ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958616 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

日光白根山 初めての2,500m登山

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー ashshelljp, その他メンバー1人
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車所は中禅寺湖方面から丸沼方面に向かい菅沼の菱屋手前を左折した道の両側です。入口で駐車料金1,000円を払います。50台程度止められます。朝5:30の時点で20台程度すでに駐車していました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
1時間52分
合計
8時間41分
S菅沼登山口05:3507:42弥陀ヶ池07:4408:58奥白根山09:5510:47五色沼避難小屋10:4911:10五色沼12:0012:41弥陀ヶ池12:4214:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天気は晴天前日の雨の影響もそれほどありませんでした。弥陀ヶ池までは森林の登りが続きます。弥陀ヶ池からは開けた岩場の登りになります。頂上に向かうほど傾斜が急になります。頂上は余りスペースがありません。10:30頃着きましたがやや混雑していました。ロープウエイから上ってくる登山客が来るとさらに混雑になると思います。下りは五色沼経由で駐車所に戻ります。五色沼までは緩やかなガレ場がしばらく続き、森林帯の下りへと続きます。五色沼から弥陀ヶ池までは下りだと思っていたのですが30分程度の登りとなります。この登りには心が折れました。弥陀ヶ池からは登ってきた道を下ります。1時間程度ですが時間以上に長く感じました。
その他周辺情報菅沼からはトイレ、水場はありません。帰りは奥日光湯元温泉にて日帰り温泉に入り帰宅しました。湯元温泉の中央にある旅館案内所で「日帰り温泉入浴マップ」をもらえます。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック-ラッシュ35 ザックカバー ウエストバック-マカ2 レキストック レインウエア ウインドブレーカー アームカバー 手袋-フリース水色 手袋-モンベルフィンガーレス 帽子-キャップ 帽子-レインキャップ タオルマフラー eTrex30x & ホルダ 浄水器ソーヤーミニ 携帯速乾性タオル クリアボトル 携帯座布団 地図 熊鈴 ホイッスル 万能ナイフ iPhoneケース モンベル財布 行動食 ヘッドライト ランタン ペンとメモ ティッシュ ゲイター カメラクリップ
共同装備 アミノバイタル 救急キッドA(芍薬甘草湯・パプロン・ロキソニンS・正露丸・ムヒ・<br />マキロンS・カットバン・綿棒・テーピング・ウェットコットン・スポンジ・<br />ポイズンリムーバ・サバイバルシート・カロリーメイト1個・<br />予備靴ひも) 緊急キッドB(三角巾・ガーゼ・テーピング・熱さまシート・裁縫セット・簡易メス・<br />手術用手袋・ピンセット・ハサミ・包帯・予備電池・ラジオ・カロリーメイト) プラティパス2L レジャーシート 食事 プリムスバーナーP-153 コーヒーバネット 風防 ライター マグカップ パーフェクトポーション ガスカートリッジ カートリッジホルダ 火打石 バーナーシート Xポッドケトル アコーディオンコンテナ MSR携帯スプーン・フォーク ゴミ袋&ホルダー

写真

菅沼の駐車所より登山開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菅沼の駐車所より登山開始です。
まだ5時半ですが、すでに20台程度の車が駐車しています。
やはり登山者は行動時間が早いですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ5時半ですが、すでに20台程度の車が駐車しています。
やはり登山者は行動時間が早いですね
1
駐車所から続く道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車所から続く道。
白根山は日光国立公園の中にあるのですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根山は日光国立公園の中にあるのですね
日光白根山登山道の案内に沿って日光白根山山頂に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光白根山登山道の案内に沿って日光白根山山頂に向かいます。
開けた景色も始めだけでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた景色も始めだけでした。
登山道に入りました。始めはこのようなガレ場の登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に入りました。始めはこのようなガレ場の登山道です。
弥陀ヶ池までこのような登山道が続きます。段々と登りもきつくなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ池までこのような登山道が続きます。段々と登りもきつくなってきます。
岩も多くなり場所によっては木の幹、岩のオーバーハングがあるので避けながら登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩も多くなり場所によっては木の幹、岩のオーバーハングがあるので避けながら登っていきます。
弥陀ヶ池までは森林帯の中の登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ池までは森林帯の中の登山道です。
弥陀ヶ池に到着しました。水は澄んでいますが生物はいないようです。山の中の静かな湖という感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ池に到着しました。水は澄んでいますが生物はいないようです。山の中の静かな湖という感じです。
2
弥陀ヶ池からは周囲も開け岩も多くなります。この段階ではこの先続く登りを想像していませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ池からは周囲も開け岩も多くなります。この段階ではこの先続く登りを想像していませんでした。
菅沼登山口から左に行くと五色沼、右に行くと白根山山頂。白根山山頂に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菅沼登山口から左に行くと五色沼、右に行くと白根山山頂。白根山山頂に向かいます。
登山道から見た弥陀ヶ池。頂上までは弥陀ヶ池から半分程度は登ってきたでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から見た弥陀ヶ池。頂上までは弥陀ヶ池から半分程度は登ってきたでしょうか。
白根山です。この山頂を目指して登ります。素晴らしい青空です。昨日は雨、明日も雨予報。ラッキーでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根山です。この山頂を目指して登ります。素晴らしい青空です。昨日は雨、明日も雨予報。ラッキーでした。
1
この笹薮を抜けると更に岩場が多くなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この笹薮を抜けると更に岩場が多くなってきます。
登山道から尾瀬方面のロケーションです。右側に見える2つのピークを持つ山が燧ケ岳のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から尾瀬方面のロケーションです。右側に見える2つのピークを持つ山が燧ケ岳のようです。
1
雲海が見えます。疲れが吹っ飛ぶきれいな景色。やはり上らないと見れない景色です。苦労の甲斐があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が見えます。疲れが吹っ飛ぶきれいな景色。やはり上らないと見れない景色です。苦労の甲斐があります。
頂上目前の岩場から丸沼方面を見た景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上目前の岩場から丸沼方面を見た景色です。
1
山頂付近に赤い実がなっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近に赤い実がなっています。
菅沼と丸沼です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菅沼と丸沼です。
1
前の写真の尖がった部分を望遠してみました。少しでもこの景色の迫力が伝わるでしょうか? 実物の迫力はもっとすごいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真の尖がった部分を望遠してみました。少しでもこの景色の迫力が伝わるでしょうか? 実物の迫力はもっとすごいです。
1
山頂まではほんの少し、目と鼻の先です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まではほんの少し、目と鼻の先です。
4.1kmを登ってきたようです。頂上ももう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4.1kmを登ってきたようです。頂上ももう少し。
草でしょうか?きれいだったので思わず撮ってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草でしょうか?きれいだったので思わず撮ってしまいました。
男体山と中禅寺湖です。男体山がほぼ同じ高さに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山と中禅寺湖です。男体山がほぼ同じ高さに見えます。
1
2578m 白根山の頂上に到着です。山頂は狭く混雑していました。ロープウエイで登ってくる登山客が到着する前なのに・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2578m 白根山の頂上に到着です。山頂は狭く混雑していました。ロープウエイで登ってくる登山客が到着する前なのに・・・・
3
山頂にある三角点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にある三角点です。
1
山頂からの景色です。360度パノラマの60度くらいでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの景色です。360度パノラマの60度くらいでしょうか?
これが頂上です。天気も最高でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが頂上です。天気も最高でした。
2
岩谷間から五色沼が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩谷間から五色沼が見えます。
1
山頂には2つのピークがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には2つのピークがあります。
山頂からは登ってきた方向と逆側に下ります。五色沼に向かう所に祠があります。ロープウエイから登ってくる登山者はこちら側から山頂に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは登ってきた方向と逆側に下ります。五色沼に向かう所に祠があります。ロープウエイから登ってくる登山者はこちら側から山頂に向かいます。
ロープウェイ側から山頂に向かう登山道です。ロープウェイの稼働に合わせ徐々に登山者が増えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ側から山頂に向かう登山道です。ロープウェイの稼働に合わせ徐々に登山者が増えてきました。
祠側から見た頂上です。やはり2つのピークが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠側から見た頂上です。やはり2つのピークが見えます。
岩の上に鳥がいました。名前はわかりませんが人慣れしています。全く逃げる気配がありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上に鳥がいました。名前はわかりませんが人慣れしています。全く逃げる気配がありません。
下山途中西側から見た頂上です。かなり登山者が増えてきています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中西側から見た頂上です。かなり登山者が増えてきています。
次の目的地五色沼が見えます。この先50分程度下って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目的地五色沼が見えます。この先50分程度下って行きます。
3
五色沼に向かう下山道の始めは尾根沿いの道から始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼に向かう下山道の始めは尾根沿いの道から始まります。
紫色の花が咲いています。登りの登山道で花は見かけませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫色の花が咲いています。登りの登山道で花は見かけませんでした。
尾根の次はガレ場が続きます。始めてガレ場を歩きましたが足を取られ滑りやすく注意が必要でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の次はガレ場が続きます。始めてガレ場を歩きましたが足を取られ滑りやすく注意が必要でした。
反対側に見える山がやや茶色く色づいています。紅葉の始まりを予感させます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側に見える山がやや茶色く色づいています。紅葉の始まりを予感させます。
既に殆ど枯れていましたが、幾輪かアザミの花が残っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既に殆ど枯れていましたが、幾輪かアザミの花が残っていました
この道を下ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道を下ってきました。
下山道を30分程歩くと白樺の森林帯が見えました。ここからは森林帯の中を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道を30分程歩くと白樺の森林帯が見えました。ここからは森林帯の中を歩きます。
突然開けた場所に出てきました。木々が茶色く色づいています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然開けた場所に出てきました。木々が茶色く色づいています。
避難小屋に到着です。五色沼までは残り15分程度となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋に到着です。五色沼までは残り15分程度となりました。
1
避難小屋の中です。避難小屋と言うだけあって備品が充実しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋の中です。避難小屋と言うだけあって備品が充実しています。
避難小屋から五色沼に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋から五色沼に向かいます。
木に生えていたキノコです。見るからに怪しそうなのですが、私には知識がないのでわかりません。でも生命観があり鮮やかできれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に生えていたキノコです。見るからに怪しそうなのですが、私には知識がないのでわかりません。でも生命観があり鮮やかできれいでした。
2
五色沼に到着しました。ここで昼食を取りました。頂上付近はスペースも狭く登山者も多いため、昼食は五色沼湖畔が良いと思います。湖畔は広く一杯になることはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼に到着しました。ここで昼食を取りました。頂上付近はスペースも狭く登山者も多いため、昼食は五色沼湖畔が良いと思います。湖畔は広く一杯になることはありません。
1
五色沼から見た白根山。それにしても良い天気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼から見た白根山。それにしても良い天気です。
2
カップラーメンとコンビニおにぎりの昼食です。ほんとに山で食べるカップラーメンはおいしいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カップラーメンとコンビニおにぎりの昼食です。ほんとに山で食べるカップラーメンはおいしいですね。
1
毎回お決まりのスタバのコーヒーです。山で飲むスタバのコーヒーは最高です。欠かせません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎回お決まりのスタバのコーヒーです。山で飲むスタバのコーヒーは最高です。欠かせません。
1
五色沼のロケーションです。秋の気配を感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼のロケーションです。秋の気配を感じます。
五色沼から弥陀ヶ池への登山道が始まります。下りだと思っていたのですが、30分程度の登りからのスタートでした。心が折れてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼から弥陀ヶ池への登山道が始まります。下りだと思っていたのですが、30分程度の登りからのスタートでした。心が折れてました。
この辺は完全に木々が色づき始めています。後2週間程度で完全に紅葉するのではないでしょうか。早いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は完全に木々が色づき始めています。後2週間程度で完全に紅葉するのではないでしょうか。早いですね。
弥陀ヶ池に戻ってきました。ここから登ってきた道を下山します。1時間程度下山していきますが時間以上に長く感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ池に戻ってきました。ここから登ってきた道を下山します。1時間程度下山していきますが時間以上に長く感じます。
こんな道のりでした。ところどころ登山道が狭くなり、木の幹、岩などがオーバーハングしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道のりでした。ところどころ登山道が狭くなり、木の幹、岩などがオーバーハングしています。
駐車所に到着です。初めての2,500m、疲労困憊ですが楽しい登山でした。次回はもう少し余裕が持てると思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車所に到着です。初めての2,500m、疲労困憊ですが楽しい登山でした。次回はもう少し余裕が持てると思います。
1
帰りに奥日光湯元温泉の日帰り温泉として入れる「湯の湖壮」で入浴しました。シャワーもなく温調付き蛇口もない小さな温泉でしたが、硫黄泉で最高の温泉でした。600円とリーズナブルです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに奥日光湯元温泉の日帰り温泉として入れる「湯の湖壮」で入浴しました。シャワーもなく温調付き蛇口もない小さな温泉でしたが、硫黄泉で最高の温泉でした。600円とリーズナブルです。

感想/記録

初めての2,500m級の登山となりました。いつもは家の奥さんと写真を撮りながらのまったりした登山を楽しんでいます。今回はO氏(元登山部)との登山で山を登るという事が分かった気がします。途中鼻水と汗で顔がぐちょぐちょになり体調も今一つでした。登るにつれて呼吸も早くなり高山病だと思ったのですが、体調不良と熱中症かなと思います。五色沼からの下山途中シャツを脱ぎ塩飴をなめたら嘘のように体調が回復しました。ツッパリ気味だった足も全く問題なくなりました。O氏曰く「後2〜3回2000m級に登れば慣れますよ」。確かにそうなのかもしれないと思いました。今回は登山をしたと言う実感です。またチャレンジしていきます。
訪問者数:259人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ