ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977745 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

両神山・赤岩尾根縦走 - 絶壁の絶景岩稜を歩く@上落合橋

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー Hassie2999
天候10/10:曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆自家用車
上落合橋(約10台ほどのスペース)
周辺にも数台分スペースあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間22分
休憩
1時間0分
合計
6時間22分
S上落合橋登山口07:2807:52ニッチツ社宅跡07:5509:03赤岩峠09:3810:09赤岩岳10:1212:45P1(赤岩尾根)12:4613:06八丁峠13:2413:50上落合橋登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩行距離:7.0km
累積標高差(登り):719m
累積標高差(下り):712m
コース状況/
危険箇所等
◆登山道状況
○赤岩峠登山口〜赤岩岳
上落合橋起点の場合は林道を約2.3km歩く
ニッチツ社宅跡を抜け、アカマツの植林帯を登る
九十九折れの急坂は薄暗く、普段から日が届かない様子
石祠のある開けた場所が赤岩峠
赤岩尾根を歩き間もなく左へ巻き道を進む
赤岩岳のコルから北面に取り付き、絶壁の岩壁を進む
樹林帯の急坂を登り切ると赤岩岳の山頂

○赤岩岳〜1583峰
樹林帯を下ると前衛峰の岩壁に着く
左へ進み、2本のロープが垂れ下がったガリーを登攀する
上部はオーバーハングしており注意を要す
さらに進めば眼前に迫る1583峰が圧巻
基部をトラバースするとスラブの岩壁に出る
幾つかロープが垂れ下がっているが古くて使い物にならない
立木や足場のホールドをしっかりと見定めて三点支持を心掛ける
登りやすいルートを選んで進む事になるが、絶壁の岩壁のためミスは出来ない
ルートを見誤ると進退窮まる場合もあるので要注意
スラブの岩壁を登り切るとキレットの悪場
両側が切れ落ちた岩稜帯を進むと1583峰のピークだが、山頂を示す標識はない

○P4〜P3〜P2
1583峰から尾根を外れるように樹林帯を下るが
すぐさま赤岩尾根縦走路に取り付く
何度も方位転換するため、方向を見失わないように歩く
P4基部を右から巻いて登り切るとP4のピークに立つ
P3はホールドの良いチムニーの岩壁を登攀
P3〜P2のコルでは赤テープに導かれるように踏み跡が続いているが
そのまま進むと北方の尾根に迷い込んでしまう
赤テープを左に見送りそのまま尾根上を進むと、間もなくP2

○P1〜八丁峠
長く続いた赤岩尾根岩稜歩きのクライマックス
基部を右に巻き道が続くが、直登ルートも存在する
足場を選び岩稜を登り切るとP1直下にナイフリッジ
左側からリッジを乗り越えるように登り切れば
赤岩尾根最高地点であるP1に立ち、大展望が広がる
振り返れば赤岩尾根の岩稜帯が連なり
正面には八丁尾根が屏風のように裾野を広げる
抜群の高度感の中、興奮と感動に包まれる
大山祇神の石祠を参詣し、尾根を左に外れ下って行くと八丁峠に着く

写真

上落合橋(標高:1150m)
路肩に数台分のスペース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上落合橋(標高:1150m)
路肩に数台分のスペース
1
林道を進みます
歩行距離は約2.3km
30分弱です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を進みます
歩行距離は約2.3km
30分弱です
2
ニッチツ社宅跡入口
赤岩峠登山口(標高:950m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッチツ社宅跡入口
赤岩峠登山口(標高:950m)
1
こちらの方が
駐車スペースが広い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの方が
駐車スペースが広い
1
幽玄な赤岩岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幽玄な赤岩岳
2
社宅跡を通り抜けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社宅跡を通り抜けます
1
敷地内はこのような警告
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
敷地内はこのような警告
1
登山道入口の目印
鉄板の橋を渡り
樹林帯に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口の目印
鉄板の橋を渡り
樹林帯に入ります
2
アカマツの植林帯
日が届かないようで
かなり薄暗いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカマツの植林帯
日が届かないようで
かなり薄暗いです
1
尾根に取り付き
雑木林を緩やかに登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に取り付き
雑木林を緩やかに登ります
1
両神山は雲の中です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山は雲の中です
1
九十九折の急坂を登る
赤岩峠が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折の急坂を登る
赤岩峠が見えてきました
2
赤岩峠(標高:1440m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩峠(標高:1440m)
3
ここから赤岩尾根の縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから赤岩尾根の縦走路
2
尾根を外れ
左の巻き道を下ります
直進すると岩壁に当たる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を外れ
左の巻き道を下ります
直進すると岩壁に当たる
2
赤岩岳の基部を巻く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩岳の基部を巻く
1
左から回り込むと
やがて赤岩岳のコル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から回り込むと
やがて赤岩岳のコル
2
大ナゲシの尖峰
西上州らしい藪岩です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ナゲシの尖峰
西上州らしい藪岩です
4
後続の健脚おじさんも
大展望に圧倒?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続の健脚おじさんも
大展望に圧倒?
3
赤岩岳北稜
先行者が見えました
両側が切れ落ちています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩岳北稜
先行者が見えました
両側が切れ落ちています
5
樹林帯の急坂
木の根が張り巡っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の急坂
木の根が張り巡っています
1
赤岩岳(標高:1520m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩岳(標高:1520m)
1
登山口があんな下に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口があんな下に
1
樹林帯を下る
ここからハードな登下降が
各ピーク毎に続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を下る
ここからハードな登下降が
各ピーク毎に続きます
1
北東への屈曲点
ここは左へ折れます
そのまま尾根を進むと
やがて踏み跡が薄くなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東への屈曲点
ここは左へ折れます
そのまま尾根を進むと
やがて踏み跡が薄くなる
1
尾根を進むと
おそらくここに合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を進むと
おそらくここに合流
1
前衛峰の基部
左に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前衛峰の基部
左に向かいます
2
ロープが垂れ下がるガリー
上部はオーバーハング
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープが垂れ下がるガリー
上部はオーバーハング
3
支点は新しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支点は新しい
2
後続者が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続者が続きます
2
1583峰が眼前に迫る
第一印象…どこを歩く?
正面リッジではなく
スラブの岩壁に
登攀ルートがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1583峰が眼前に迫る
第一印象…どこを歩く?
正面リッジではなく
スラブの岩壁に
登攀ルートがあります
4
際どいトラバース
今にも切れそうなロープ
体重は掛けられません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
際どいトラバース
今にも切れそうなロープ
体重は掛けられません
2
スラブの岩壁を登る
トラロープはボロボロ
使い物にはなりませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スラブの岩壁を登る
トラロープはボロボロ
使い物にはなりませんでした
2
1583峰のピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1583峰のピーク
2
P4が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P4が見えてきました
3
一度下って
大岩を潜り抜けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度下って
大岩を潜り抜けます
2
P4基部を右から巻きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P4基部を右から巻きます
2
再び尾根の登下降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び尾根の登下降
2
P3基部のチムニー
ホールドが良いので
難しくはありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3基部のチムニー
ホールドが良いので
難しくはありません
2
P3と書かれた標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3と書かれた標識
2
赤テープをどんどん進むと
違う尾根に向かってしまう
テープを無視して
尾根上を歩きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープをどんどん進むと
違う尾根に向かってしまう
テープを無視して
尾根上を歩きました
2
間もなくP2に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなくP2に到着
2
P1への挑戦
長い赤岩尾根も
いよいよクライマックス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1への挑戦
長い赤岩尾根も
いよいよクライマックス
5
P1基部の岩壁
ルートは2つに分かれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1基部の岩壁
ルートは2つに分かれます
2
右へ続く巻き道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ続く巻き道
2
良さそうな足場を選んで
P1岩壁を直登します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良さそうな足場を選んで
P1岩壁を直登します
2
ナイフリッジを越えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジを越えます
4
P1の標識(標高:1589m)
赤岩尾根の最高地点です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1の標識(標高:1589m)
赤岩尾根の最高地点です
2
軌跡を振り返る
抜群の高度感と
素晴らしい岩稜尾根でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軌跡を振り返る
抜群の高度感と
素晴らしい岩稜尾根でした
7
両神山と八丁尾根も
出迎えてくれました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山と八丁尾根も
出迎えてくれました
3
八丁峠と書かれたプレート
ここでP1巻き道と合流します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠と書かれたプレート
ここでP1巻き道と合流します
2
大山祇神の石祠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山祇神の石祠
2
尾根を外れ
左へ下って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を外れ
左へ下って行きます
2
赤岩尾根縦走路の終点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩尾根縦走路の終点
2
八丁峠(標高:1490m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠(標高:1490m)
1
柔かい快適な九十九折を
下っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柔かい快適な九十九折を
下っていきます
2
八丁峠登山口
安全に帰着できました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠登山口
安全に帰着できました
1

感想/記録

10月3連休最終日は、西上州屈指の岩稜ルートである赤岩尾根縦走路を歩いてきました。
3連休最終日に好天予報が出ていたため
八丁隧道側も上落合橋側も満車状態で、盛況の様相でした(赤岩尾根は3組)。
午前中は雲が多く、霧が出ている状況だったのが
昼前には次第に晴れてきて大展望の岩稜歩きとなりました。
とても健脚な単独行のおじさんと行動機会が巡り合わさり
休憩時に会話を楽しんだりしながら過ごしました。
行程最後にお互いを讃え、お別れを告げて帰路に着きました。

赤岩尾根縦走路は岩登りの難易度というよりも
眺望のきかない樹林帯の中を、幾度も幾度も方位転換しながら歩くため
その点でルートファインディングを難しくさせていると感じました。
ここでいうルートファインディングとは、ルートロスをしない技術ではなく
ルートミスに気付いた時に、正しいルートを確実に見つけられる技術です。
場所によっては進退窮まるような箇所も存在したため
ロープや確保器を携行して安全登高に努めました(実際は未使用です)。
それでもルートを誤り間違った方向へ歩いている事が幾度もありました。
少しでも「踏み跡が薄い…道が消えた…何かおかしい」と気付いたら
即座に来た道を戻る決断を下そう!と心掛けて歩いていました。
その反面、ルートファインディングを存分に楽しむ事が出来るので
西上州の面白さを十二分に味わえる、とても素晴らしい山歩きとなりました。
訪問者数:341人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/15
投稿数: 23
2016/10/12 20:09
 お!
行ってきたな〜
なかなか面白そうやね!
長野県からの距離がなぁ
登録日: 2011/7/10
投稿数: 83
2016/10/13 12:51
 Re: お!
うむ。
藪岩の中を、こっち違うそっち違うとルートを探しながら
藪を掻き分けたり岩を登ったりと、とても楽しめたよ
往路は信州峠を超えて長野側から入ったんだけど、
北相木村から、ぶどう峠を越えて行ったよ
マムシ岳の登山口を見たかったので。。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ