ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 950302 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

【百名山紀行】二度目の仙丈ヶ岳。雷鳥に遭遇。

日程 2016年08月28日(日) [日帰り]
メンバー machida-kuma, その他メンバー2人
天候晴れのち曇り。下山時は、晴れていました。
アクセス
利用交通機関
電車バス
■往路:甲府駅(12:00-13:53/\1950)広河原(15:00-15:25/\750)北沢峠
   ===大平山荘に前泊===
■復路:北沢峠(13:30-13:55/\750)広河原(乗り合いタクシー/\1200)芦安(16:10-17:05/\1090)甲府駅
   ==芦安で汗を流してから甲府に出ます==

◇山梨交通:http://yamanashikotsu.co.jp/
◇南アルプス登山バス
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/kanko/yama/my-car_bus_taxi.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
1時間13分
合計
7時間48分
S大平山荘05:0006:00薮沢大滝06:0806:35藪沢の途中06:4007:33馬の背ヒュッテ07:4708:40仙丈小屋09:1009:38仙丈ヶ岳09:4410:20小仙丈ヶ岳10:2511:15薮沢大滝ノ頭11:2012:48北沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■距離:8.27km
■累積標高差:+1160m/-1062m
■コースタイム:6時間50分
■行動時間:7時間48分<1.14>
コース状況/
危険箇所等
■大平山荘から仙丈ケ岳山頂
 最初は樹林帯を歩きますが、途中からは藪沢沿いの道を歩きます。途中道が崩れている箇所もありますが、問題なく歩けます。
■仙丈ケ岳‐小仙丈ケ岳‐北沢峠
 岩場も少しありますが三点確保さえ守れば問題なく歩けます。小仙丈ケ岳からの下りは、道が掘れている箇所が連続しますので歩き難くなっています。
その他周辺情報◇大平山荘(おおだいらさんそう):¥8500
http://ohdaira.sakura.ne.jp/ tel:090-5810-2314
◇南アルプス温泉ロッジ・白峰会館\700
http://yamanashikotsu.co.jp/onsen-lodge/pg134.html
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

前泊した大平山荘。北沢峠から少し下ったところにあります。
2016年08月27日 15:31撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊した大平山荘。北沢峠から少し下ったところにあります。
中は昔ながらの山小屋の風情です。今回は、このスペースにわずか9名でした。
2016年08月27日 15:46撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中は昔ながらの山小屋の風情です。今回は、このスペースにわずか9名でした。
2
夕食は美味しくいただきました。
2016年08月27日 16:36撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は美味しくいただきました。
4
4時に起きて5時に出発します。朝ご飯はおにぎりにしてもらいました。
2016年08月28日 04:59撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時に起きて5時に出発します。朝ご飯はおにぎりにしてもらいました。
始めは樹林帯を登っていきます。
2016年08月28日 05:07撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めは樹林帯を登っていきます。
途中で鋸岳が見えてきました。
2016年08月28日 05:25撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で鋸岳が見えてきました。
間もなく沢が見えてきましたが、沢に向かって下っていきます。
2016年08月28日 06:14撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく沢が見えてきましたが、沢に向かって下っていきます。
トリカブトですが、なにトリカブトかな?
2016年08月28日 06:20撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトですが、なにトリカブトかな?
2
沢沿いに登っていきますがさほど大きな沢でなくて安心です。
2016年08月28日 06:21撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに登っていきますがさほど大きな沢でなくて安心です。
1
沢の右側には滝のようになっているところがいくつかあります。
2016年08月28日 06:28撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の右側には滝のようになっているところがいくつかあります。
2
登山道が崩れている箇所もありますが、問題なく通行できます。
2016年08月28日 06:39撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が崩れている箇所もありますが、問題なく通行できます。
昨夜の雨で水量が多いようです。
2016年08月28日 06:41撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜の雨で水量が多いようです。
1
ナナカマドも色を付けていました。
2016年08月28日 07:13撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドも色を付けていました。
3
藪沢大滝の頭への分岐です。
2016年08月28日 07:18撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪沢大滝の頭への分岐です。
馬の背ヒッティに着きました。昨夜は50名の宿泊客とのことです。雨で雨宿りした人もいるのでしょう。
2016年08月28日 07:33撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背ヒッティに着きました。昨夜は50名の宿泊客とのことです。雨で雨宿りした人もいるのでしょう。
1
馬の背ヒッティから一登りすると丹渓新道と合わせます。このルートも一度歩いてみたいです。
2016年08月28日 07:57撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背ヒッティから一登りすると丹渓新道と合わせます。このルートも一度歩いてみたいです。
仙丈ケ岳とカールが見えてきました。
2016年08月28日 08:11撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳とカールが見えてきました。
5
仙丈小屋も見えるようになりました。ここまで来れば山頂はもう少しです。
2016年08月28日 08:12撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈小屋も見えるようになりました。ここまで来れば山頂はもう少しです。
振り返ると丹渓新道がクッキリと見えています。その左手には、槍の穂先も見えていました。
2016年08月28日 08:28撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると丹渓新道がクッキリと見えています。その左手には、槍の穂先も見えていました。
2
仙丈小屋の直前です。
2016年08月28日 08:36撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈小屋の直前です。
1
今年は雨が少なく水も枯れているようですが、昨夜の雨で少し息をついたようです。
2016年08月28日 08:38撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は雨が少なく水も枯れているようですが、昨夜の雨で少し息をついたようです。
1
かすかに北アルプスが見えています。
2016年08月28日 09:05撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かすかに北アルプスが見えています。
仙丈小屋で暫し休んで山頂を目指します。ここからは小仙丈ケ岳に向かうルートも分岐しています。
2016年08月28日 09:09撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈小屋で暫し休んで山頂を目指します。ここからは小仙丈ケ岳に向かうルートも分岐しています。
あっという間に置いてきぼりになります。
2016年08月28日 09:10撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に置いてきぼりになります。
仙丈小屋が小さくなってきました。
2016年08月28日 09:20撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈小屋が小さくなってきました。
残念ながらガスが上がって来ました。この先は、ガスの中を歩きます。
2016年08月28日 09:22撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながらガスが上がって来ました。この先は、ガスの中を歩きます。
トウヤクリンドウ。3000m付近に咲いています。
2016年08月28日 09:36撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ。3000m付近に咲いています。
2
無事山頂に着きました!先ずは記念撮影です。若い女性二人との記念撮影は、貴重な写真となりそうです。
2016年08月28日 09:40撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事山頂に着きました!先ずは記念撮影です。若い女性二人との記念撮影は、貴重な写真となりそうです。
9
恒例の三角点。
2016年08月28日 09:43撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恒例の三角点。
4
ガスも晴れそうもないので下山を開始します。下りは小仙丈ケ岳を経由して下ります。
2016年08月28日 09:44撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスも晴れそうもないので下山を開始します。下りは小仙丈ケ岳を経由して下ります。
仙丈カールの向こうには丹渓新道の尾根が見えています。
2016年08月28日 09:45撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈カールの向こうには丹渓新道の尾根が見えています。
2
小仙丈ケ岳までは、気持ちの良い稜線歩きになります。
2016年08月28日 09:49撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳までは、気持ちの良い稜線歩きになります。
仙丈ケ岳山頂も遠くなりました。
2016年08月28日 09:49撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳山頂も遠くなりました。
下りもあっという間に離されます。
2016年08月28日 10:01撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りもあっという間に離されます。
ライチョウの親子ずれと対面!
2016年08月28日 10:03撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウの親子ずれと対面!
2
小仙丈ケ岳への登りですが、岩場が出てきます。
2016年08月28日 10:20撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳への登りですが、岩場が出てきます。
樹林帯に出てきましたが、ここからは疲れが一気に出てきます。
2016年08月28日 10:55撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に出てきましたが、ここからは疲れが一気に出てきます。
六合目の標識がありましたが、前回(4年前)はなかったような気がします。
2016年08月28日 10:56撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目の標識がありましたが、前回(4年前)はなかったような気がします。
馬の背からの道を合わせます。ここから北沢峠までは、本当に長く感じます。
2016年08月28日 11:15撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背からの道を合わせます。ここから北沢峠までは、本当に長く感じます。
2
四合目通過!
2016年08月28日 11:35撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目通過!
三合目通過!
2016年08月28日 11:48撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目通過!
右からでも北沢峠に出れますが、ここは左を進みます。
2016年08月28日 12:08撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右からでも北沢峠に出れますが、ここは左を進みます。
苔むした樹林帯を進みます。
2016年08月28日 12:12撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした樹林帯を進みます。
2
一合目通過!峠まではもう少しです。
2016年08月28日 12:27撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一合目通過!峠まではもう少しです。
無事下山!バスの時刻に間に合ってほっとしました。今回もお疲れ様でした。
2016年08月28日 12:48撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山!バスの時刻に間に合ってほっとしました。今回もお疲れ様でした。
2

感想/記録

<脊柱管狭窄症の手術後:5ヶ月+18日>

北沢峠の大平山荘に前泊して翌日日帰りで歩いて来ました。天気予報では、28日の明け方まで雨模様で、早朝からは曇りとの予想でしたので、取りあえず27日に小屋に入りました。小屋は、予約のキャンセルが沢山あり、我々三人を含めて9名の宿泊でしたので、ゆったりとしたスペースに寝ることが出来ましたが、夜半の雨が気になってなかなか寝付けませんでした。

仙丈ケ岳は今回で二度目ですが、前回はガスで何も見えませんでしたので、今回は展望を期待しましたが、残念ながら北岳や間ノ岳の姿は見えませんでした。前回は、小仙丈ケ岳経由で登りましたが、今回は、藪沢沿いのルートで登りました。今回のルートの方が楽に登れると感じました。馬の背ヒッティから稜線に出ると目の前にカールが広がってきます。

仙丈小屋付近までは晴れていて太陽も出ていましたが、山頂に着いた時にはガスが上がって来て、目の前の北岳もガスの中でした。ガスが晴れる気配もありませんし、バスの時刻も気になりますので、下り始めます。下りは、小仙丈ケ岳を越えるルートを取りましたが、小仙丈ケ岳からの下りは歩き難い道が続きます。

今回は若い女性二人との三人での山行でしたが、彼女らはどこにそんなパワーがあるのだろうかと思わせる健脚ぶりで、私はあっという間に引き離されました。無理に付いていってもバテルだけですので、自分のペースで歩きましたが、何とか予定の13時前には北沢峠に着きほっとしました。この天候ですので、さすがに登山者も少なく、いつもは混み合うバスも難なく乗れ、芦安で汗を流して帰宅できました。

ちなみに今年の百名山の登頂計画と履歴は以下の通りです。
http://www.yamareco.com/modules/diary/69690-detail-111830
訪問者数:622人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ