ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954972 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

桜平〜硫黄岳〜峰の松目 周回

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー piyocoma
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜平。桜平までの道は想像していたよりもラフなダートでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
1時間30分
合計
6時間50分
S桜平08:2009:00夏沢鉱泉09:40オーレン小屋10:10ヒュッテ夏沢11:00硫黄岳12:3012:50赤岩の頭13:30峰の松目14:20オーレン小屋14:50夏沢鉱泉15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所、道迷いの可能性等は特にありません。峰の松目のピーク手前だけは結構な急登です。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

桜平の駐車場。駐車場はとっくに満車で、少し戻った路肩に止め、出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平の駐車場。駐車場はとっくに満車で、少し戻った路肩に止め、出発です。
途中ところどころコンクリートで舗装されているのですが、そのコンクリートに動物の足跡が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中ところどころコンクリートで舗装されているのですが、そのコンクリートに動物の足跡が。
緑と水の美しい明るい道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑と水の美しい明るい道を進みます。
夏沢鉱泉まではすぐでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉まではすぐでした。
オーレン小屋用の水力発電だとか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋用の水力発電だとか。
途中左手が派手に崩れている場所がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中左手が派手に崩れている場所がありました。
水がきれいで気持ちよい道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水がきれいで気持ちよい道を進みます。
3
苔も美しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔も美しいです。
1
ワクワクしながら歩いているうちに、オーレン小屋です。目指す硫黄岳がガスの中からちょっと顔を出しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワクワクしながら歩いているうちに、オーレン小屋です。目指す硫黄岳がガスの中からちょっと顔を出しています。
2
オーレン小屋から程なくして夏沢峠。ガスってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋から程なくして夏沢峠。ガスってます。
夏沢峠を超えると、森林限界を超え、ようやくちゃんとした登りに。振り返ると夏沢峠が下に。ちょっと頭が出ているのが天狗でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠を超えると、森林限界を超え、ようやくちゃんとした登りに。振り返ると夏沢峠が下に。ちょっと頭が出ているのが天狗でしょうか。
峰の松目とオーレン小屋が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の松目とオーレン小屋が見えます。
1
岩だらけのゴツゴツした登りが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩だらけのゴツゴツした登りが続きます。
頂上直下。空の青さがすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下。空の青さがすごい。
ガッスガスの頂上。ピーク感がなくとても広いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガッスガスの頂上。ピーク感がなくとても広いです。
爆裂火口の縁を歩けますが、ガスのせいで不思議な雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口の縁を歩けますが、ガスのせいで不思議な雰囲気。
霧が晴れると大迫力の爆裂火口。人がありんこのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が晴れると大迫力の爆裂火口。人がありんこのようです。
1
ちょっとアップ。でも人はありんこのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとアップ。でも人はありんこのようです。
1
この日、天狗方面は比較的くっきり見えました。赤岳方面はガスってこの時間帯は見られませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日、天狗方面は比較的くっきり見えました。赤岳方面はガスってこの時間帯は見られませんでした。
1
頂上から降りてきて赤岩の頭分岐。日向山のような白砂の不思議な空間。下に吸い込まれそうでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から降りてきて赤岩の頭分岐。日向山のような白砂の不思議な空間。下に吸い込まれそうでした。
1
ここから峰の松目を目指します。道は細くハイマツが覆いかぶさってくるのでタイツなし半ズボンとかだと多分怪我します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから峰の松目を目指します。道は細くハイマツが覆いかぶさってくるのでタイツなし半ズボンとかだと多分怪我します。
1
ハイマツ帯を超えて林に入るとふかふかして歩きやすい道に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯を超えて林に入るとふかふかして歩きやすい道に。
オーレン小屋への分岐。ここからがえらい急登になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋への分岐。ここからがえらい急登になります。
ヒィヒィ言いながら上りきると、林に囲まれた地味な山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒィヒィ言いながら上りきると、林に囲まれた地味な山頂。
2
峰の松目から下りる際、硫黄岳が凛々しく見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の松目から下りる際、硫黄岳が凛々しく見えました。
3
オーレン小屋まで下りてくると、何やら楽しげな雰囲気。この日はネパール祭だとかでワイワイ盛り上がっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋まで下りてくると、何やら楽しげな雰囲気。この日はネパール祭だとかでワイワイ盛り上がっていました。
1
桜平はまだ車がいっぱいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平はまだ車がいっぱいでした。

感想/記録

この日は頂上から赤岳方面がガスっていたものの、概ねいい天気で、最高の山行でした。
コース通して歩きやすい道で、明るい林からすぐに森林限界を越え迫力の爆裂火口まで、いろいろな表情が手軽に楽しめました。
ただ、赤岩の頭から峰の松目は人気がないのか、一組も他の登山者に出会いませんでした。峰の松目ピークの手前はいきなりかなりの急登になるのと、ピークからの眺望がないせいかも。
あと、桜平へ至る道が未舗装でガッタガタなので、新車で行って少々後悔しました。
訪問者数:177人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ