ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大天井岳

大天井岳(おてんしょうだけ)

最終更新者 Raccoon-dog
基本情報
標高 2922m
場所 北緯36度21分54秒, 東経137度42分03秒
山頂
展望ポイント

大天井岳の日の出・日の入り時刻

03/27(月) 03/28(火) 03/29(水) 03/30(木) 03/31(金) 04/01(土) 04/02(日)
日の出 5時34分 5時33分 5時31分 5時30分 5時28分 5時27分 5時25分
日の入り 18時17分 18時18分 18時19分 18時19分 18時20分 18時21分 18時22分

大天井岳 (標高2922m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
-6.7
平均気温
-11.5
最低気温
-16.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 5.2 mm/日
最深積雪 85 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大天井岳(おてんしょうだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,922 mの山。長野県の大町市・安曇野市・松本市にまたがる常念山脈の最高峰。
大糸線有明駅の西15.9 kmに位置し、中房温泉から合戦尾根を経て槍ヶ岳へ登る表銀座縦走コースと常念山脈との分岐点の山である。ただし、登山道は山頂を通らず巻道となっている。中部山岳国立公園内にあり、日本二百名山に選定されている。
山体は中生代の花崗岩からなり、山頂部には中生代の輝緑岩が混じる。山頂部は森林限界を越える高山帯で、砂礫地にはハイマツが分布し特別天然記念物のライチョウの生息地となっている。山腹では、イワヒゲ、コマクサ、クモマスミレなどの高山植物が自生しているや安曇富士ともよばれる有明山と比べると、奥まった位置にあるため目立たない存在となっている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「大天井岳」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  130    66 
2017年03月19日(3日間)
甲信越
  37   24 
2017年03月19日(5日間)
槍・穂高・乗鞍
  107     72  2 
2017年01月07日(4日間)
槍・穂高・乗鞍
  14    26 
2017年01月01日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  43     18 
2016年12月24日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  163     155  2 
2016年11月29日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  98    170  18 
2016年11月20日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  96    29 
2016年11月05日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  96    6 
2016年11月01日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  77    25  4 
2016年10月30日(日帰り)
ページの先頭へ