ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 949856 全員に公開 沢登り増毛・樺戸

暑寒別岳(暑寒別川本流)

日程 2016年08月27日(土) 〜 2016年08月28日(日)
メンバー pakuminSTH
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8/27(土)
13:25 暑寒荘
13:55 林道入口
16:00 Co320ら辺

8/28(日)
05:20 Co320ら辺
07:40 Co580快適テン場
13:20 暑寒別岳
16:00 暑寒荘
その他周辺情報下山後の食事は下りてすぐのセイコマ。
このセイコマの設備は北海道最強だと思う。
温泉は岩尾温泉。水風呂サウナは無い。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

酒満載でウキウキ気分の人
2016年08月27日 13:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酒満載でウキウキ気分の人
5
草木はくたびれてすっかり秋の空気
2016年08月27日 14:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草木はくたびれてすっかり秋の空気
本流はさすがに広い. 渡渉にエネルギーを使う
2016年08月27日 15:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流はさすがに広い. 渡渉にエネルギーを使う
2
上手に立ったが結局中で寝なかった. ファイントラックの宣伝みたいな一枚.
2016年08月27日 16:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上手に立ったが結局中で寝なかった. ファイントラックの宣伝みたいな一枚.
7
満点の星空と焚き火とコオロギの声
2016年08月27日 18:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満点の星空と焚き火とコオロギの声
8
2日目. 朝ゴルジュ. 即捲き.
2016年08月28日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目. 朝ゴルジュ. 即捲き.
8
岩のから一株だけ力強く咲いていた.
名前わからず.
2016年08月28日 06:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩のから一株だけ力強く咲いていた.
名前わからず.
1
眩しくて水の中が見えない. 西面沢はサングラスを持ってくるべきかも.
2016年08月28日 06:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眩しくて水の中が見えない. 西面沢はサングラスを持ってくるべきかも.
2~3時間近く河原歩きだが、水も岩も綺麗で退屈しない
2016年08月28日 06:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2~3時間近く河原歩きだが、水も岩も綺麗で退屈しない
1
ヌメりゼロで超快適
2016年08月28日 07:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌメりゼロで超快適
5
かなりの存在感、727岩山
2016年08月28日 07:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの存在感、727岩山
1
油断していると急に足のつかない深さになる
2016年08月28日 07:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油断していると急に足のつかない深さになる
5
Co580二股. ここが一番快適そうだった
2016年08月28日 07:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co580二股. ここが一番快適そうだった
1
ナイス柱状節理
2016年08月28日 07:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイス柱状節理
5
水線が切れるあたりから滝が出てくる
2016年08月28日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水線が切れるあたりから滝が出てくる
1
岩盤の色もよく変わる
2016年08月28日 09:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩盤の色もよく変わる
1
ゴルジュ2回目. 右側は足が着く
2016年08月28日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ2回目. 右側は足が着く
3
山頂を捉えた. 遠いな
2016年08月28日 09:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を捉えた. 遠いな
2
良いボルダーだった
2016年08月28日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良いボルダーだった
3
これは面白い登りだった. 右岸から容易に撒ける. しかしこの滝はホンジャマ平に続く沢筋だったので登った後引き返す.
2016年08月28日 10:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは面白い登りだった. 右岸から容易に撒ける. しかしこの滝はホンジャマ平に続く沢筋だったので登った後引き返す.
2
汗だらだらで詰めてゆく
2016年08月28日 10:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汗だらだらで詰めてゆく
1
だんだん痺れる水温になってきたが気合入れて浴びる
2016年08月28日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん痺れる水温になってきたが気合入れて浴びる
6
癒しのツルツル滝
2016年08月28日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しのツルツル滝
1
1200二股は左の方が水量多いが右が正解. 僕らは左へ行って1時間近く激藪と戦うことになった. 本当にありがとうございました.
2016年08月28日 11:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1200二股は左の方が水量多いが右が正解. 僕らは左へ行って1時間近く激藪と戦うことになった. 本当にありがとうございました.
4
頂上直下は壁だった
2016年08月28日 13:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下は壁だった
6
あと10mガンバ. 後方に浜益、雄冬、天狗岳.
2016年08月28日 13:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと10mガンバ. 後方に浜益、雄冬、天狗岳.
5
ホワイトアウトじゃない暑寒山頂って本当に久々. 日本海が見える. 嬉しい…
2016年08月28日 13:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホワイトアウトじゃない暑寒山頂って本当に久々. 日本海が見える. 嬉しい…
12
未踏の奥徳富と先日登った群別岳. 冬に遊びに行きたい
2016年08月28日 13:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未踏の奥徳富と先日登った群別岳. 冬に遊びに行きたい
5
こちらも未踏の西暑寒
2016年08月28日 13:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも未踏の西暑寒
6
さらばじゃ暑寒. 次は板履いてこよう。
2016年08月28日 14:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらばじゃ暑寒. 次は板履いてこよう。
3
海を眺めながらのんびり夏道下山. 他の登山者は既に下山済みで静かだった.
2016年08月28日 14:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海を眺めながらのんびり夏道下山. 他の登山者は既に下山済みで静かだった.
3
ウォーターテニー大破. 軽い、水抜け良い、鬼グリップと申し分無いが耐久性に難がある. 耐久性は重量とトレードオフなので仕方ないといえば仕方ない.
2016年08月28日 16:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウォーターテニー大破. 軽い、水抜け良い、鬼グリップと申し分無いが耐久性に難がある. 耐久性は重量とトレードオフなので仕方ないといえば仕方ない.
6

感想/記録

札幌を出発し231号をのんびり流す。こんなに透き通った青空は久々に見た。
ウキウキ海岸ドライブを楽しみ暑寒荘へ到着。
たくさんの高校生が明日の大会に備えて準備をしていた。楽しそうだ。
チャチャっと準備をして出発。僕はあまり荷物の量は変わらなかったが
タカは「家出かよ」ってくらい荷物を背負っていて笑った。
飲酒に命を懸けている男は違うな。
林道へ向かって道路を下りていると暑寒荘管理人に話しかけられる。
いつも変な山をやったあとに会うもんだから覚えていてくれたらしい。行ってきます。
正午過ぎでえらい暑い。林道を歩いてようやく入渓した時点で既にお疲れモード。
早々に今日の幕営地を決めた。本日の行動時間2時間半。
モタモタしていると暗くなりそうなのでせっせとツェルトを立てて薪を集める。
頑張って設営したが焚き火の近くが快適過ぎて一晩中焚き火の近くに居た。
念願の「焚き火の近くで満点の星空を見ながらゴロ寝」が叶ってよかった。

翌日はのんびり支度をして遅めの出発。河原歩きがとにかく長いが、
水と岩がとても綺麗で退屈しなかった。天気も良くてもう最高。
ぽつぽつ現れる枝沢の滝のスケールが大きくて気になる。
間違えてホンジャマ平の方へ進んだり
詰めを間違えて藪に飲み込まれたりしたが無事山頂に到着。
今日の入山者は全員下山したようで静かな山頂だった。

大変良い沢だった。毎年来ても良い。
軽装であれば余裕を持って日帰り可能だが次も泊まりで来たい。
もう少し早く出てCo580二股まで頑張ろう。
8時に暑寒荘を出て6時間歩けば14時に着く。

感想/記録
by STH

久しぶりの山泊で,しかも初めての河原泊で,正直何を持っていけばいいのか分からなかった。
しかも,普段沢で使っているザックは26Lで,それよりでかいのとなると70Lしか持っていない。
ザックのスペースには余裕がありまくるから,手当たり次第道具を詰めた。
それでもザックにはまだまだ余裕があった。
足りない物はなんだろう?
足りない頭で考えた。
気が付くと,僕のザックはアルコールという名の「夢」とツマミという名の「希望」でパンパンになっていた。

今回初めて必要以上にでかいザックを背負って沢を歩いてみたけど,マジで辛かった。
次回からは手当たり次第ではなく,要るもの要らない物の区別をきちんとして荷物の軽量化に努めたい。
まずはザックからだろうか・・・。

初めて焚火の横でゴロ寝をしてみた。
すごくよかった。
「寝る→目が覚める→焚火を調整する→流れ星を数える→寝る」のサイクルを繰り返しているうちに夜が明けた。
ぱくは爆睡してるし,僕1人だけのロマンあふれる素敵な夜だった。

暑寒別川は滝はほとんどないけど,とても美しい沢だった。
水もきれいで,飲んでみたらおいしかった。
また星を見に来るのも悪くない。
訪問者数:455人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ