ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965479 全員に公開 沢登り札幌近郊

狭薄山(反省点多しの初登頂)

日程 2016年09月22日(木) [日帰り]
メンバー yuhokai
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道230号線の定山渓トンネルを抜けて中山峠方面に約300mを左に。林道ゲート前に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間13分
休憩
9分
合計
12時間22分
Sスタート地点07:4314:05狭薄山14:1420:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※途中でスマホがダウンしてしまい下山のログは行程の半分が手書きです
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 スマホの調子が悪い。見かけのバッテリー残は半分位なのに急に落ちてしまう。そろそろ買い替え時なのかなー?

写真

林道ゲート前に駐車
2016年09月22日 07:44撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲート前に駐車
林道は余裕でクルマ2台が交差できそうです
2016年09月22日 08:13撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は余裕でクルマ2台が交差できそうです
定山渓大橋。林道からここまで約45分。帰路は登り返しになるので小一時間を見ておくといいでしょう
2016年09月22日 08:29撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定山渓大橋。林道からここまで約45分。帰路は登り返しになるので小一時間を見ておくといいでしょう
1
狭薄沢のバックウォーター
2016年09月22日 08:31撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭薄沢のバックウォーター
2
沢への最終アプローチ。入渓ポイントにはピンクテープの目印あり
2016年09月22日 08:34撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢への最終アプローチ。入渓ポイントにはピンクテープの目印あり
ちょっと悪そうだけど可愛いキノコ(笑)
2016年09月22日 08:34撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと悪そうだけど可愛いキノコ(笑)
最初はこんな感じの流れ
2016年09月22日 08:40撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じの流れ
3
釜の水が綺麗です
2016年09月22日 08:56撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜の水が綺麗です
2
キノコって一体何種類くらいあるのか?
2016年09月22日 09:22撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコって一体何種類くらいあるのか?
魚止の滝でしょうか?これより上流には魚の姿はみかけませんでした
2016年09月22日 09:24撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止の滝でしょうか?これより上流には魚の姿はみかけませんでした
3
キノコ観察、楽しい♪
2016年09月22日 09:31撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ観察、楽しい♪
巨大コルゲート管
2016年09月22日 10:02撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大コルゲート管
3
くぐります!
2016年09月22日 10:03撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くぐります!
4
なんの柵でしょう?
2016年09月22日 10:07撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんの柵でしょう?
空は曇っていてもこの透明感!
2016年09月22日 10:25撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空は曇っていてもこの透明感!
2
チャラ瀬が続きます
2016年09月22日 10:29撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チャラ瀬が続きます
この三段の滝は見事です
2016年09月22日 11:15撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この三段の滝は見事です
2
ほんとに猿が腰掛けそうな…
2016年09月22日 11:33撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとに猿が腰掛けそうな…
大量の流木!
2016年09月22日 11:35撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大量の流木!
源頭部まできましたよ!
2016年09月22日 12:58撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭部まできましたよ!
3
笹薮を漕ぎます!
2016年09月22日 13:23撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹薮を漕ぎます!
3
尾根に出ましたが…ハードなブッシュが待ち受けていました(´д`)
2016年09月22日 13:54撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ましたが…ハードなブッシュが待ち受けていました(´д`)
1
念願の狭薄山初登頂です!
2016年09月22日 14:05撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願の狭薄山初登頂です!
13
ガスの向こうになんとか札幌岳のシルエットが。景色はこれだけ…
2016年09月22日 14:37撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの向こうになんとか札幌岳のシルエットが。景色はこれだけ…

感想/記録

 これまで残雪期や沢登りでチャレンジしたものの登頂叶わぬ狭薄山。なぜか天候に恵まれない。吹雪に遭ったりゲリラ豪雨にあったりと…。今回はそんな経緯もあってなんとか登頂を果たしたかった。いや、無理は禁物、との条件付きで。なのに!はからずも下山はヘッドランプ頼りの遡行となってしまった。長い林道歩きを終え車に到着したのは真っ暗闇の午後8時!念願の登頂は果たせたが、家族や友人を心配させてしまったし、これは全く由々しき事態!ということで、今回は反省レポ。

反省点1=日が短い季節になった、というのに出発が午前8時とあまりに遅すぎた。これからの季節は夜明け前に現地で待機し、日の出とともに行動開始くらいのプランニングが必要
反省点2=午後1時を目処に山頂に到着しなければその時点で引き返す、と肝に銘じて登っていたが、1時の時点で山頂まであともう少しの地点まで来ていた。その後の藪こぎに予想以上の時間がかかり、結局登頂したのは午後2時になっていた
反省点3=沢にまだまだ不慣れなため自分のスピードが把握できていない。遡行をしながらの修正案ではヘッデン歩きは最後の林道のみと算段したが、実際は沢を遡行中に日が暮れてしまった

 反省点1に関しては頭では理解していてもまだ体が夏の気分から抜け出せていないことが背景にある。季節の変わり目ではよくあることなのだが、これからは早めの行動を厳守したい。反省点2は過去の失敗から「なんとしても…」という気持ちが強かったことが挙げられる。山頂までに残した標高差は150mほどであったが、夏道ならまだしも藪こぎを控えているなら諦めたほうが無難だった。藪こぎは沢登りに付きものだし、そう言った意味では反省点3にも関わることだ。沢の水量や藪の状態から判断して自分ならどれくらいの時間でクリアできるか…?その把握をマスターするには一筋縄ではいかない。この問題の解決には経験を積み時間をかけて取り組むしかないだろう。しかし夏道と比較し不確定要素に左右されやすいということだけは断言できそうだ。

 と、まぁそうは言いつつも、実際の現場では文句を(自分に対して)ひとりごちながらも状況に合わせた判断ができるようになった点は成長なのかも知れない。伸るか反るかのしのぎ合いを楽しむのも登山の醍醐味の一つなのかな、と、考えさせられる山行であった。
訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/8
投稿数: 615
2016/9/23 8:07
 びっくりしましたよー
そこまで強い登頂意欲を持って臨んでいたとは…
考えてみれば今年2度目(残雪期も入れれば3度目?)の狭薄山挑戦でしたもんね。
いつも通り、良いところで止めにして岩魚と遊んで帰ってくるのかと思ってましたよー。

日はめっきり短くなりました。
僕もyuhokaiさんの反省を肝に銘じて気を付けて山行します。
登録日: 2011/5/4
投稿数: 171
2016/9/23 11:17
 Re: びっくりしましたよー
そーなんですよー!
二度あることは、、、にはしたくなかったのでギリギリまで頑張りました(^^)
ご心配おかけしてスミマセン。
次回は●鳥から下山報告できるよーに気を付けまーす!
登録日: 2014/9/21
投稿数: 521
2016/9/23 12:45
 Re[2]: びっくりしましたよー
そうですよ!
やっぱりyuhokaiさんの下山報告は●鳥じゃないと
でも、登頂出来て良かったですね!
登録日: 2011/5/4
投稿数: 171
2016/9/23 13:30
 Re[3]: びっくりしましたよー
ありがとうございます
なんたって三度目の正直ですから!
でも確かにハイボールと焼鳥が恋しくて仕方なかったッス!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ