ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958046 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳 黒戸尾根日帰り

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー Nobu00
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場に駐車
朝、3時半頃駐車場着。まだ半分も埋まっていなかった。朝5時半に起きた時も結構空いてました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間32分
休憩
36分
合計
12時間8分
S尾白川渓谷駐車場05:5206:00竹宇駒ヶ岳神社07:18笹の平分岐08:23刃渡り08:41刀利天狗09:18五合目10:03七丈小屋11:02八合目御来迎場12:16甲斐駒ヶ岳12:5213:48八合目御来迎場14:16七丈小屋14:55五合目15:35刀利天狗15:53刃渡り15:41笹の平分岐17:42竹宇駒ヶ岳神社17:48尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく聞く刃渡りは鎖の手すりもあるので、思ったより怖くありませんでした。
五合目過ぎての梯子、鎖、岩場は注意が必要かと思います。
鎖がないと上り下りできないような場所もあります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 日焼け止め 携帯 タオル ストック カメラ

写真

朝5:52
5時スタートのつもりが、寝過ごして、6時前のスタートに
駐車場はまだ十分空いてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝5:52
5時スタートのつもりが、寝過ごして、6時前のスタートに
駐車場はまだ十分空いてました。
駐車場奥に登山口の道標。この標識の右側に登山口があります。
あれ、見覚えがある黄色いシャツ。
山頂と下山途中で、いろいろ山の話をさせていただいた静岡県在住のお兄さんがいましたが、登山届を書いているじゃないですか。
同じ頃出発していたんですね。ほぼ同じペースで登り、ほぼ同じペースで降りていたことが分かって、より親近感が湧きました。
いつかまた、お会いできたらいいですねぇ。
(私は青いシャツに赤いウェストポーチのオッサンです。このヤマレコに気づいてくれると嬉しいのですが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場奥に登山口の道標。この標識の右側に登山口があります。
あれ、見覚えがある黄色いシャツ。
山頂と下山途中で、いろいろ山の話をさせていただいた静岡県在住のお兄さんがいましたが、登山届を書いているじゃないですか。
同じ頃出発していたんですね。ほぼ同じペースで登り、ほぼ同じペースで降りていたことが分かって、より親近感が湧きました。
いつかまた、お会いできたらいいですねぇ。
(私は青いシャツに赤いウェストポーチのオッサンです。このヤマレコに気づいてくれると嬉しいのですが)
1
林道みたいな道を道なりに進むと竹宇駒ケ岳神社。この左わきの橋を渡って登山道へ入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道みたいな道を道なりに進むと竹宇駒ケ岳神社。この左わきの橋を渡って登山道へ入ります。
橋を渡って振り返り撮影。えっ。渡ってから定員五名って。一人でよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡って振り返り撮影。えっ。渡ってから定員五名って。一人でよかった。
いきなりの急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急登。
1
笹ノ平。朝、出遅れた分、かなりのハイペースで登ったせいもあり、かなりの体力消耗。
( ̄Д ̄
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹ノ平。朝、出遅れた分、かなりのハイペースで登ったせいもあり、かなりの体力消耗。
( ̄Д ̄
1
これが有名な刃渡りかぁ。と思いながら、実際に見ると、大した高度感もなく、足場もしっかり確保できるし、鎖の手すりもあるので、思っていたほどの危険は感じませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが有名な刃渡りかぁ。と思いながら、実際に見ると、大した高度感もなく、足場もしっかり確保できるし、鎖の手すりもあるので、思っていたほどの危険は感じませんでした。
2
刃渡りをすぎて、少し登ったあたりから、梯子、鎖が現れ始める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りをすぎて、少し登ったあたりから、梯子、鎖が現れ始める。
1
鎖場はこんな感じ。慎重に登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場はこんな感じ。慎重に登る。
1
刀利天狗。刀利天狗を過ぎてしばらくは、まだまだ急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刀利天狗。刀利天狗を過ぎてしばらくは、まだまだ急登が続きます。
1
しばらくすると左側にある黒戸山を巻いて、なだらかなアップダウンの登山道を進みます。
黒戸尾根で唯一、のんびりと歩ける部分でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると左側にある黒戸山を巻いて、なだらかなアップダウンの登山道を進みます。
黒戸尾根で唯一、のんびりと歩ける部分でした。
登山道。今まで来た道をふりむくと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道。今まで来た道をふりむくと。
1
下山道。登ろうとしているのに来た道に戻ることはないと思いますが、かなり急な登りなので、下山道と書かないと、下山時に登るはずがないと思って迷うかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道。登ろうとしているのに来た道に戻ることはないと思いますが、かなり急な登りなので、下山道と書かないと、下山時に登るはずがないと思って迷うかも。
ここが地図上で五合目とか五合目小屋跡とか書かれている箇所だと思いますが、五合目の案内標識は見当たりませんでした。
それにしても目の前のピークは急峻すぎて唖然。
(・・;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが地図上で五合目とか五合目小屋跡とか書かれている箇所だと思いますが、五合目の案内標識は見当たりませんでした。
それにしても目の前のピークは急峻すぎて唖然。
(・・;)
1
すぐさま、この傾斜がきつくて長い梯子が出現。
(o´Д`)=з
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐさま、この傾斜がきつくて長い梯子が出現。
(o´Д`)=з
1
ピークを越えたと思ったら、また同じような急峻なピークが。地図上では屏風岩?。
(・_・;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを越えたと思ったら、また同じような急峻なピークが。地図上では屏風岩?。
(・_・;)
橋の足元を見ると、隙間だらけ。何か落としたら取りに行けそうにない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の足元を見ると、隙間だらけ。何か落としたら取りに行けそうにない。
1
ほぼ垂直な壁に取り付けられた梯子
(;゜Д゜)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直な壁に取り付けられた梯子
(;゜Д゜)
2
この鎖もほぼ垂直の壁。足場は確保できたのでなんとか登れるが、それにしても腕がきつい。
(;´ρ`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鎖もほぼ垂直の壁。足場は確保できたのでなんとか登れるが、それにしても腕がきつい。
(;´ρ`)
2
七丈小屋第二。七丈小屋第一のほうで水が100円で好きなだけ補給できる。十分水は残っているけど、せっかくの本物の南アルプス天然水なのでいただくことにした。
蛇口をひねると普通に水が出てくる。味は普通に美味しかった。
さほど冷たくなかったのは常時流しっぱなしではないからかなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋第二。七丈小屋第一のほうで水が100円で好きなだけ補給できる。十分水は残っているけど、せっかくの本物の南アルプス天然水なのでいただくことにした。
蛇口をひねると普通に水が出てくる。味は普通に美味しかった。
さほど冷たくなかったのは常時流しっぱなしではないからかなぁ。
八合目御来迎場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場。
1
高さがある壁に取り付けられた鎖。足場を確保しやすいように、窪みがあった。誰かが作ってくれたんでしょうね。窪みがなければただの壁。登れないかも。
先人に感謝。<(_ _*)>
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高さがある壁に取り付けられた鎖。足場を確保しやすいように、窪みがあった。誰かが作ってくれたんでしょうね。窪みがなければただの壁。登れないかも。
先人に感謝。<(_ _*)>
登ってくる途中、上のほうでバタンバタンと音がすると思っていたが、この鎖の先にこんな金属性の札がついていた。
ここに行けば名前もわかるので公開情報ですが、念のためボカシ入れました。
それにしても南アルプス、北アルプス全山縦走記念って、凄すぎる。中央アルプスは?って聞きたくなりました。今から30年くらい前なので、すでに中央アルプスも制覇されているかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってくる途中、上のほうでバタンバタンと音がすると思っていたが、この鎖の先にこんな金属性の札がついていた。
ここに行けば名前もわかるので公開情報ですが、念のためボカシ入れました。
それにしても南アルプス、北アルプス全山縦走記念って、凄すぎる。中央アルプスは?って聞きたくなりました。今から30年くらい前なので、すでに中央アルプスも制覇されているかも。
しばらくして、甲斐駒ケ岳の山頂が見えた。見えたはいいが、今からあそこまで行くのか。その手前のピークもあるし、本当にたどり着けるのか不安になってきた。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくして、甲斐駒ケ岳の山頂が見えた。見えたはいいが、今からあそこまで行くのか。その手前のピークもあるし、本当にたどり着けるのか不安になってきた。


2
勾配がきつい岩場。腕と背筋がだるくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配がきつい岩場。腕と背筋がだるくなってきた。
2
甲斐駒がくっきり。先ほどはガスがかかっていたのでもう一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒がくっきり。先ほどはガスがかかっていたのでもう一枚。
6
岩の上に剣が。どうやって置いたのか不思議です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上に剣が。どうやって置いたのか不思議です。
8
岩の景観に圧倒されます。青い空が広がり、そろそろ山頂が近いと期待が膨らみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の景観に圧倒されます。青い空が広がり、そろそろ山頂が近いと期待が膨らみます。
4
さきほど見えた山頂が近づいてきた感じがする。(わずか7分しかたっていませんが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さきほど見えた山頂が近づいてきた感じがする。(わずか7分しかたっていませんが)
急峻な岩場。これはきつい。
(o´Д`)=з
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急峻な岩場。これはきつい。
(o´Д`)=з
2
さきほどの岩場をすぎると頂上までの稜線がくっきり。気分も盛り上がってきます。
ヽ( ´3`)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さきほどの岩場をすぎると頂上までの稜線がくっきり。気分も盛り上がってきます。
ヽ( ´3`)ノ
稜線上にあった岩場に登りました。何と書いてあるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上にあった岩場に登りました。何と書いてあるのか?
1
隣りの岩は多聞天。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣りの岩は多聞天。
下を見下ろすと断崖。
(((;゜д゜;)))
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見下ろすと断崖。
(((;゜д゜;)))
1
北岳、間ノ岳が見えた。
ヽ( ´3`)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳が見えた。
ヽ( ´3`)ノ
1
駒ケ岳神社。山頂の稜線が青空に映えます。
(o^―^o)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳神社。山頂の稜線が青空に映えます。
(o^―^o)
2
別の方向を見下ろしたら、こんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別の方向を見下ろしたら、こんな感じ。
駒ケ岳神社を見上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳神社を見上げる。
2
駒ケ岳神社で登山の無事を祈る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳神社で登山の無事を祈る。
駒ケ岳神社で山頂を臨む。ここからだと山頂の混雑具合も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳神社で山頂を臨む。ここからだと山頂の混雑具合も見えます。
駒ケ岳神社から山頂に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳神社から山頂に向かう。
山頂手前から山頂を仰ぐ。
ここで黄色のシャツのお兄さんとしばしおしゃべり。
12時リミットで引き返す計画だったが、つい山頂まで来てしまったとのこと。
時計は12時15分。この天気で山頂付近まで来て引き返すのは勇気が必要。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前から山頂を仰ぐ。
ここで黄色のシャツのお兄さんとしばしおしゃべり。
12時リミットで引き返す計画だったが、つい山頂まで来てしまったとのこと。
時計は12時15分。この天気で山頂付近まで来て引き返すのは勇気が必要。
山頂に到着。
ヽ(●^▽^●)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
ヽ(●^▽^●)ノ
5
ここでも黄色のシャツのお兄さんが写ってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでも黄色のシャツのお兄さんが写ってました
山頂の標識も撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標識も撮影
7
展望1.いつか行きたい仙丈ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望1.いつか行きたい仙丈ケ岳
展望2.北岳が雲に隠れそう。その後ろに間ノ岳。悪沢岳、赤石岳、塩見岳の3000m級の南アルプスの山々を見渡せました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望2.北岳が雲に隠れそう。その後ろに間ノ岳。悪沢岳、赤石岳、塩見岳の3000m級の南アルプスの山々を見渡せました
1
展望3.富士山は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望3.富士山は雲の中。
2
展望4.中央アルプス方向も山頂付近が雲に遮られて見えません。残念。雲の間に少し顔を出しているのは木曽駒ケ岳か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望4.中央アルプス方向も山頂付近が雲に遮られて見えません。残念。雲の間に少し顔を出しているのは木曽駒ケ岳か?
2
展望5.奥秩父方向も雲。先ほど通った駒ケ岳神社が手前に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望5.奥秩父方向も雲。先ほど通った駒ケ岳神社が手前に見えます。
4
雲に浮かぶのは方向からすると八ケ岳の蓼科山かなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶのは方向からすると八ケ岳の蓼科山かなぁ。
展望6.北アルプス方向。うーん。真ん中からやや左よりにある一番奥の高い山は乗鞍岳みたいですが,..
すぐそこの鋸岳も全容が確認できず残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望6.北アルプス方向。うーん。真ん中からやや左よりにある一番奥の高い山は乗鞍岳みたいですが,..
すぐそこの鋸岳も全容が確認できず残念。
鋸岳への道標。さすがに本格的な装備じゃないと入山しないように注意喚起。
今は興味ないけど、このまま山登り続けていると登りたくなるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳への道標。さすがに本格的な装備じゃないと入山しないように注意喚起。
今は興味ないけど、このまま山登り続けていると登りたくなるのか?
2
昼食をすませたので、北岳、間ノ岳をアップで撮影し、下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食をすませたので、北岳、間ノ岳をアップで撮影し、下山開始。
摩利支天は近くに見えるけど、時間は1時近く。暗くならないうちに帰りたいし、この砂地っぽい斜面を見て登りがきつそうなので今日はパスした。
また今度くるときは行ってみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天は近くに見えるけど、時間は1時近く。暗くならないうちに帰りたいし、この砂地っぽい斜面を見て登りがきつそうなので今日はパスした。
また今度くるときは行ってみたい。
1
登りで苦労した鎖。上からみても足場となる窪みがないときついのが分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りで苦労した鎖。上からみても足場となる窪みがないときついのが分かります。
1
下りの刃渡りで八ケ岳が見えた。去年、赤岳・横岳に登ったけど、硫黄岳に行ってないので今度また行きたいなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの刃渡りで八ケ岳が見えた。去年、赤岳・横岳に登ったけど、硫黄岳に行ってないので今度また行きたいなぁ。
1
明るいうちに帰ってこれました。
ε= (*^o^*) ホッ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るいうちに帰ってこれました。
ε= (*^o^*) ホッ
3

感想/記録
by Nobu00

朝、5時スタートの予定が寝過ごして6時スタート。下山時にヘッドライトが必要になるかもと思ったので、前半はハイペースで登りました。
怖そうだなぁと思っていた刃渡りは、思いのほか、鋭さや高度感はなく、鎖の手すりもあるので、想像していたほどは怖くなかったです。
しかし刃渡りは標高1950mほどの地点で、2967mの山頂まではまだまだ。日本三大急登の核心部は、五合目すぎてからの梯子、鎖、岩場にありました。
数少ない経験ではありますが、今までで登った中で一番長い梯子、鎖。ほぼ垂直の壁に取り付けられた梯子、鎖。急勾配な岩場。さすが日本三大急登といわれるだけの急斜面が続きます。登っている最中に、足だけでなく、腕、背筋も疲労が蓄積しだるくなってきました。(ヤマレコ書いている今は体中筋肉痛)
八合目御来迎場を過ぎて、ほどなく、甲斐駒ケ岳の頂上が遥か遠くに見えた時は、喜びと、まだまだ登るのかぁというせつなさが入り混じった感じでした。
それらを乗り越えて、駒ケ岳神社から山頂へと続く稜線まで到達したときの感動は言葉になりません。
幸い、晴れていたので、山頂に到達して、見渡すと、北岳、間ノ岳、悪沢岳、赤石岳、塩見岳、仙丈ケ岳など南アルプスの3000m級の山々を見ることができました。中央アルプス、北アルプスなど遠くの方は雲がかかって確認できませんでしたが、近くの山だけでも十分展望を楽しめました。
憧れだった甲斐駒の黒戸尾根日帰りピストンは、登山を始めた去年からの目標だったので、目標達成できてよかったー。

参考にさせていただいたヤマレコに感謝いたします。
rizojazzさん、とうとう行ってきました。ヤマレコ参考にさせていただきありがとうございました。それにしてもきつかった。
訪問者数:582人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/4
投稿数: 27
2016/9/12 9:37
 お疲れ様でした!
目標としている山に登れると単純に嬉しいですよね。
これからも次の目標に向けて頑張って下さい!
※鋸岳に行きたくなる足はきっともうすぐそこまで来てますよ
登録日: 2013/10/20
投稿数: 56
2016/9/12 19:17
 やったね♪(〃'∇'〃)v
Nobu00さん、こんにちは。
長丁場の黒戸尾根を登り頂上に着いた時の喜び、これは登った人にしか分からない何とも言葉に出来ない感情が溢れ出てきますよねーっ
天気も良く綺麗な景色も堪能できたようで良かったですね。
お疲れ様でした〜♪ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜*☆
登録日: 2015/6/27
投稿数: 98
2016/9/12 23:37
 Re: お疲れ様でした!
rizojazzさん、コメントありがとうございます。また、参考にさせていただいたヤマレコでの励ましのお言葉もありがとうございました。
甲斐駒ヶ岳は想像通り厳しい山でした。それだけに登頂できた喜びがひとしおです。
次の目標はまだ考えていませんが、今年最大の目標が達成できたので、しばらくは、近くの山の山頂で山座同定とか、昼間とかのんびりしたいなぁ〜と思ってます。
(^o^)


鋸岳、まだまだ駆け出しの私には恐れ多くて近づけません。
(>人<;)
登録日: 2015/6/27
投稿数: 98
2016/9/13 0:46
 Re: やったね♪(〃'∇'〃)v
やりました♪───O(≧∇≦)O────♪
とうとう甲斐駒登っちゃいました。
moomin2013さんご夫婦の甲斐駒日帰りピストンのヤマレコに元気と勇気をいただき、ついに念願の甲斐駒征覇。キツカッタ(>人<;)けど、おかげさまで、至福の山行になりました。ヤマレコ参考にさせていただいて、ありがとうございました。
今後も応援よろしくお願いします。
(^O^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 鎖場 林道 ピストン 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ