ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939769 全員に公開 ハイキング大峰山脈

大峯秘境探訪・双門の滝壺

日程 2016年08月13日(土) [日帰り]
メンバー aptx4869yakeikaryudoyurukei
天候晴・気温19〜28℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は熊渡と川迫ダムに分けて駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間53分
休憩
2時間27分
合計
9時間20分
S熊渡06:1706:45金引尾根・弥山川分岐06:4706:51金引橋08:21カナビキ尾根分岐08:3308:54弥山川降下取りつき09:12弥山川09:1710:15双門の滝壺取りつき11:00双門の滝壺11:4411:44双門の滝壺取りつき12:2212:40ザンキ平の肩13:1213:45トサカ尾根14:45川迫ダム分岐15:06川迫ダム15:2015:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
そらアノ双門ですからね、危険は一杯(何処でも同じですが)。
特に双門の滝壺へのアクセスルートは滑落、崩落、落石などの危険大です。
情報では滝壺下降路はいつ崩れるか分からない危険なガレ沢を下っているケースがほとんどですが、今回ワタクシたちが下ったルートは一切ガレ沢には足を踏み入れておりません。
が、どちらにしても一つ間違えれば谷へ真っ逆さま。
双門の滝壺へのアクセス方法の数ある内のひとつ、としてお位置づけ下さい。

写真

aptx4869さん、yurukeiさんにとっては3週間半の時を経てのリベンジとなる本日の山行。
(前回の挑戦⇒http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-920846.html)
目指す先は双門の滝壺。

今日はクマに出会わないように(yu)
2016年08月13日 06:17撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
aptx4869さん、yurukeiさんにとっては3週間半の時を経てのリベンジとなる本日の山行。
(前回の挑戦⇒http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-920846.html)
目指す先は双門の滝壺。

今日はクマに出会わないように(yu)
10
熊渡から林道を歩いて30分弱、双門・カナビキ分岐に到着。

双門ルートの予定だったけど急遽カナビキに変更(yu)
2016年08月13日 06:44撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊渡から林道を歩いて30分弱、双門・カナビキ分岐に到着。

双門ルートの予定だったけど急遽カナビキに変更(yu)
6
カナビキ尾根は全線登りっぱのルート。
気温はそれほどなものの、登っているとさすがに汗汁ぷしゅ〜。
2016年08月13日 07:01撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カナビキ尾根は全線登りっぱのルート。
気温はそれほどなものの、登っているとさすがに汗汁ぷしゅ〜。
6
えっちらほっちら、休憩しもって登っていきます。
2016年08月13日 07:26撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えっちらほっちら、休憩しもって登っていきます。
5
コルに到着すればキツイ登りもあと少し。
2016年08月13日 07:50撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルに到着すればキツイ登りもあと少し。
2
途中から先頭に躍り出たyakeikaryudoから後方の2人に「あと少し〜、ファイト〜」という応援の声が、、、聞こえない。
姿も見えない。

川合道に出る直前がいつもしんどいの〜(yu)
2016年08月13日 08:19撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から先頭に躍り出たyakeikaryudoから後方の2人に「あと少し〜、ファイト〜」という応援の声が、、、聞こえない。
姿も見えない。

川合道に出る直前がいつもしんどいの〜(yu)
3
で、川合道に合流です。
2016年08月13日 08:20撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、川合道に合流です。
4
川合道に合流すれば登りも緩やか。
(この手前で本日初のハイカーさん=下山途中の御二方と遭遇)
2016年08月13日 08:52撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川合道に合流すれば登りも緩やか。
(この手前で本日初のハイカーさん=下山途中の御二方と遭遇)
4
再びyurukeiさんに先頭交代し、P1598手前付近で、、、

ココを左へ進み双門ルートへ(yu)
2016年08月13日 08:54撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びyurukeiさんに先頭交代し、P1598手前付近で、、、

ココを左へ進み双門ルートへ(yu)
3
のはずが、、、

道あれへんやん(yu)
2016年08月13日 08:59撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のはずが、、、

道あれへんやん(yu)
5
ルーファイしながら斜面を下りていくと、少し視界が開けた場所が。
対面する山を眺めるyurukeiさん、、、

嫁と子供は1週間おじいちゃんちへ行ってるのでさみしい〜(yu)
2016年08月13日 09:03撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルーファイしながら斜面を下りていくと、少し視界が開けた場所が。
対面する山を眺めるyurukeiさん、、、

嫁と子供は1週間おじいちゃんちへ行ってるのでさみしい〜(yu)
9
このまま道なしの斜面下りかと思てたら、、、

途中から古道みたいな踏み跡が出てくる(yu)
2016年08月13日 09:05撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま道なしの斜面下りかと思てたら、、、

途中から古道みたいな踏み跡が出てくる(yu)
4
あとはその踏み跡を辿って、、、

双門ルートに着地(yu)
2016年08月13日 09:11撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはその踏み跡を辿って、、、

双門ルートに着地(yu)
6
ちょうど下りた地点にトリカブトが咲いてました。
もうそんな時期なんですな。
2016年08月13日 09:15撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど下りた地点にトリカブトが咲いてました。
もうそんな時期なんですな。
12
大峯の澄んだ水にはオタマジャクシが良く似合う。
2016年08月13日 09:16撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峯の澄んだ水にはオタマジャクシが良く似合う。
5
下りた地点のそばにある標識。
黒ペンで「対岸に弥山・川合ルートへの抜け道アリ」て書いてありますが、その抜け道の取りつきが分かりにくい。

確かに双門ルートは一方通行だね。反対側が書いてない(yu)
2016年08月13日 09:17撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りた地点のそばにある標識。
黒ペンで「対岸に弥山・川合ルートへの抜け道アリ」て書いてありますが、その抜け道の取りつきが分かりにくい。

確かに双門ルートは一方通行だね。反対側が書いてない(yu)
4
双門の滝よりも少し上流部に着地してしまったので、、、

ザンギ平の手前まで逆行します(yu)
2016年08月13日 09:19撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双門の滝よりも少し上流部に着地してしまったので、、、

ザンギ平の手前まで逆行します(yu)
11
リスの齧り後かな?
2016年08月13日 09:30撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リスの齧り後かな?
4
「食うとこあったん?」ってぐらいの残骸。
2016年08月13日 09:30撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「食うとこあったん?」ってぐらいの残骸。
9
暑いのでちょくちょく休憩。
(弥山川着地点からココまでで2名、1名、1名さんと遭遇)
2016年08月13日 09:33撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑いのでちょくちょく休憩。
(弥山川着地点からココまでで2名、1名、1名さんと遭遇)
10
小休憩後、いよいよ双門の滝壺への取りつき探し。
2016年08月13日 09:50撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休憩後、いよいよ双門の滝壺への取りつき探し。
2
ココらへんやないか、もうちょい先やないか、なんて検討しながら行ったり来たりし、結局は最初にアタリをつけていた地点から取りつくことに。
2016年08月13日 10:06撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココらへんやないか、もうちょい先やないか、なんて検討しながら行ったり来たりし、結局は最初にアタリをつけていた地点から取りつくことに。
8
踏み跡判別不可の笹地帯を踏み進み、ザンキ平の橋下にあるガレ沢を目指し斜面をトラバースしていくと、、、
2016年08月13日 10:21撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡判別不可の笹地帯を踏み進み、ザンキ平の橋下にあるガレ沢を目指し斜面をトラバースしていくと、、、
5
ガレ沢そばで残置テープを発見。
なんとなく踏み跡も付いているので、ここからはテープを頼らせていただくことに。
2016年08月13日 10:25撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ沢そばで残置テープを発見。
なんとなく踏み跡も付いているので、ここからはテープを頼らせていただくことに。
6
途中2ヶ所ほど滑落厳重注意の箇所もありましたが、時間をかけてゆっくり確実に下っていくと、、、、
ついに見えてきました、滝壺が。
2016年08月13日 10:51撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中2ヶ所ほど滑落厳重注意の箇所もありましたが、時間をかけてゆっくり確実に下っていくと、、、、
ついに見えてきました、滝壺が。
11
先人たちの記録によると「滝壺への降下は2、3回懸垂下降する必要有」ということでしたが、ルート取りが良かったのか懸垂せんでも降りれそうな場所に出ました。
が、せっかく持ってきたんやしということで、、、
2016年08月13日 10:56撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先人たちの記録によると「滝壺への降下は2、3回懸垂下降する必要有」ということでしたが、ルート取りが良かったのか懸垂せんでも降りれそうな場所に出ました。
が、せっかく持ってきたんやしということで、、、
10
yurukeiさん⇒aptx4869さん⇒yakeikaryudoの順で降下開始。
ちなみにロープは30mでちょうどくらい。
2016年08月13日 11:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yurukeiさん⇒aptx4869さん⇒yakeikaryudoの順で降下開始。
ちなみにロープは30mでちょうどくらい。
10
前々回のレコでyakeikaryudoが懸垂下降の練習してたん、実はコレのためでした。
2016年08月13日 11:32撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前々回のレコでyakeikaryudoが懸垂下降の練習してたん、実はコレのためでした。
16
で、ついに到着です双門の滝壺。
左岸に仙人堯 ̄β上部は双門テラス、そしてそれら大岩壁に挟まれ流れ落ちる双門の滝。
壮観な景色を前に感慨も一入。
2016年08月13日 11:07撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、ついに到着です双門の滝壺。
左岸に仙人堯 ̄β上部は双門テラス、そしてそれら大岩壁に挟まれ流れ落ちる双門の滝。
壮観な景色を前に感慨も一入。
25
なんて滝壺の雰囲気を堪能していると、どっかから「お〜い」とか「ヤッホー」とかいう声が聞こえる。
たぶん双門テラスからやろうと、コチラも「おーい」「ヤッホー」と返すと言い返してくれたような声が、、、
こだまでしょうか?
いいえ、ひびきです(笑)
2016年08月13日 11:26撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんて滝壺の雰囲気を堪能していると、どっかから「お〜い」とか「ヤッホー」とかいう声が聞こえる。
たぶん双門テラスからやろうと、コチラも「おーい」「ヤッホー」と返すと言い返してくれたような声が、、、
こだまでしょうか?
いいえ、ひびきです(笑)
8
てな具合で、滝壺での貴重な時間を満喫。
2度と来ないかもしれないので、記念撮影も忘れずに。
はい、チ〜ズ。
2016年08月13日 11:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てな具合で、滝壺での貴重な時間を満喫。
2度と来ないかもしれないので、記念撮影も忘れずに。
はい、チ〜ズ。
27
もう1枚、patata〜、、、
「って、オマエ誰やねん?」
2016年08月13日 11:11撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1枚、patata〜、、、
「って、オマエ誰やねん?」
15
さらにもう1枚追加(yu)
2016年08月13日 11:36撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにもう1枚追加(yu)
14
大峰ブルーが綺麗だったので追加1(yu)
2016年08月13日 11:34撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰ブルーが綺麗だったので追加1(yu)
22
大峰ブルーが綺麗だったので追加2(yu)
2016年08月13日 11:39撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰ブルーが綺麗だったので追加2(yu)
14
大峰ブルーが綺麗だったので追加3(yu)
2016年08月13日 11:34撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰ブルーが綺麗だったので追加3(yu)
10
「ワタシだ」
「お前だったのか」
「上半身裸じゃないのは、肌が白過ぎて岩と同化してしまうからだ」
「写真写りまで気にしていたとは、、、全く気付かなかったぞ」
2016年08月13日 11:59撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ワタシだ」
「お前だったのか」
「上半身裸じゃないのは、肌が白過ぎて岩と同化してしまうからだ」
「写真写りまで気にしていたとは、、、全く気付かなかったぞ」
11
「ヒマを持て余した、、、」
2016年08月13日 11:59撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ヒマを持て余した、、、」
11
「すくり〜むサンの、、、」
2016年08月13日 11:59撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「すくり〜むサンの、、、」
14
「てへぺろ (。・ ω<)ゞ」
2016年08月13日 11:59撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「てへぺろ (。・ ω<)ゞ」
11
「いや〜、コレはイイ滝壺だ。今まで飛び込んだ中でも1番ですな。」
と感想を述べ、すくり〜むサンは姿を消しました。
じゃ、帰るとしますか。
帰りはロープは使わず、懸垂下降した場所の左手の岩場を登って(下りる時もそこからなら懸垂せずに下りれそう)、、、
2016年08月13日 11:45撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「いや〜、コレはイイ滝壺だ。今まで飛び込んだ中でも1番ですな。」
と感想を述べ、すくり〜むサンは姿を消しました。
じゃ、帰るとしますか。
帰りはロープは使わず、懸垂下降した場所の左手の岩場を登って(下りる時もそこからなら懸垂せずに下りれそう)、、、
10
下りと同じ道を出来るだけ辿り、時に危険な斜面をトラバースしつつ、、、
2016年08月13日 11:55撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りと同じ道を出来るだけ辿り、時に危険な斜面をトラバースしつつ、、、
6
やっぱり少し道はずれたものの、尾根に取りつき、、、
2016年08月13日 12:07撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり少し道はずれたものの、尾根に取りつき、、、
3
笹原から見覚えのある景色の場所、取りつきへと生還。
2016年08月13日 12:22撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原から見覚えのある景色の場所、取りつきへと生還。
4
今回の山行における目的を果たしホッとしたのも束の間、aptx4869さんがスマートフォンを落としたとのこと。
諦め加減のaptx4869さん、緊張の連続だった滝壺下降をリードしてくれはったyurukeiさんに、一番体力に余裕あるyakeikaryudoが10分だけ戻って探すことを提案。
2016年08月13日 12:23撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の山行における目的を果たしホッとしたのも束の間、aptx4869さんがスマートフォンを落としたとのこと。
諦め加減のaptx4869さん、緊張の連続だった滝壺下降をリードしてくれはったyurukeiさんに、一番体力に余裕あるyakeikaryudoが10分だけ戻って探すことを提案。
7
で颯爽と探しにいくと、取りつきすぐの笹原で即発見。
2016年08月13日 12:30撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で颯爽と探しにいくと、取りつきすぐの笹原で即発見。
8
ドヤ顔(演技)で戻ってくるオッサン。
「何か失くしたり落としたら、取りあえず10分探す」というyakeikaryudoのマイルールが役立ちました。
2016年08月13日 12:58撮影 by NEX-5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドヤ顔(演技)で戻ってくるオッサン。
「何か失くしたり落としたら、取りあえず10分探す」というyakeikaryudoのマイルールが役立ちました。
11
これで後顧の憂いナシ。
帰りはザンキ平の肩まで登って、、、
2016年08月13日 12:39撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで後顧の憂いナシ。
帰りはザンキ平の肩まで登って、、、
4
涼しげな風に吹かれ、休憩してから、、、
2016年08月13日 13:06撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼しげな風に吹かれ、休憩してから、、、
7
岩の双門上部にあるトラバース道を辿ってトサカ尾根方面へ。
2016年08月13日 13:18撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の双門上部にあるトラバース道を辿ってトサカ尾根方面へ。
2
序盤は少し踏み跡分かりづらいですが、途中からは踏み跡判別可能な道が続き、、、
2016年08月13日 13:30撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤は少し踏み跡分かりづらいですが、途中からは踏み跡判別可能な道が続き、、、
4
30分ほどでトサカ尾根に合流。
2016年08月13日 13:47撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほどでトサカ尾根に合流。
4
あとはメタボ検診を受診し、、、
2016年08月13日 14:25撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはメタボ検診を受診し、、、
6
降りて〜、、、
2016年08月13日 14:27撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りて〜、、、
2
登って〜、、、
2016年08月13日 14:29撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って〜、、、
4
トサカ尾山には向かわず、途中でターンライト。
川迫ダム方面への古道?作業道?へ。
2016年08月13日 14:45撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トサカ尾山には向かわず、途中でターンライト。
川迫ダム方面への古道?作業道?へ。
6
これがホントのドロガワ温泉。
2016年08月13日 14:47撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがホントのドロガワ温泉。
5
最初の方はしっかりとした道なんですが、、、
2016年08月13日 14:47撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の方はしっかりとした道なんですが、、、
1
途中で轍が途切れたり、また現れたりする道でした。
2016年08月13日 14:51撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で轍が途切れたり、また現れたりする道でした。
1
けども道の下に石組があったんで、きっと歴史ある道なのでしょう、、、たぶん、めいびー。
2016年08月13日 14:58撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けども道の下に石組があったんで、きっと歴史ある道なのでしょう、、、たぶん、めいびー。
5
てな感じに植林帯を下っていくと、ダムの施設が見えてきました。
2016年08月13日 15:00撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てな感じに植林帯を下っていくと、ダムの施設が見えてきました。
4
あとは長い階段を下っていけば、、、
2016年08月13日 15:02撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは長い階段を下っていけば、、、
1
川迫ダムに到着。
2016年08月13日 15:06撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川迫ダムに到着。
5
「お疲れ様でした〜」
と、3人揃っておにぎりタイム。
2016年08月13日 15:08撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「お疲れ様でした〜」
と、3人揃っておにぎりタイム。
7
あとはダム湖の水深浅い箇所を見繕って、、、
え〜、訂正します。
ダム湖を腰上まで浸かって横断し、車デポ地点に戻り終了。
2016年08月13日 15:22撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはダム湖の水深浅い箇所を見繕って、、、
え〜、訂正します。
ダム湖を腰上まで浸かって横断し、車デポ地点に戻り終了。
7
帰りは天ノ川温泉にでも、、、
と思たら、まさかの入湯30分待ち。
yakeikaryudoはコノ後夜勤があるので、aptx4869さんと共に温泉には浸からず吉野&天川のバーベキュー渋滞の中を帰宅。
yurukeiさんは温泉&メシの後、さらに渋滞した中を帰ったそうな。
最後の最後までお疲れさまでした〜。
2016年08月13日 16:25撮影 by SP-720UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは天ノ川温泉にでも、、、
と思たら、まさかの入湯30分待ち。
yakeikaryudoはコノ後夜勤があるので、aptx4869さんと共に温泉には浸からず吉野&天川のバーベキュー渋滞の中を帰宅。
yurukeiさんは温泉&メシの後、さらに渋滞した中を帰ったそうな。
最後の最後までお疲れさまでした〜。
8

感想/記録

皆さん、お疲れ様でした。

滝壺まではルーファイがややこしく、yurukeiさんがリードとってくれてなかったら行けてなかったと思います。ありがとうございます。
実際に降りてみると本当に足を踏み入れることのできない
まさに聖域にたどり着いた感じで、大峰の神になった気分でした。
熊出没やらあって、ここまで色々ありましたが、
やっとこの聖域!?w双門の滝壺へ行くことができてよかったです。

しかし、携帯を二度も落としてしまうという・・・
yurukeiさんに拾ってもらい、そして二回目は笹原の中に落としてしまい、
あの広い笹原の中で落とした携帯を見つけるのはほぼ困難だと思っていたんですが、
ルートにでる直前くらいに落としてしまったようで、yakeikaryudoさんが見つけてくれました。本当にありがとうございます。
今回は携帯に関してはお二人には感謝感謝x999・・・で何かおごらねば!?w
それに、もう家にあるコンデジ壊れてるし新しいコンデジ買わないと^^;

最近は大峰いっても午前中で帰るみたいなことが多かったのですが、
この日は一日中楽しめました。
お二人ともありがとうございました。
また来週は例の場所楽しみにしています。

私個人の記事はこちらです:
http://yamanobori.info/ryoblog/100100/

感想/記録

双門の滝壺に珍しいポ〇モンが出ると聞きまして、「それなら行かないわけにはイカンやないですか」と事前に懸垂下降の練習までし、行ってきました秘境探訪。
まぁ、ポケ〇ンGOどころかスマートフォンすら持ってませんがね。
携帯電話さえ年中家に置きっぱなしですがね。

冗談はさておき、アクセス困難で有名な双門の滝壺への今回の山行。
滝や難路には興味薄なワタクシではございますが、参加した理由、いや、目的はただ一点、、、滝壺へのダイブであります。
大峯の、それもアノ双門の、絶壁に囲まれ来るものを寄せ付けない場所にある青く美しく輝く滝壺。
そんなの、飛び込みたくなるに決まってるやないですか。
水は冷たくも温くもなく適温。
十分過ぎるほど余裕のある深さ、そして理想的な場所にある飛び込み台。
イイものです、アレはイイものです。
次行く機会があるかは分かりませんが、アレはイイものです。

久々の、しかも真夏の本格山行で少し疲労感(前夜の独りカラオケ&麦酒3缶のせいで珍しく不調やったんで)はありましたが、最高の飛び込み台と出会った1日。
帰宅後、夜勤出るのが今までで一番嫌な1日でした(笑)
誘ってくれたaptx4869さん、一番危険な区間をリードしてくれはったyurukeiさんに感謝感謝です。
来週末は夏恒例のアノ場所で楽しみましょう。

感想/記録

aptx4869さん・ yakeikaryudoさん。
本当にこの夏1番のいい思い出になりました!
お付き合いありがとうございました。
あまりの暑さで途中で早いからといってカナビキルートをチョイス
したのは間違いか!?双門ルートの方がヨカッタかもと思いましたが
双門へ下るルートも歩けて結果的にはOKかな。

それにしてもyakeikaryudoさんの健脚には正直ビビりましたよ。
何度かご一緒してある程度はわかってたけどココまで違うとは(汗)
やっぱアレでしょうかね?エアコンつけずに寝るとこんなけ健脚に
なれるんかな〜 今日からエアコンつけずに寝るぞww 関係ないって!?

aptx4869さんも登りで暑さにバテ気味だったのでその後が少し
気になりましたが滝壺への降下中の難所は怯むことなく・・・
さすがはバリ好きですね(^_-)
滝壺降下は難ルートでしたがこのメンバーでしたので終始安心でした。

次回の沢はゆるーい水遊び系になるけどまたまたよろしくです。
沢登りというより泳ぎに行きましょう!! 

お二人さん。 お疲れさまでした♪



訪問者数:482人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/25
投稿数: 1629
2016/8/15 15:26
 こんにちは 皆さん
目的達成されて良かったですね おめでとう

クマにも会わず、携帯も無事に戻るとは ラッキーさを少し分けていただこうかな

私には無理な行程ですができるなら一度は行ってみたいところです
登録日: 2010/4/6
投稿数: 734
2016/8/15 16:45
 Re: こんにちは 皆さん
olddreamer さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。
無事目的達成できました。
今回は熊にも出会わず、私の携帯も無事で本当にラッキーでした。
このラッキーさを少し持って行ってくださいw
登録日: 2015/3/5
投稿数: 91
2016/8/15 22:33
 Re: こんにちは 皆さん
olddreamerさん。

ありがとうございます

クマに出会うことなく携帯2回も落としながら無事に戻り
途中敗退することなく目的達成できたことはラッキーでした

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ