ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939959 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山テント泊御前峰

日程 2016年08月12日(金) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー SIROMETAL
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間0分
休憩
30分
合計
4時間30分
S別当出合07:2008:00中飯場08:1010:10甚之助避難小屋10:2011:00南竜分岐11:1011:50南竜ヶ馬場野営場
2日目
山行
6時間10分
休憩
3時間0分
合計
9時間10分
南竜ヶ馬場野営場05:2005:20南竜道・エコーライン分岐05:4007:00白山室堂07:1008:00白山08:5009:30白山室堂09:4010:50南竜ヶ馬場野営場11:5012:20南竜分岐12:3013:50中飯場14:0014:20別当出合14:3014:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ ポール テント テントマット シェラフ

写真

午前2時着。車中泊6時起き。
市ノ瀬駐車場は満車です。
2016年08月12日 06:54撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前2時着。車中泊6時起き。
市ノ瀬駐車場は満車です。
1
7:15別当出合着
2016年08月12日 07:15撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:15別当出合着
1
ここからスタート
2016年08月12日 07:23撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからスタート
天気も良く景色も最高だがザックが重くヒーヒー状態。
超スローペース。
2016年08月12日 08:47撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も良く景色も最高だがザックが重くヒーヒー状態。
超スローペース。
1
甚之助小屋はすごい人。雲が出てきた。
2016年08月12日 10:23撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甚之助小屋はすごい人。雲が出てきた。
南竜分岐から砂防新道を見下ろす。
2016年08月12日 11:04撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南竜分岐から砂防新道を見下ろす。
南竜ケ馬場が見えてきた。
2016年08月12日 11:17撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南竜ケ馬場が見えてきた。
1
エコーラインとトンビ岩コースの間の万才谷。
2016年08月12日 11:23撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エコーラインとトンビ岩コースの間の万才谷。
2
野営場、ガスってきた。
2016年08月12日 11:44撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野営場、ガスってきた。
新しいテント、無事設営完了。
2016年08月12日 12:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しいテント、無事設営完了。
2
前日(山の日)よりは空いているそうです。
山荘までビールを買いに行きペペロンチーノとお餅で昼食。
昼寝して夕食はマルタイラーメンと五目御飯。
まだ明るい19時には就寝。
2016年08月12日 18:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日(山の日)よりは空いているそうです。
山荘までビールを買いに行きペペロンチーノとお餅で昼食。
昼寝して夕食はマルタイラーメンと五目御飯。
まだ明るい19時には就寝。
朝4時起床。5時スタート。
テントとシュラフとマットだけ置いていく。これだけで相当軽く感じる。
野営場から南竜山荘
2016年08月13日 05:25撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝4時起床。5時スタート。
テントとシュラフとマットだけ置いていく。これだけで相当軽く感じる。
野営場から南竜山荘
エコーラインへ向かう途中で朝日が差してきた。
2016年08月13日 05:32撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エコーラインへ向かう途中で朝日が差してきた。
エコーラインから別山。
2016年08月13日 05:53撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エコーラインから別山。
頂上も見えてきた。
2016年08月13日 06:15撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上も見えてきた。
1
弥陀ヶ原。
2016年08月13日 06:34撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原。
1
白山比弯声辧改修中。
2016年08月13日 07:18撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山比弯声辧改修中。
頂上から室堂と別山を見下ろす。
2016年08月13日 08:03撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から室堂と別山を見下ろす。
1
頂上パノラマ
2016年08月13日 08:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上パノラマ
1
記念写真。
2016年08月13日 08:13撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真。
1
定番の風景。
2016年08月13日 08:20撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番の風景。
1
ビジターセンターで給水とトイレ
2016年08月13日 09:45撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビジターセンターで給水とトイレ
東側が雲せまってたので下山もエコーライン。眼下に南竜ケ馬場。
2016年08月13日 10:11撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側が雲せまってたので下山もエコーライン。眼下に南竜ケ馬場。
1
テント回収。重くなったザックで下山。登りの時程には苦にならなかった。
2016年08月13日 10:58撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント回収。重くなったザックで下山。登りの時程には苦にならなかった。

感想/記録

コース日程は余裕があったんですが、テント泊の荷物はやはり重い。1日目の登りは4時間ちょっと標高差700m程ですがもう首が限界の感じです。ザックの担ぎ方の腰に乗せる感じがうまくいきません。首と肩が辛い。とても頂上まではもたない感じです。2日目はテント、マット、シュラフだけ残して山頂に向かったのですが、これなら許容範囲です。ただ、山頂に50分ほど滞在してたら多少頭痛が。高山病の兆しかな。テント回収してからの下山は登りほどの辛さは無くそこそこのペースで下れました。
今回は天候にも恵まれて素晴らしい景色も見れましたが、花盛りの7月、快晴の晩夏、紅葉の秋、残雪の春と何度でも来たくなる山です。(冬は無理)
訪問者数:185人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ