ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978370 全員に公開 ハイキング甲信越

巻機山

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー hekomuki(CL), その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
<行き>
12:20 練馬区役所発 高速バス新潟線
14:50頃 湯沢IC着
15:10頃 越後湯沢駅着。ICから徒歩で移動しました。
レンタカーを借りてから越後湯沢に前泊。
翌朝は5:30出発、6:20に登山口駐車場着。

<帰り>
新幹線で帰ってきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
1時間3分
合計
7時間48分
S桜坂駐車場06:3707:285合目07:3608:086合目09:34ニセ巻機山09:3509:48巻機山避難小屋09:4910:12御機屋(巻機山山頂の標)10:1510:24巻機山10:5111:00御機屋(巻機山山頂の標)11:0111:20巻機山避難小屋11:3211:45ニセ巻機山11:4713:295合目13:3714:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSロガーの精度がイマイチで、標高差、距離は誤差を含んでいると思われます。
コース状況/
危険箇所等
前日が雨だったため全域がぬかるんでいました。
6合目付近で2回転倒しました。
1回目はぬかるみを避けようとして谷側の道ギリギリを踏み外して滑落未遂。
2回目は木の根の上で靴が滑って大外刈り状態。
特に木の根や倒木は上からはフラットに見えても斜めになってたりするので要注意です。
その他周辺情報越後湯沢のぽんしゅ館で利き酒してきました。
500円で最大5種類のお酒を試飲できます。
妻はほろ酔いで上機嫌でしたが、私はへべれけになりました。
1合は飲めない、という方にお勧めです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック

写真

駐車場より。
この時は「いける!」と思ってたんです。
2016年10月10日 06:21撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場より。
この時は「いける!」と思ってたんです。
1
森を抜けたらこれです。
2016年10月10日 08:11撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森を抜けたらこれです。
8合目。
2016年10月10日 08:50撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目。
1
少しだけ青空が見えたので、もうちょっとで晴れるのかなと思いました。
2016年10月10日 08:51撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ青空が見えたので、もうちょっとで晴れるのかなと思いました。
ニセ巻機山というのは俗称だと思ってました。
標識にもニセって書かれるのはちょっとかわいそう。
2016年10月10日 09:40撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセ巻機山というのは俗称だと思ってました。
標識にもニセって書かれるのはちょっとかわいそう。
1
これもある意味偽物です。
2016年10月10日 10:14撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもある意味偽物です。
1
本物の山頂はこちら。
2016年10月10日 10:27撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本物の山頂はこちら。
1
避難小屋まで戻ってきました。
晴れていたら山頂が見えているはずです。
2016年10月10日 11:27撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋まで戻ってきました。
晴れていたら山頂が見えているはずです。
1
撮影機材:

感想/記録

天気予報を見て、雨が降らなそうな巻機山をチョイスしたところ、雨には降られなかったものの、ずっと曇ったままでした。

ニセ巻機山あたりで霧が晴れかけたので一瞬期待しましたが、すぐに元通りです。

さらに足元はドロドロでした。
登山口から100mくらいでもうぬかるみ始めます。歩き始めてしまうとゲイターを着けるのが面倒になってしまい、そのまま登ってしまいましたが、7合目あたりでひざ下まで水玉模様になっておりました。樹林帯を抜けて頭上が開けても足元はぬかるんでおり、先行している人の足元から泥水がジュワっと流れてきます。
帰り道の途中でようやくゲイターを装着しましたが、2回転倒した挙句、降りてきた時には靴が全く違う色になってました。

晴れていたらきっと稜線歩きを楽しめるんでしょうけど、
今回はちょっと悔いの残る結果になってしまいました。
来年、チャンスがあればリベンジしたいと思います。
訪問者数:42人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

避難小屋 滑落 倒木
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ