ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983094 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

原生林を辿る奥茶臼山

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー voyjar
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間45分
休憩
40分
合計
8時間25分
Sしらびそ峠06:0006:30前尾高山07:10尾高山07:2007:55奥尾高山08:40岩本山09:50奥茶臼山10:2012:45奥尾高山13:15尾高山14:00前尾高山14:25しらびそ峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
明瞭だが,岩本山から奥尻高山に戻る時はかなり迷いやすい
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

しらびそ峠夜明け前。絶景スポットのため,飯田辺りのアベックが夜を過ごすためにひっきりなしにやってくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらびそ峠夜明け前。絶景スポットのため,飯田辺りのアベックが夜を過ごすためにひっきりなしにやってくる
1
夜が明けたので,カップ麺用のお湯を作って水筒に詰め,出発する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜が明けたので,カップ麺用のお湯を作って水筒に詰め,出発する
最初から結構,登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初から結構,登る
陽が射してきた。久しぶりの快晴
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が射してきた。久しぶりの快晴
まずは,前尻高山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは,前尻高山
結構下って,また登って一時間強で尻高山。この先の眺望はあまりないので,ここからの眺めで十分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構下って,また登って一時間強で尻高山。この先の眺望はあまりないので,ここからの眺めで十分
更に1時間ほど歩くと奥尻高山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に1時間ほど歩くと奥尻高山
赤石岳と同様にチャートが所々にある。ここも,昔は海だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳と同様にチャートが所々にある。ここも,昔は海だった
1
ひたすら素晴らしい原生林が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら素晴らしい原生林が続く
1
やっと岩本山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと岩本山
2
しらびそとトウヒが多いので,あまり紅葉はないが,所々紅葉の大木がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらびそとトウヒが多いので,あまり紅葉はないが,所々紅葉の大木がある
1
霜がまだ溶けずに残っているが,歩いている分には寒くない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜がまだ溶けずに残っているが,歩いている分には寒くない
1
登り,下り,平地を繰り返しながら進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り,下り,平地を繰り返しながら進む
森,樹林は本当に見る価値がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森,樹林は本当に見る価値がある
1
奥茶臼山が近づくと,仙丈岳や甲斐駒が見えてくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥茶臼山が近づくと,仙丈岳や甲斐駒が見えてくる
2
やっと着いた。最後のだらだら登りは結構疲れた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと着いた。最後のだらだら登りは結構疲れた
1
山頂は見晴らしがイマイチなので,50mほど下って開けた所まで行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は見晴らしがイマイチなので,50mほど下って開けた所まで行く
飯田方面を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯田方面を見下ろす
1
定番のカップ麺タイム,最近これが主目的になりつつある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番のカップ麺タイム,最近これが主目的になりつつある
1
腹を満たしてから帰途につくが,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腹を満たしてから帰途につくが,
2
岩本山から下った所で,予期せず道を見失う。この後,苔むした密度の濃い倒木の原生林の中で3,40分ほどルートを必死で探すことになる。こういう風に遭難するのか…と良く判った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩本山から下った所で,予期せず道を見失う。この後,苔むした密度の濃い倒木の原生林の中で3,40分ほどルートを必死で探すことになる。こういう風に遭難するのか…と良く判った
1
更に迷うかもしれないが,覚悟を決めて地図とコンパスで方角を見定めやっと登山道に戻れた。時間があと2時間遅かったら,アウトだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に迷うかもしれないが,覚悟を決めて地図とコンパスで方角を見定めやっと登山道に戻れた。時間があと2時間遅かったら,アウトだった
ぐったり感が凄まじいが,何とか奥尻高山まで戻れたので,虎の子のコーラを開け,一息つく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐったり感が凄まじいが,何とか奥尻高山まで戻れたので,虎の子のコーラを開け,一息つく
尻高山への戻りでは,疲れたのか荷物を全開し,寝ている人がいた。うらやましい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尻高山への戻りでは,疲れたのか荷物を全開し,寝ている人がいた。うらやましい
1
尻高山からの南アルプス全望でしばし休息
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尻高山からの南アルプス全望でしばし休息
2
荒川から光の南まで一望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川から光の南まで一望
1
帰ってくると峠は観光客の車でいっぱい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってくると峠は観光客の車でいっぱい
帰りは,ついでに御池山クレーターを見にいく。ほとんど侵食されていて,全くクレーターの形はない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは,ついでに御池山クレーターを見にいく。ほとんど侵食されていて,全くクレーターの形はない
1

感想/記録
by voyjar

久しぶりの快晴なので,車中泊して奥茶臼山に行く。結構,ロングコースだが素晴らしい原生林の中を歩く山道で良い山だった。ただし,眺望的には,車を停めたしらびそ峠でも南アルプスを全望できるので,奥茶臼山まで歩く意味は苔むした原生林と甲斐駒・仙丈を見られるといったところ。結構,人は入っているが,この日は奥茶臼まで行ったのは,自分を含めて単独行4人ほど。たいていのグループは途中で昼になり,引き返していたようだ。
 帰りに岩本山から降りた所で,原生林の中で完全に迷子になった。行きには,迷うことなどない明瞭な山道だと感じていたのだが,どうも,今までに迷った人の踏み跡や古いテープ(朽ちた金色だった)に引っかかってしまったようだ。3,40分間滑りやすい苔むした密度の濃い倒木をくぐったり乗越えたりして,「誰かいませんか〜!」と叫びながら彷徨うが,声も枯れ,滑って怪我しそうになり,こうやって遭難するのだと思い知る。30年,山をやっていて初めて遭難の恐怖感を思い知る。焦れば焦るほど判断力が無くなるのも実感した。動くのを止め体力を温存するか悩むが,元オリエンテーリング部で最初から道のない山林で競技していた時の事を思い出し,地図とコンパスで,奥尻高山へじっくり方角を見定め,失敗しても今よりマシと開き直り,一直線に原生林を突っ切ることにする。しばらく歩くと唐突に登山道に出くわし,ウッシャー‼‼‼と雄叫びをあげる。まだ,時間が早かったので良かったが,あと2時間遅かったらあきらめていたかもしれない。
 これからは,昼飯の一部を残して帰り着くまでとっておこうと思う。それと,契約切れの山岳保険に入りなおそうと思う。
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 2296
2016/10/16 20:39
 尾?尻?
voyjarさん、初めまして

岩本山からの帰路で一か所、本ルートと思わせるようなしっかりとした踏み跡があるんですよね。
思わず、そちらに行ってしまいそうになり、行ってしまった…という人たちが付けた踏み跡が明瞭なんですよ。
この山は一本道なので、よく見れば自分が歩いてきた道を戻るだけなんですけど、あの一か所は危険地帯です
赤テープもあるんだけど、踏み後の方が目立ってしまうんですよ。

私のレコにも「ここ注意!」と写真いれてあります(これは次に自分が行く時用のメモでもあります)。

それにしても静かな原生林は、いつ見てもステキですね。
よいお天気の時に行かれたようで羨ましいです。
登録日: 2011/7/29
投稿数: 4
2016/10/17 21:36
 Re: 尾?尻?
ritaさん
 ども,初めまして。先にritaさんのレコ読んでれば,迷わなかったかもしれないですね。自分は,台地状になった原生林をかなり広く右往左往しましたが,後で地形図を見ると,こりゃ,もっと広く右往左往しないと登山道に出れんわと思いました。ritaさんの写真にあるように迷い道の方が明瞭なので,皆が迷って,さらに道が明瞭になるという悪循環ですね。
 まあ,今から思えば,いい経験しました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ