ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952980 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

【北海道 道東遠征ぁ杙鶲ご┳戞併鶲ご┣浩凜團好肇鵝

日程 2016年08月14日(日) [日帰り]
メンバー -TIROL-, その他メンバー1人
天候8月14日:早朝は濃霧
     下界は日差しがあるが、7〜8合目付近から上はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口駐車場:無料(40~50台程度)
       トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
5分
合計
4時間10分
S雌阿寒温泉登山口06:5508:51雌阿寒岳08:5411:03雌阿寒温泉登山口11:0511:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山ポスト■
・登山口から少し入った樹林帯の中にあります。

■コース状況■
・特に危険箇所はありません。
・7合目辺りハイマツ帯が消える頃から風通しが良くなるので強風時は注意。
・特に火口縁付近の風の強さは半端じゃなかった。
※火山なので、登山前には噴火警戒レベル等の情報収集は必要。
登山中も噴煙など山頂の変化に注意…と登山道の看板にも書いてありましたが、ガスが濃い時には全く分かりません(笑)
・道東3座(羅臼岳・斜里岳)に比べると、コースタイムも短く、ハイキングコースのように登りやすい山でした。

■トイレ■
・雌阿寒温泉駐車場(手前)…水洗でとても清潔
※ルート上にトイレはありません。携帯トイレブースもありません。

■水場■
・ルート上に水場はありません。
※駐車場手前の雌阿寒温泉(野中温泉)入り口に自販機あり
その他周辺情報■キャンプ場■
前日泊として、弟子屈の桜ヶ丘森林公園を利用
道の駅摩周温泉で車中泊しようとしましたが、ここは敷地内でバーベキューをする人も多く落ち着いて眠れそうになかった。
・桜ヶ丘森林公園キャンプ場…フリーサイト1張/540円
 http://www.masyuko.or.jp/pc/park_camp/sakuragaoka.html
<阿寒岳付近のキャンプ場>
・阿寒湖畔キャンプ場
 http://www.bes.or.jp/akanko/camp.html
 予定ではここに泊まるつもりでしたが、時間が遅くなって辿りつけませんでした。
・オンネトー国設野営場
 http://lip-hokkaido.com/camp/2014/05/onneto-kokusetu-camp.html
※近くにトイレもあるので、雌阿寒温泉の登山者駐車場で車中泊可能
------------------------------------------------------------------------------------
<参考HP>
阿寒岳天気予報
http://www.mountain-forecast.com/peaks/Akan/forecasts/1499
雌阿寒岳火山活動状況
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/105.html
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

前日泊のキャンプ場から国道241を通って雌阿寒岳登山口へ。早朝雨が降り移動中は濃霧!今日の登山オワタ\(^o^)/…と思いながら到着したら、阿寒岳付近はまずまずの天気だった。
2016年08月14日 06:38撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日泊のキャンプ場から国道241を通って雌阿寒岳登山口へ。早朝雨が降り移動中は濃霧!今日の登山オワタ\(^o^)/…と思いながら到着したら、阿寒岳付近はまずまずの天気だった。
1
駐車場脇には綺麗なトイレあり。水洗です。
2016年08月14日 11:09撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場脇には綺麗なトイレあり。水洗です。
1
まずは駐車場から今しがた走ってきた車道を200m程戻って登山口へと移動。この辺りはまだ日差しがあるが、雌阿寒岳山頂部には分厚いガスの帯が次々と掛かっている状態…今日は山頂からの景色は期待できないだろう…
2016年08月14日 06:51撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは駐車場から今しがた走ってきた車道を200m程戻って登山口へと移動。この辺りはまだ日差しがあるが、雌阿寒岳山頂部には分厚いガスの帯が次々と掛かっている状態…今日は山頂からの景色は期待できないだろう…
1
写真は登山口から見た、雌阿寒温泉付近(駐車場)の案内板。
2016年08月14日 11:06撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真は登山口から見た、雌阿寒温泉付近(駐車場)の案内板。
1
駐車場から2~3分歩いて登山口に到着。樹林帯を少し入った所にある登山ポストに届けを出して出発!
2016年08月14日 06:53撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から2~3分歩いて登山口に到着。樹林帯を少し入った所にある登山ポストに届けを出して出発!
2
登山ポスト脇の警告看板。雌阿寒岳は昨年11月まで噴火警戒レベル2だったので気をつけなければ!(H28年8月現在はレベル1平常です)
2016年08月14日 11:02撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポスト脇の警告看板。雌阿寒岳は昨年11月まで噴火警戒レベル2だったので気をつけなければ!(H28年8月現在はレベル1平常です)
1
まずは樹林帯の中を登ります。ちょっと道が細かったり傾斜がある所もありますが、道がしっかりしているので登りやすい。
2016年08月14日 06:58撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは樹林帯の中を登ります。ちょっと道が細かったり傾斜がある所もありますが、道がしっかりしているので登りやすい。
2
10分程度ですぐに一合目を通過!ちょっと1合目近すぎじゃない?
2016年08月14日 07:07撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分程度ですぐに一合目を通過!ちょっと1合目近すぎじゃない?
1
そして木の根が階段状になった森のなかへ…傾斜も程よくなってグングン気持ちよく登れる…この辺りでエゾシマリスをよく見かけた。
2016年08月14日 07:13撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして木の根が階段状になった森のなかへ…傾斜も程よくなってグングン気持ちよく登れる…この辺りでエゾシマリスをよく見かけた。
1
そうこうしてるうちに3合目を通過。この辺りから岩がゴロゴロとしたハイマツ帯になって道の様子が変わる。
2016年08月14日 07:27撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうこうしてるうちに3合目を通過。この辺りから岩がゴロゴロとしたハイマツ帯になって道の様子が変わる。
1
4合目手前の看板。
2016年08月14日 07:31撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4合目手前の看板。
1
そしてハイマツの海を泳ぐように登って行くと、左手に虹が見えた!辺りは不安定な天気らしく晴れたりガスが濃くなったりを繰り返していた
2016年08月14日 07:34撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてハイマツの海を泳ぐように登って行くと、左手に虹が見えた!辺りは不安定な天気らしく晴れたりガスが濃くなったりを繰り返していた
2
一旦下り涸れた沢を横切るように通過。ようやく視界が拓けたので山頂が見えるかと思ったけど、ガスで何も見えなかった。
2016年08月14日 07:39撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下り涸れた沢を横切るように通過。ようやく視界が拓けたので山頂が見えるかと思ったけど、ガスで何も見えなかった。
1
そして再びハイマツのトンネルへ突入。
2016年08月14日 07:39撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして再びハイマツのトンネルへ突入。
1
ハイマツのトンネルを抜けると五合目。
2016年08月14日 07:52撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツのトンネルを抜けると五合目。
1
もうしばらくハイマツが続きます。
2016年08月14日 07:52撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうしばらくハイマツが続きます。
1
6合目頃になると鬱蒼と密生してたハイマツも低くなった…が、この頃から徐々にガスが濃くなり始め、時々小雨が降ってくるようになった。
2016年08月14日 08:07撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目頃になると鬱蒼と密生してたハイマツも低くなった…が、この頃から徐々にガスが濃くなり始め、時々小雨が降ってくるようになった。
1
そして土質も変化…赤いレンガ色で火山らしい雰囲気になってきた。
2016年08月14日 08:07撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして土質も変化…赤いレンガ色で火山らしい雰囲気になってきた。
1
七合目通過
2016年08月14日 08:15撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目通過
1
七合目を過ぎると濃霧が飽和した霧雨が気になるようになった。
2016年08月14日 08:15撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目を過ぎると濃霧が飽和した霧雨が気になるようになった。
1
そしてハイマツが無くなった事により風当たりも強くなったので、早めにソフトシェルを着込んで先へ進む。
2016年08月14日 08:20撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてハイマツが無くなった事により風当たりも強くなったので、早めにソフトシェルを着込んで先へ進む。
1
ゴロゴロと巨岩が積み重なった地帯を通過。一時的に風が和らいだ。そして巨岩地帯を登り切ると八合目通過。
2016年08月14日 08:24撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロと巨岩が積み重なった地帯を通過。一時的に風が和らいだ。そして巨岩地帯を登り切ると八合目通過。
1
此処から先、登るに連れて雨も風もだんだん強くなっていったが、砂礫のジグザグ道は面白いくらい高度が稼げるので、雨も気にせず気持よく登って行った。
2016年08月14日 08:24撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処から先、登るに連れて雨も風もだんだん強くなっていったが、砂礫のジグザグ道は面白いくらい高度が稼げるので、雨も気にせず気持よく登って行った。
1
しかし9合目手前ですれ違ったお姉さんに「この先風がヤバいからハードシェル来たほうが良いよ」と忠告され、また他の人も「山頂は風で吹き飛ばされそうだった」と…素直にレインスーツを着込んだ。
2016年08月14日 08:37撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし9合目手前ですれ違ったお姉さんに「この先風がヤバいからハードシェル来たほうが良いよ」と忠告され、また他の人も「山頂は風で吹き飛ばされそうだった」と…素直にレインスーツを着込んだ。
1
9合目からは忠告通りものすごい強風だった。そして濃霧で何も見えないが、きっとここは火口縁を登っているのだろう…右手の規制ロープの先から「ゴー」という火山の噴気音がずっと轟いていた。
2016年08月14日 08:37撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目からは忠告通りものすごい強風だった。そして濃霧で何も見えないが、きっとここは火口縁を登っているのだろう…右手の規制ロープの先から「ゴー」という火山の噴気音がずっと轟いていた。
1
そして8:50頃、雌阿寒岳山頂に到着ー!と言っても本当に風で飛ばされそうで記念撮影する余裕ゼロ!
2016年08月14日 08:53撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして8:50頃、雌阿寒岳山頂に到着ー!と言っても本当に風で飛ばされそうで記念撮影する余裕ゼロ!
2
山頂には他にも登山者がいたが、みな山頂標だけ写真に収めて即効Uターン!予定では火口縁を半周周ってオンネトーへ下山する予定だったが、この風では危険過ぎるので私達もピストンで戻ることにした。
2016年08月14日 08:53撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には他にも登山者がいたが、みな山頂標だけ写真に収めて即効Uターン!予定では火口縁を半周周ってオンネトーへ下山する予定だったが、この風では危険過ぎるので私達もピストンで戻ることにした。
1
強風の中逃げるように下ると、あちこちでメアカンフスマが目についたが、もう花も終わりかけ…
2016年08月14日 09:13撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風の中逃げるように下ると、あちこちでメアカンフスマが目についたが、もう花も終わりかけ…
1
が、まだ花を咲かせているものもあった。
2016年08月14日 09:14撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、まだ花を咲かせているものもあった。
2
さて8合目を過ぎると濃霧&雨エリアを抜けて上空には太陽も見えてきた。
2016年08月14日 09:33撮影 by RM02 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて8合目を過ぎると濃霧&雨エリアを抜けて上空には太陽も見えてきた。
1
8合目下の巨岩地帯付近は風も無いので、山頂で休めなかった分ここで休憩。眼下には長い雲の帯…回転雲ではないけど、まるで「モーニング・グローリー」みたい!写真左端には雌阿寒温泉の駐車場が見える。
2016年08月14日 09:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目下の巨岩地帯付近は風も無いので、山頂で休めなかった分ここで休憩。眼下には長い雲の帯…回転雲ではないけど、まるで「モーニング・グローリー」みたい!写真左端には雌阿寒温泉の駐車場が見える。
1
東の方を見ると、ガスの隙間から時々形の良い「フップシ岳」が見えた。
2016年08月14日 09:33撮影 by RM02 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の方を見ると、ガスの隙間から時々形の良い「フップシ岳」が見えた。
1
15分程岩の上で行動食を食べ景色を楽しんだら再び下山。下り始めると目の前にオンネトー湖が見えてきた
2016年08月14日 09:55撮影 by RM02 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分程岩の上で行動食を食べ景色を楽しんだら再び下山。下り始めると目の前にオンネトー湖が見えてきた
1
オンネトー湖アップ。本当はあそこに下山する予定だった…。
2016年08月14日 10:05撮影 by RM02 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンネトー湖アップ。本当はあそこに下山する予定だった…。
1
1~2合目まで下ってクワガタ発見!この山で出会った動物はエゾシマリスとクワガタだけでした。
2016年08月14日 10:50撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1~2合目まで下ってクワガタ発見!この山で出会った動物はエゾシマリスとクワガタだけでした。
2
そして11:00過ぎに登山口に到着!下界はすっかり晴れています。
2016年08月14日 11:05撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして11:00過ぎに登山口に到着!下界はすっかり晴れています。
1
その後は下山予定だったオンネトーまでドライブ。湖の先に雌阿寒岳が見えるはずですが、すっかりガスの中です。
2016年08月14日 11:48撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は下山予定だったオンネトーまでドライブ。湖の先に雌阿寒岳が見えるはずですが、すっかりガスの中です。
1
雌阿寒温泉の登山口まで戻って温泉へ。野中温泉別館は総檜造りでとてもよい温泉なのですが、開放的すぎる露天風呂(男湯から見えそう)&石鹸類が使えないので落ち着いて入浴できなかった
2016年08月14日 12:50撮影 by P03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒温泉の登山口まで戻って温泉へ。野中温泉別館は総檜造りでとてもよい温泉なのですが、開放的すぎる露天風呂(男湯から見えそう)&石鹸類が使えないので落ち着いて入浴できなかった
2
その後、釧路までの移動途中にある「道の駅阿寒丹頂の里」でお風呂に入り直し、遅い昼食を摂りました。
2016年08月14日 15:03撮影 by RM02 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、釧路までの移動途中にある「道の駅阿寒丹頂の里」でお風呂に入り直し、遅い昼食を摂りました。
3
お風呂に入ってサッパリした後は釧路湿原へ!1周1時間程の散策路を歩きます。夕方ということもあり蚊がかなり群がってきて大変なことになったw
2016年08月14日 16:58撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お風呂に入ってサッパリした後は釧路湿原へ!1周1時間程の散策路を歩きます。夕方ということもあり蚊がかなり群がってきて大変なことになったw
1
北斗展望台からのパノラマ
2016年08月14日 16:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斗展望台からのパノラマ
1
サテライト展望台にはやぐらがあり高い位置から釧路湿原を見られます。
2016年08月14日 17:03撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サテライト展望台にはやぐらがあり高い位置から釧路湿原を見られます。
1
サテライト展望台からの湿原。ヒグマとか見られるかな〜と湿原内を探したけど動物は何も見つかりませんでした。
2016年08月14日 17:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サテライト展望台からの湿原。ヒグマとか見られるかな〜と湿原内を探したけど動物は何も見つかりませんでした。
1
1周して釧路湿原展望台へ戻ってきた(こちらの展望台は有料)その後は釧路駅方面へ移動。今夜から台風6号が根室付近に上陸するというので、テントは諦めて釧路市街のホテルに避難する事にしました。
2016年08月14日 17:23撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1周して釧路湿原展望台へ戻ってきた(こちらの展望台は有料)その後は釧路駅方面へ移動。今夜から台風6号が根室付近に上陸するというので、テントは諦めて釧路市街のホテルに避難する事にしました。
1
しかし夜になっても台風の気配ゼロwということで、釧路の繁華街「末広町」に飲みに出た。地元の飲み屋街大好き〜♪歩道には北海道らしく鮭のレリーフ!こういうローカルネタを見つけるのも旅の醍醐味です。
2016年08月14日 22:11撮影 by RM02 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし夜になっても台風の気配ゼロwということで、釧路の繁華街「末広町」に飲みに出た。地元の飲み屋街大好き〜♪歩道には北海道らしく鮭のレリーフ!こういうローカルネタを見つけるのも旅の醍醐味です。
4
訪問者数:81人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ