ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959656 全員に公開 ハイキング東海

真ノ谷から鈴北岳

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー dedeppo5, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間32分
休憩
1時間36分
合計
6時間8分
Sコグルミ谷登山口07:3107:48コグルミ谷・タテ谷分岐08:0408:12長命水08:1708:47天ケ平(カタクリ峠)09:1010:02御池岳・鈴北岳分岐10:49日本庭園10:5010:54元池10:5511:04鈴北岳11:4612:12御池岳・鈴北岳分岐12:1312:34天ケ平(カタクリ峠)12:3612:59長命水13:0313:13コグルミ谷・タテ谷分岐13:28コグルミ谷登山口13:2913:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

体力差が在り過ぎですが、ハイキングエリアーが近かったので、Iさんに同行をお願いしました。
2016年09月10日 07:47撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体力差が在り過ぎですが、ハイキングエリアーが近かったので、Iさんに同行をお願いしました。
1
カタクリ峠。ここから真ノ谷に下ります。今日の目的は、真ノ谷を鈴北に向かい、テープ等の有無調査と高山植物とキノコ。
2016年09月10日 09:08撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ峠。ここから真ノ谷に下ります。今日の目的は、真ノ谷を鈴北に向かい、テープ等の有無調査と高山植物とキノコ。
1
真ノ谷まで下りて来ました。ここがカタクリ峠への分岐です。ここから上流へ向かいます。
2016年09月10日 09:17撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ノ谷まで下りて来ました。ここがカタクリ峠への分岐です。ここから上流へ向かいます。
3
天気続きだったので川底が出て居り、周りの下草も疎らで、ヤマビルの心配も無いので、ここは、穏やかな気持ちで歩けました。
2016年09月10日 09:21撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気続きだったので川底が出て居り、周りの下草も疎らで、ヤマビルの心配も無いので、ここは、穏やかな気持ちで歩けました。
1
カタクリ峠への分岐から200mの辺りです。入山者は殆ど居ないと見え、踏み跡もなく、日を浴びながら苔絨緞の岩をすり抜ける楽しみがありました。
2016年09月10日 09:29撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ峠への分岐から200mの辺りです。入山者は殆ど居ないと見え、踏み跡もなく、日を浴びながら苔絨緞の岩をすり抜ける楽しみがありました。
2
次第に傾斜はきつくなり、木漏れ日の直射が薄くなる辺りは
2016年09月10日 09:37撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に傾斜はきつくなり、木漏れ日の直射が薄くなる辺りは
2
美事な苔。
秋を前にした全面、「緑の世界」です。
もうここで、1時間見とれてますと仰るカメラマンにも出会いました。
2016年09月10日 10:00撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美事な苔。
秋を前にした全面、「緑の世界」です。
もうここで、1時間見とれてますと仰るカメラマンにも出会いました。
6
御池岳への分岐まで来ましたが、このまま、この谷を鈴北岳へ向かいます。
2016年09月10日 10:01撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳への分岐まで来ましたが、このまま、この谷を鈴北岳へ向かいます。
2
本来、この池から右岸の本流に向かわなければならないのに、私はルートミスし、直進してしまいました。
2016年09月10日 10:18撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来、この池から右岸の本流に向かわなければならないのに、私はルートミスし、直進してしまいました。
2
ミスにより、30分余り浪費して小さな尾根を横切り、本来ルートの、日本庭園に出て来ました。
ここまで来ると、庭園はもう初秋の気配が漂います。でも今年はまだ暑いんでしょうか、池では、手足がまだ出て居ないオタマジャクシが泳いでました。
2016年09月10日 10:53撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミスにより、30分余り浪費して小さな尾根を横切り、本来ルートの、日本庭園に出て来ました。
ここまで来ると、庭園はもう初秋の気配が漂います。でも今年はまだ暑いんでしょうか、池では、手足がまだ出て居ないオタマジャクシが泳いでました。
2
池巡りではないが、元池にも寄ってみました。
以前、地質調査の学生さん達がボーリングしてるところに遭遇し、ここは1億年前は海だったんですよ、と教えて呉れました。
2016年09月10日 10:54撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池巡りではないが、元池にも寄ってみました。
以前、地質調査の学生さん達がボーリングしてるところに遭遇し、ここは1億年前は海だったんですよ、と教えて呉れました。
2
今日は空気も澄んでます。
2016年09月10日 10:54撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は空気も澄んでます。
2
鈴北岳まで上がると、鈴ヶ岳の向こうに琵琶湖が見えてました。
2016年09月10日 11:05撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳まで上がると、鈴ヶ岳の向こうに琵琶湖が見えてました。
4
早朝には、噴煙を上げる御嶽山や乗鞍岳が写真に収められた事でしょう。肉眼では、1本筋で起ち上がる御嶽山の噴煙は見えましたが、私のカメラでは、ダメでした。
2016年09月10日 11:06撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝には、噴煙を上げる御嶽山や乗鞍岳が写真に収められた事でしょう。肉眼では、1本筋で起ち上がる御嶽山の噴煙は見えましたが、私のカメラでは、ダメでした。
4
汗ばんだ体にも心地よい微風の鈴北岳頂上。
ここで昼食とします。
2016年09月10日 11:13撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汗ばんだ体にも心地よい微風の鈴北岳頂上。
ここで昼食とします。
2
復路は、真ノ谷左岸尾根を花とキノコを探しながら
2016年09月10日 11:54撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路は、真ノ谷左岸尾根を花とキノコを探しながら
1
下りましたが
2016年09月10日 12:10撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りましたが
1
目に付いたのは、動物の写真を撮る装置。
2016年09月10日 12:12撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目に付いたのは、動物の写真を撮る装置。
今日の山行目的は叶えられなかったが、写真に収めたのはこの花と
2016年09月10日 10:16撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の山行目的は叶えられなかったが、写真に収めたのはこの花と
3
秋を迎える、ランの仲間。
2016年09月10日 07:57撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋を迎える、ランの仲間。
4
尾根歩きも7合目で合流。あとは、カタクリ峠を経てコグルミ谷登山口に戻りました。
2016年09月10日 12:22撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根歩きも7合目で合流。あとは、カタクリ峠を経てコグルミ谷登山口に戻りました。
1
撮影機材:

感想/記録

駐車場から、コグルミ谷の登山口へ、R306を歩いて居たら、後ろからクラクション。御池を愛する、Oさんでした。伺うと、今日はこれからお池巡りとの事。

以前は、車道を歩いているOさんに、私が話しかけた事がありましたが、今回は逆。今日は、さい先、嬉しいスタートです。

カタクリ峠の出合から上流の真ノ谷は、今まで未踏部分だったが、頼もしいIさんが同行して呉れるので、今回踏み込んでみました。
入ってみると、目印のテープ等も全く無く、踏み跡も認められなかった。

初めてなので、この先何があるかの不安もあったが、岩の無いところは谷底も現れて居るので、容易に歩け、また岩場では、周り一面に苔が生えて居たりで、まるで、造園された庭園に居る感じであった。

肝心の、花とキノコには不発(谷に拘り過ぎて)であったが、真ノ谷の上流部には、支障を来す登山難所の無いことを確認出来たのは、大収穫で有った。(コグルミ谷の、長命水辺りまでは、痩せたヤマビルが這い上がって来てましたので、まだまだ、安心は出来ません。Iさんは被害に遭いました)
訪問者数:170人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2016/9/12 21:41
 収穫ゼロですか・・・。
dedeppo5さん 今晩は。
山中のどこかでお逢いできるかなと期待していましたが
残念でした。

真の谷の情報有難うございます。

私の方も何とかミブナノらしき場所にたどり着けました。
爽やかな秋を感じさせる御池岳は楽しい一日でした。

もし、ミブナノについてご存知なら教えていただけますか?
登録日: 2012/12/25
投稿数: 3913
2016/9/13 15:03
 嬉しいスタート
dedeppo5さん、こんにちは

Oさんとぱったり出会えるとは、幸先良いスタートでしたね。
キノコはまだ時期早かったのですか?
花がないとランの仲間か何かわかりませんね。
来年咲く頃に見に行けたらと思っております。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 259
2016/9/13 18:34
 Re: 嬉しいスタート
収穫もないのに、ご訪問下さり、有り難うございます。

私が知ってるキノコと言えば、ナメコだけですから、周りの枯れ木を探せば在る筈ですが、時期尚早だったと、自分を慰めての、下山となりました。

でも、真ノ谷の上流を(思い込みから、沢を1本間違いながらも)詰めれたのが、自分的には大収穫でした。

これからが御池のシーズンですから、どうぞ、お出でに成って下さい。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 259
2016/9/13 19:24
 Re: 収穫ゼロですか・・・。
なめ茸を探せなかったのが残念ですが、今年は、キノコの成長は遅いとのニュースをその後に聞き、納得しましたが、これからなんでしょうね。

御池周りはonetotaniさんから教わる方が多いんで、私に尋ねられてもですが、ミブナノは、県境尾根を鈴北岳から東に300mのピークから北に伸びる尾根を北へ350m下った、ミニダイラを 指してるんだと思ってましたが、どうでしたでしょうか?

今度、タテ谷を詰めて、キハダの池を回り、ミブナノ経由、鈴北岳行きでも計画しましょうか。(この辺りは、ソロハイカー(山ガール)の方がお詳しいと思いますよ)
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2016/9/13 20:48
 Re[2]: 収穫ゼロですか・・・。
非常に興味深いコース取りですね。
是非ご一緒させて下さい。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 259
2016/9/14 20:48
 Re[3]: 収穫ゼロですか・・・。
はい、嬉しいこと。
ご相談させて下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ