ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940246 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日高山脈

新冠から幌尻岳(日帰り)

日程 2016年08月13日(土) [日帰り]
メンバー nnda
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間15分
休憩
1時間32分
合計
14時間47分
Sイドンナップ山荘05:2505:31奥新冠発電所ゲート06:09いこい橋ゲート06:1109:05岩清水09:0809:08奥新冠ダム09:41新冠ポロシリ山荘10:0010:36幌尻沢徒渉点10:3811:37見晴台11:50中間点11:5112:22水場12:3012:49お花畑12:5413:23大岩13:32振内・新冠コース分岐13:3413:38幌尻岳14:0714:12振内・新冠コース分岐14:1414:17大岩14:2014:39お花畑14:4714:54水場14:5615:14中間点15:1615:21見晴台15:51幌尻沢徒渉点15:5416:18新冠ポロシリ山荘16:54奥新冠ダム19:26いこい橋ゲート19:2720:06奥新冠発電所ゲート20:12イドンナップ山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

ここまでは本当に長く感じました。そよ風と水に癒されます。少しテンションが上昇します。
2016年08月13日 12:28撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは本当に長く感じました。そよ風と水に癒されます。少しテンションが上昇します。
大きな角度で上を見上げると天に突き抜けるような急登が続いている様に思えました。
2016年08月13日 12:43撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな角度で上を見上げると天に突き抜けるような急登が続いている様に思えました。
1
この大岩から稜線かなと思ったらまだ先があったのでした。
2016年08月13日 13:21撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大岩から稜線かなと思ったらまだ先があったのでした。
1
去年登った戸蔦別方面、見たかった˜。
2016年08月13日 14:07撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年登った戸蔦別方面、見たかった˜。
吸い込まれそうな急斜面に思いました。
2016年08月13日 14:13撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吸い込まれそうな急斜面に思いました。
もう秋ですか_;
2016年08月13日 15:27撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう秋ですか_;
1
ここからも長かったです。
2016年08月13日 19:27撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからも長かったです。

感想/記録
by nnda

戸蔦別岳や十勝幌尻岳から眺めるたびに行かなければ!と思っておりましたがようやく実現しました。諸事情により出発が遅れおまけに最大の大失態、別のことに気をとられ地図を忘れてしまいましたので2つある北電ゲートのどちらに進むかわからず少々進むも1度駐車場に戻り諦めるのも悔しいので他力本願を考えます。幸いにして後から登る方がおりましたので山荘までご一緒させていただきました。ありがとうございました。山荘を過ぎしばらく川沿いの巻道の後、急登が始まります。今までに体験したことのない連続、飲料の消費も小休止も増え標準タイムと云われる4時間で行けるのかな?と思いながら青息吐息で進むとどうにかそれを切る時間でたどり着けました。分かりやすいように登山道を整えて下さった山岳会の方々に感謝です。
 水場になると涼しい風に癒されます。山肌の雰囲気も大きく変わり始めテンションが上がりますが大きく上を見上げる勾配、遠くに見える稜線に圧倒されます。残念ながら稜線が近づくにつれガスがかかってきて戸蔦別方面の眺めは望めませんでしたが外から眺めていた山、そのものに辿り着くことが出来て満足です。日帰りなので頂上にいる時間もそこそこにして下山を始めます。下を見ると吸い込まれそうになるほど急な勾配、肺活量はさほどいりませんが今度は慎重に制動しながらの下山。19時前には日が暮れヘッドライトを頼りに林道を進みます。登山道でなくて林道で良かった_とつくづく思います。いこい橋ゲートに辿り着きホッとしますが、そこからがまた長く感じました。
 飲料は缶も含めて3.2リットル持って行きましたが500cc位足りませんでした。浄水器のある方は水場がありますので用意した方がいいと思います。
訪問者数:587人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 林道 水場 テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ