
1
蓼科山七合目登山口 鳥居を潜り出発です
2016年08月05日 05:26撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山七合目登山口 鳥居を潜り出発です
はじめは平坦に近い登山道です
2016年08月05日 05:28撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめは平坦に近い登山道です
広い登山道です。ゴーロ道ですが、踏跡を辿ると歩きやすいですね。
2016年08月05日 05:54撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い登山道です。ゴーロ道ですが、踏跡を辿ると歩きやすいですね。
天狗の露地
2016年08月05日 06:15撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の露地
途中何個所か勾配がキツクなるところがありますが、大したことはありません。歩きやすい踏跡を。
2016年08月05日 06:28撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中何個所か勾配がキツクなるところがありますが、大したことはありません。歩きやすい踏跡を。
1
勾配も緩み先が明るくなると将軍平もすぐそこです。
2016年08月05日 06:44撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配も緩み先が明るくなると将軍平もすぐそこです。
1
将軍平の蓼科山荘
2016年08月05日 06:48撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将軍平の蓼科山荘
1
山荘前から見上げた蓼科山山頂
2016年08月05日 06:48撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘前から見上げた蓼科山山頂
1
ここからのルートは、このような大きな岩を登っていきますが、小さめの段を探しながら登ると楽ですね。ここには鎖が設置されていますが、使わないで大丈夫な程度です。
2016年08月05日 07:09撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからのルートは、このような大きな岩を登っていきますが、小さめの段を探しながら登ると楽ですね。ここには鎖が設置されていますが、使わないで大丈夫な程度です。
1
中には動く岩があるので見極めが必要です
2016年08月05日 07:13撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中には動く岩があるので見極めが必要です
岩が大きくなってくると山頂も近い 矢印通りに進むといいですね
2016年08月05日 07:22撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が大きくなってくると山頂も近い 矢印通りに進むといいですね
振り返ると将軍平の蓼科山荘が見えます。
2016年08月05日 07:25撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると将軍平の蓼科山荘が見えます。
1
ラストです。
2016年08月05日 07:29撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストです。
蓼科山頂ヒュッテ
2016年08月05日 07:30撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山頂ヒュッテ
1
蓼科山頂 2530mの案内板(山頂ポイントでは無いです)
2016年08月05日 07:31撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山頂 2530mの案内板(山頂ポイントでは無いです)
1
蓼科山頂上
2016年08月05日 07:35撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山頂上
1
早速、西側の方位盤方面へ 途中蓼科神社の祠があります。
2016年08月05日 07:43撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速、西側の方位盤方面へ 途中蓼科神社の祠があります。
方位盤ポイントから山頂ポイントを見る 歩きにくいです
2016年08月05日 07:43撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方位盤ポイントから山頂ポイントを見る 歩きにくいです
同じルートを下山し、七合目登山口到着です。こちらも下の方も結構な台数です。
少しばかり休憩し、いざ霧ヶ峰へ
2016年08月05日 09:34撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じルートを下山し、七合目登山口到着です。こちらも下の方も結構な台数です。
少しばかり休憩し、いざ霧ヶ峰へ
ビーナスライン(県40) 車窓からの車山高原
2016年08月05日 10:15撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビーナスライン(県40) 車窓からの車山高原
霧ヶ峰 車山肩無料駐車場
2016年08月05日 10:33撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ヶ峰 車山肩無料駐車場
山頂まで、このような感じのルートです
2016年08月05日 10:35撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで、このような感じのルートです
草原の中のビーナスライン
2016年08月05日 10:40撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原の中のビーナスライン
1
蝶々深山に繋がる真っすぐな道と八島湿原方面
2016年08月05日 10:58撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶々深山に繋がる真っすぐな道と八島湿原方面
2
山頂にある気象観測用レーダー 調子よく分で山頂到着
2016年08月05日 11:03撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にある気象観測用レーダー 調子よく分で山頂到着
1
霧ヶ峰最高ポイント 車山山頂 1925m 普段着?の観光客が大勢おられる中、一瞬誰もおられないタイミングがあり撮影です
2016年08月05日 11:03撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ヶ峰最高ポイント 車山山頂 1925m 普段着?の観光客が大勢おられる中、一瞬誰もおられないタイミングがあり撮影です
1
車山乗越方面へ下ります。
2016年08月05日 11:16撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車山乗越方面へ下ります。
車山乗越
2016年08月05日 11:29撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車山乗越
車山湿原へ 正面に蝶々深山への直線登り道が見えますね
2016年08月05日 11:30撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車山湿原へ 正面に蝶々深山への直線登り道が見えますね
1
車山肩と八島ヶ原湿原への分岐 車山湿原の中を通り車山肩へのルートは左。
2016年08月05日 11:32撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車山肩と八島ヶ原湿原への分岐 車山湿原の中を通り車山肩へのルートは左。
擬木柵と木道が続きます
2016年08月05日 11:32撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
擬木柵と木道が続きます
1
途中、木道が無くなります。水溜りが多く歩きにくいです。
2016年08月05日 11:33撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、木道が無くなります。水溜りが多く歩きにくいです。
車山肩手前の木道 右手に肩に立つお店が見えます。10分足らずで駐車場です。 次は、美ヶ原へ
2016年08月05日 11:40撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車山肩手前の木道 右手に肩に立つお店が見えます。10分足らずで駐車場です。 次は、美ヶ原へ
美ヶ原高原美術館道の駅駐車場 車山肩より45分ほどです トイレもあるのでこちらがお薦めですが、山本小屋までの往復55分多めに掛かります。
2016年08月05日 13:27撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美ヶ原高原美術館道の駅駐車場 車山肩より45分ほどです トイレもあるのでこちらがお薦めですが、山本小屋までの往復55分多めに掛かります。
先ずは、牛伏山へ 木道を上っていきます。サブザックに雨具と水、タオル等必要なものだけ入れて軽装スタイルで。
2016年08月05日 13:29撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは、牛伏山へ 木道を上っていきます。サブザックに雨具と水、タオル等必要なものだけ入れて軽装スタイルで。
正面に王ヶ頭が見えます。なにやら物々しいですね? 左に見えるのは、美ヶ原高原ホテルの駐車場のある奥側の山本小屋
2016年08月05日 13:37撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に王ヶ頭が見えます。なにやら物々しいですね? 左に見えるのは、美ヶ原高原ホテルの駐車場のある奥側の山本小屋
帰りに踏もうと思っていた牛伏山山頂 雨雲を見て予定変更です。道の駅に戻り山本小屋の無料駐車場へ車で行くことにしました。
2016年08月05日 13:41撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに踏もうと思っていた牛伏山山頂 雨雲を見て予定変更です。道の駅に戻り山本小屋の無料駐車場へ車で行くことにしました。
1
車で山本小屋ふる里館へ ここから歩き再開です
2016年08月05日 14:09撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で山本小屋ふる里館へ ここから歩き再開です
先ずは、美しの塔へ この雨雲大丈夫かな?
2016年08月05日 14:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは、美しの塔へ この雨雲大丈夫かな?
1
牧場の中の散歩道ですね 登山靴もトレッキングシューズに変えて正解です。
2016年08月05日 14:16撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場の中の散歩道ですね 登山靴もトレッキングシューズに変えて正解です。
ポニーもいます
2016年08月05日 14:18撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポニーもいます
1
美しの塔
2016年08月05日 14:19撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しの塔
1
アルプス展望コースとの分岐「塩くれ場」 左へ進み百曲園地、烏帽子岩へと進むアルプス展望コースを歩く予定でしたが、雨が降らない内にと直進です。
2016年08月05日 14:24撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプス展望コースとの分岐「塩くれ場」 左へ進み百曲園地、烏帽子岩へと進むアルプス展望コースを歩く予定でしたが、雨が降らない内にと直進です。
1
美ヶ原案内図 近くに公衆トイレがあります
2016年08月05日 14:24撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美ヶ原案内図 近くに公衆トイレがあります
快晴だと良いんですけどね
2016年08月05日 14:29撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴だと良いんですけどね
1
王ヶ頭に立つ 王ヶ頭ホテルとアンテナ群
2016年08月05日 14:27撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ヶ頭に立つ 王ヶ頭ホテルとアンテナ群
振り返るとアルプス展望コース、烏帽子岩が見えます。
2016年08月05日 14:43撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとアルプス展望コース、烏帽子岩が見えます。
1
どこが山頂?王ヶ頭はホテルの向こう側です。
2016年08月05日 14:44撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこが山頂?王ヶ頭はホテルの向こう側です。
1
ホテル横の案内板 左へ
2016年08月05日 14:50撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホテル横の案内板 左へ
1
王ヶ頭 2034m到着 14:50でこの暗さです
2016年08月05日 14:50撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ヶ頭 2034m到着 14:50でこの暗さです
1
王ヶ鼻が見えますが…往復40分「やめておこう」雷鳴とこの雨雲が心配で、雨が降らない内に戻ることにしました。
2016年08月05日 14:52撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ヶ鼻が見えますが…往復40分「やめておこう」雷鳴とこの雨雲が心配で、雨が降らない内に戻ることにしました。
1

感想/記録
by no2

 昨日の仙丈ケ岳に続き2日目です。昨日の仙丈ケ岳下山後、伊那IC近くのお気に入り日帰り温泉 信州大芝高原大芝の湯へ。なんと…定休日??事前調査は念入りにする方なんですが、ミスりました。スマホで近隣に無いかと検索すると、みのわ温泉 ながたの湯が諏訪方面へ15分程のところにあり、今夜は諏訪SAでの車中泊予定なので都合がよく行くことに。露天風呂とサウナ、休憩室・お食事処もあります。

汗を流し気分も快調。さあ、明日からの予定の確認です。しかしどうも天候が優れません。ネット確認すると明後日の土曜日は、登山指数Cの表示です。LINEで仕事の相談も入っており思案の結果、2日目の予定だった北八ヶ岳から蓼科山への計画を変更し、3日目の霧ヶ峰・美ヶ原行きを2日目に合体して百名山3座を1日で廻ることにしました。

伊北ICより中央道へ乗り、諏訪SA到着。食事後早々に車中泊です。3:00までグッスリ休むことができ、洗面・用足しして諏訪ICで中央道を降り、白樺湖方面へ。
途中、コンビニが少ないような話だったのでインター近くのコンビニに寄りましたが、3〜4店あったように思います。

今回は3日間の予定でしたが、天気の都合で予定変更ばかりです。
月末か来月初旬に北アへ行く予定ですので今回は軽めにと百名山登頂数を増やす事が目的でしたので3座を1日で廻ってしまおうと欲張りましたが、歩き終えての満足感というか充実感も少なく、いい天気の日にゆっくり廻ってみた方が良かった気持ちの方が先に立ちました。
マナーモードにしていたのですが、美ヶ原の復路で仕事の相談電話が入り、「もう帰るモード」に入っておりましたので土曜日に打ち合わせの約束をしてしまいました。
途中関東方面から来られた美女3人組と歩きながらお話しさせていただいていたところ、明日は霧ヶ峰に行かれるとのこと。土曜日は登山指数Cだった話をしておりましたなら、同じ山の天気サイトを見ておられ「そうですよね〜」とのご返事。念のため歩きスマホで確認してみましたなら…??登山指数Aに変わっておりました。
最終日は雨と諦め、帰るモードどころか打ち合わせの約束までしてしまった…1日損した気分です。

今回、車中泊に使った厚手のエアー車中泊用マットは、便利ですね。少々の段差も平気です。足を延ばして休めますので、いつも3時間以上運転して登山する際は、早めに現着し、仮眠をとってから早朝出立しますが、気楽に使用できるのもいいです。
帰りの高速で、疲れから睡魔に襲われましたのでSAに飛び込み仮眠しました。気が付くと夜の9時過ぎです。京都までは3時間は掛かるのでETC深夜割引に丁度良かったです。京都南ICが0:05でしたから。
後日、山友達にマットを見せておりましたなら、3世代プリウスにも利用できるとのことでした。

蓼科山:7合目からのピストンでは勿体ないです。横岳や双子池を含めたルートにするのがいいかと。女神乃茶屋登山口から蓼科山へ登り、天祥寺原、亀甲池、双子池、横岳と歩き北八ヶ岳ロープウエイで下山する予定でした。女神乃茶屋登山口まで戻る方法が難点ですが、山麓駅からタクシー利用や最悪約5km歩けば戻れます。
登山靴はゴーロたいや岩場もあるので

霧ヶ峰:車山だけでは勿体ない。八島湿原を起点に時計回りで周回予定でした。約10km5時間で廻れるかと。半時計周りの方が楽かな? 車山だけならばピストンではなく帰りに車山湿原を歩く周回ルートは最低必要かと。

美ヶ原:道の駅の大駐車場(800台)と24h利用可能トイレが魅力で、起点は道の駅がいいかと思いますが、往復55分ほどプラスになります。道の駅のショップは閉店17時ですので、お土産は先に買うのもいいかも。信州では、いつもリンゴ系のパイやチーズケーキなどを買っておりましたが、山本小屋の完熟朝採りブルーベリーがお土産に良かったですね。

ヤマレコ山行記録作成第2回目。疲れました〜みなさんは何時も綺麗に詳しく又、素早くアップされておられますよね。頭が下がります。
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/21
投稿数: 127
2016/8/11 16:20
 no2 さんこんにちは!
1日3座踏破、お疲れ様でした〜
よく頑張られましたね。
今年の夏はほんとに目まぐるしく天候が変わりゆき、自分も7月下旬の山行時にはコロコロ変わる天気予報に悩まされました。
幾度となく山行途中で予定変更を考えさせられました。
3座ともに素晴らしい山域ですよね。
南アルプスとは一変して優しい雰囲気が自分も大好きです。
しかし、途中で仕事モードに入ってしまうのは少々辛いですね・・・・
エアマット、本当によさそうですね。
自分も検討してみます!
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 76
2016/8/11 18:32
 Re: no2 さんこんにちは!
narimiyaさん、続いて2つともコメントいただいて恐縮です。

 百名山へ行ったと言うだけの満足感です。少しながら邪道感もありますね。綺麗な山域が「勿体ない」思いもありました。山バッジコレクションでは満足ですけど??

縦走の稜線で強雨にさらされとか、山小屋に足止めとか、私のスキルと業務状態では無理かと考えております。小屋一泊程度の行程がベストかと。
仙丈ケ岳のヤマレコにエアーマットのこと書いておきましたので、ご参考になれば幸いです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ