ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970919 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳 秋の気配(西黒尾根〜谷川岳〜一ノ倉岳)

日程 2016年09月30日(金) [日帰り]
メンバー Nya_Toro
天候晴→曇
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往路:06:42上野駅→(たにがわ401号)→07:53上毛高原駅→08:00上毛高原駅BS(関越交通バス)→08:45谷川岳ロープウェイ駅BS
復路:14:34天神平ロープウエイ駅→(ロープウェイ)→14:48谷川岳ロープウエイ駅→14:55川岳ロープウェイ駅BS→(関越交通バス)→15:45上毛高原駅→(たにがわ330号)→17:22上野駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
18分
合計
5時間36分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ08:5208:58西黒尾根登山口10:19ラクダの背(ラクダのコブ)10:22ラクダのコル10:56ザンゲ岩11:13谷川岳(トマノ耳)11:1511:26谷川岳(オキの耳)11:3011:57ノゾキ12:10一ノ倉岳12:2212:37ノゾキ12:59谷川岳(オキの耳)13:13谷川岳(トマノ耳)13:16谷川岳・肩の小屋13:39天狗の留まり場14:01熊穴沢避難小屋14:28天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は整備されており、特段危険な箇所はなし。岩が滑りやすい箇所はあり。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ

写真

ベースプラザから少し登り、西黒尾根登山口からスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベースプラザから少し登り、西黒尾根登山口からスタート。
3
最初は樹林帯の急坂を黙々と登る。既に結構大変・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は樹林帯の急坂を黙々と登る。既に結構大変・・。
2
1時間ほど登ると、光が見えてきて・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほど登ると、光が見えてきて・・・
2
視界が一気に開ける!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が一気に開ける!
2
この辺りでよく見かけた花。詳しくないので・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでよく見かけた花。詳しくないので・・・。
2
こんな感じの鎖場を連続して超えていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの鎖場を連続して超えていく。
3
これ、不思議。葉っぱに実がなっている???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、不思議。葉っぱに実がなっている???
ラクダの背で一休み。谷川岳の山頂は霧がかかっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダの背で一休み。谷川岳の山頂は霧がかかっている。
5
まだまだ西黒尾根の先は長い・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ西黒尾根の先は長い・・・。
5
岩場をガツガツと登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場をガツガツと登っていく。
2
谷川岳の山頂方面が晴れてきた!。早く登りたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳の山頂方面が晴れてきた!。早く登りたい。
6
かなり高度も上がってきている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり高度も上がってきている。
1
岩場を抜けるといきなりこの風景になって不思議。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を抜けるといきなりこの風景になって不思議。
2
天神平(ロープウエイ駅)からのルートと合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平(ロープウエイ駅)からのルートと合流。
2
ここまで来れば一つ目の山頂はあと少し!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば一つ目の山頂はあと少し!
2
・・と思ったら、急に霧が上がってきて、西側は視界ゼロ。登ってきたルートを上から見たかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・と思ったら、急に霧が上がってきて、西側は視界ゼロ。登ってきたルートを上から見たかった。
3
東側は良い天気。遠くまで見渡せる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側は良い天気。遠くまで見渡せる。
3
気を取り直してもう一つの山頂(オキの耳)に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を取り直してもう一つの山頂(オキの耳)に向かう。
2
ナナカマド、かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド、かな?
1
無事、オキの耳に到着。霧は晴れている!。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、オキの耳に到着。霧は晴れている!。
8
縦走路の先まで。素敵な景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路の先まで。素敵な景色。
1
秋の気配を感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の気配を感じます。
6
もう一つ奥の一ノ倉岳を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つ奥の一ノ倉岳を目指します。
2
東側の斜面は既に秋色に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の斜面は既に秋色に。
1
空の青とのコントラストが素敵です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空の青とのコントラストが素敵です。
1
一ノ倉岳はすぐそこに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳はすぐそこに。
4
足元にはキノコ・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元にはキノコ・・。
この辺りも黄色くなってきています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りも黄色くなってきています。
一ノ倉岳の山頂のすぐ下あたり。右側は絶壁のはずだが、ガスっていて何も見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳の山頂のすぐ下あたり。右側は絶壁のはずだが、ガスっていて何も見えない。
1
到着。ここでゆっくり昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。ここでゆっくり昼食。
3
一ノ倉岳山頂からの展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳山頂からの展望。
6
振り返ると、谷川岳の双耳峰の左側(西側)は真っ白。見えれば絶壁が切れ落ちています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、谷川岳の双耳峰の左側(西側)は真っ白。見えれば絶壁が切れ落ちています。
6
西側の絶壁を「のぞく」ためのスポットですが、何も見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の絶壁を「のぞく」ためのスポットですが、何も見えず。
1
東側はあいかわらず空がきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側はあいかわらず空がきれいです。
2
オキの耳、トマの耳を経由して天神平へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳、トマの耳を経由して天神平へ。
1
・・と思ったら、一気にガスってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・と思ったら、一気にガスってきた。
視界不良・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界不良・・。
あとは天神平に向かってひたすら降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは天神平に向かってひたすら降りる。
1
ゴールは天神平ロープウエイ駅。楽しかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールは天神平ロープウエイ駅。楽しかった!
2

感想/記録

登ってみたかった谷川岳の西黒尾根。9月に入ってからは天気予報とにらめっこだったが、ようやく晴れ予報の日に予定が合ったので登ることに。
<西黒尾根>
 ・最初の1時間は樹林帯の急坂を辛抱して登り続ける。
 ・尾根に出てからは前後左右が開けて素晴らしい眺望。
 ・ラクダのコルまでは鎖場の連続で、登ったり降りたりの繰り返し。
 ・そこからは岩場に取りついてガツガツ登る。やや滑りやすい。
<谷川岳>
 ・トマの耳は、ガスってしまって何も見えず・・残念。
 ・オキの耳は、ガスが晴れて東側は良い眺望。秋の景色も。
  登ってきた西側は全体がガスってしまっていて全く見えず・・。
<一ノ倉岳>
 ・もう少し足を延ばして一ノ倉岳へ。
 ・滑りやすい岩場だが、稜線上は晴れていて気持ちくよく進む。
 ・一ノ倉岳手前は急坂。右側は切れ落ちている。
  (ここを登る人たちがいるのが信じられない・・・)
 ・頂上で休憩・昼休み。人が少なく静か。
<帰路>
 ・トマの耳まで戻ったところで、ガスが上がってきて視界不良に。
 ・真っ白な中、ひたすら降りて、天神平ロープウエイ駅にゴール。
山を登っている!という感覚と、素晴らしい眺望を得られた良い山行でした。
(移動距離は12km。でも、西黒尾根のダメージは大きい・・・)
訪問者数:459人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 鎖場 ナナカマド 双耳峰 コル 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ