ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979556 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

やっと晴れた!久しぶりの北アルプス^^大天井岳ピストン

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー taeji
天候麓は霧、上はピーカン
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一の沢駐車場まで自家用車で約1時間45分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間39分
休憩
1時間9分
合計
8時間48分
S常念岳登山者用駐車場06:0506:20一ノ沢登山口06:26山ノ神07:00王滝ベンチ07:17烏帽子沢07:1907:35笠原沢08:11最終水場08:1608:41常念小屋08:5310:04東天井岳10:42大天荘10:49大天井岳10:5411:02大天荘11:2811:59東天井岳12:52常念小屋13:0213:17最終水場13:2413:48笠原沢14:01烏帽子沢14:15王滝ベンチ14:39山ノ神14:45一ノ沢登山口14:4714:52常念岳登山者用駐車場14:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし。
雨上がりのため登山道が至る所で沢状態に。
また、下りは湿った石や木の根で転倒しないよう注意。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

6時前に駐車場に到着。もう少し上のほうに駐車場があるが上の駐車場はすでに一杯でこちらに停めているのだろう。
2016年10月10日 06:01撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時前に駐車場に到着。もう少し上のほうに駐車場があるが上の駐車場はすでに一杯でこちらに停めているのだろう。
1
200mほど上に行くとメインの駐車場があるがやはりすでに一杯のようだ。
2016年10月10日 06:05撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200mほど上に行くとメインの駐車場があるがやはりすでに一杯のようだ。
1
1匸し車道を登って登山道入口に到着。
霧がかなり深い。入口にはおじさんが立っていて登山届の提出を呼び掛けていた。
2016年10月10日 06:16撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1匸し車道を登って登山道入口に到着。
霧がかなり深い。入口にはおじさんが立っていて登山届の提出を呼び掛けていた。
さて、出発です!
2016年10月10日 06:19撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、出発です!
山の神にお参り。安全登山を祈願します。
2016年10月10日 06:27撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神にお参り。安全登山を祈願します。
途中、何か所かで倒木があり登山道を塞いでいました。折れた断面を見るとまだつい最近のようです。
2016年10月10日 06:39撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、何か所かで倒木があり登山道を塞いでいました。折れた断面を見るとまだつい最近のようです。
常念岳方面。霧に覆われていてよく見えません。
2016年10月10日 07:47撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳方面。霧に覆われていてよく見えません。
いよいよ本格的な登りがスタートします。
2016年10月10日 07:57撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ本格的な登りがスタートします。
最終水場を過ぎ、
2016年10月10日 08:11撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場を過ぎ、
第1ベンチを過ぎると、
2016年10月10日 08:18撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1ベンチを過ぎると、
常念岳が間近に迫ってきます。
2016年10月10日 08:21撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳が間近に迫ってきます。
登り始めて2時間半ほどで常念乗越に到着。
槍と穂高、素晴らしい絶景です!
2016年10月10日 08:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて2時間半ほどで常念乗越に到着。
槍と穂高、素晴らしい絶景です!
6
拡大すると槍の肩の小屋とか西岳の小屋とかもよく見えます。
2016年10月10日 08:39撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拡大すると槍の肩の小屋とか西岳の小屋とかもよく見えます。
5
常念小屋の屋根と槍穂高。
2016年10月10日 08:51撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋の屋根と槍穂高。
1
これから向かう横通岳、方面。
2016年10月10日 08:51撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう横通岳、方面。
2
横通岳あたりから大天井岳方面。
2016年10月10日 09:29撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通岳あたりから大天井岳方面。
2
安曇野の麓方面を見ると見渡す限りの雲海。
2016年10月10日 09:32撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安曇野の麓方面を見ると見渡す限りの雲海。
3
大天井岳方面にどんどん進んで行くと見る角度の関係で槍はだんだん見えなくなりますが、ピークを一つ越えるとまた見え始めます。
2016年10月10日 10:05撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳方面にどんどん進んで行くと見る角度の関係で槍はだんだん見えなくなりますが、ピークを一つ越えるとまた見え始めます。
2
もう一つピークを越えると大天荘とその向こうに大天井岳のピークが見え始めます。
2016年10月10日 10:36撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つピークを越えると大天荘とその向こうに大天井岳のピークが見え始めます。
2
大天荘に到着。
2016年10月10日 10:40撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天荘に到着。
1
さらに10分ほどで大天井岳頂上に到着。ここからの槍穂高も絶景です^^
2016年10月10日 10:52撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに10分ほどで大天井岳頂上に到着。ここからの槍穂高も絶景です^^
6
南方向は雲海ですが、
2016年10月10日 10:49撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方向は雲海ですが、
かなたに富士山が見えています。
2016年10月10日 10:50撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなたに富士山が見えています。
3
雲海に浮かぶ富士山拡大です。
2016年10月10日 10:50撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ富士山拡大です。
1
こちらは北側、燕岳方面です。
2016年10月10日 10:54撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは北側、燕岳方面です。
1
同じ道を引き返し再び常念乗越まで戻ってきました。
2016年10月10日 13:02撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ道を引き返し再び常念乗越まで戻ってきました。
ここで槍穂高と別れを告げて一の沢登山道入口に向けて下り始めます。
2016年10月10日 13:02撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで槍穂高と別れを告げて一の沢登山道入口に向けて下り始めます。
1時間40分ほどで登山道入口まで戻ってきました。
2016年10月10日 14:44撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間40分ほどで登山道入口まで戻ってきました。

感想/記録
by taeji

3連休最終日、やっと晴れました。
ここしばらく、予定がなく山に行けそうな時は天気が悪く、逆に天気がいい時には予定があって山に行けない、という状態が続いておりなかなか山に行けない状況が続いていました。この3連休は特に用事がなかったので1泊か2泊でもしてちょっと遠くまで、というつもりもありましたが、結局最初の2日間は天気が悪く最終日1日だけの山行になりました。
行先は今年初の北アルプス。今年は別の地域に行くことが多かったのですが、やはり年に一度は行ってみたいものです。
一の沢からのコースは、予想はしていたのですが、やはり雨上がりのせいで何か所かで登山道が沢状態になっていましたが大きな問題はありませんでした。でも、下りは要注意で濡れた岩とか木の根っこを踏むとあっという間に滑って転倒ということが何度もありました。でも、一の沢を離れてからは登り下り共にそんな問題から解放され快適な山歩きを楽しめました。
今回は一の沢の登山道入口から大天井岳までを完全に同じ道を往復するピストンでしたが、行と帰りとで槍穂高の景色も角度の違い、光の当たり方の違いでまた違って見えなかなかよい絶景を楽しめてよかったかなと思います。
訪問者数:288人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/19
投稿数: 28
2016/10/12 23:40
 初めまして
当日同じルートを歩いた者です。
稜線上で自分が上りでtaejiさんが下りの際に
すれ違ったのでは?と思います。
乗越から上は大逆転の好展望の一日でしたね!
ではまたどこかのお山でお会いしましょうpaper
登録日: 2012/10/14
投稿数: 250
2016/10/13 19:10
 Re: 初めまして
rumomaさん、コメントありがとうございます。先ほど山レコ拝見しました。1時間ほど後から同じコースを歩かれたんですね。コースタイムから判断して大天井岳から常念乗越の稜線のどこかですれ違ったようですね。本当に大展望でよかったですね^^
またどこかのお山でお会いしましょう^^

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 乗越 水場 倒木 山行 ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ