ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 984512 全員に公開 ハイキング奥秩父

両神山(日向大谷口コース)

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー 178_tomo(記録), sima4448(CL), koya4698(SL)
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
両神神社(里宮)バス停・駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
1時間14分
合計
7時間10分
S日向大谷口07:3807:39両神山荘08:08会所08:0909:23弘法之井戸09:2409:31清滝小屋09:4010:32両神神社10:54両神山11:5412:10両神神社13:02清滝小屋13:0313:10弘法之井戸13:1114:41両神山荘14:4214:44日向大谷口14:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 夜明け前から車を走らせ、奥秩父へ向かいます。
 これまで何度も秩父方面へ足を運びましたが、最後にとっておいたかのように残していたスターマウンテン。標高1,723mの霊峰・両神山へ挑みます。
 両神山は、言わずと知れた日本百名山の一峰で、鋸歯状の山容が特徴的な岩山です。中世より山岳信仰の霊場として修験者たちの行場となっていたとされ、表登山道とされる東面の日向大谷からの道には、多くの石仏、石碑、丁目石が残されていて、現在は老若男女のハイカーが集う人気の山です。
 明るくなってきた空は、夏以降で一番の好天予想を裏切ることなく、雲を払いのけたかのように青く澄み渡ってきました。朝一番の小鹿野町営バスを抜き、7時半に両神神社(里宮)バス停・駐車場に着きました。すでに30台以上が駐車しています。
 両神山を登るルートは主に3つありますが、最もポピュラーな、観蔵院のある日向大谷から登る「表登山道」日向大谷口ルート を選択しました。約20ヶ所の鎖場に30本を超える鎖が設置され、累積標高差が1,000m超の八丁尾根ルートも選択肢としてありましたが、当部(低山トレッキング部)のO島部長により言下に却下されました...。
 朝陽が差し込む中を歩き始めます。日向大谷口から両神山荘を経て鳥居をくぐります。右脇にはお堂があり、中に勧蔵行者像が安置されています。ここから山腹を巻くように林道を歩きます。山腹は崖のように傾斜があり、滑落の注意が必要です。道は細く、暗くなったら歩けません。
 やがて七滝沢コースの分岐である会所に出ます。七滝沢を木橋で渡ると傾斜がきつくなり、ひたすら上ると八海山に到着。更に20分程行くと弘法之井戸の水場です。時節によっては細くちょろちょろとしか水が出ないようですが、この時は2本のパイプ管から勢いよく水が出ていました。冷たくて気持ちいい...。
 水場を過ぎると、ほどなくして清滝小屋に到着しますが、現在は休業中で、避難小屋になっていました。ここで一息つきます。
 清滝小屋の裏手から鈴が坂で七滝沢コースと合流します。この辺りから徐々に岩場が多くなってきます。すると元気なKさんやI幹事と対照的に、O島部長の歩くペースがみるみるうちに落ちます。顔が苦しさで歪んできました。何とか鎖場を越え、両神神社本社の鳥居をくぐりました。両脇の狛犬ならぬ狛狼を拝見。
 神社を後にして山頂までの岩場は、O島部長にとって今年一番の試練となりました。つりそうな足を引きずりながら、苦痛を訴えるかのように喘ぐ状態となり、何度も諦めようかと思ったようです。何とか登頂したいという一念で、無事山頂へたどり着きました。(登頂スナップ参照:苦し気な表情のO島部長)
 山頂からの景色は素晴らしく、遠く富士山や八ヶ岳も望め、最高の気分でした。
 山頂から10分程下ったところで山ごはん。今日はフランスパンにスープ。フランスパンは軽いのにお腹に溜まり、まさに山ごはん向き。ガーリックバターが合います。スープの水は、弘法之井戸で汲んだ水を使いました。更にパンに合わせて秩父の赤ワイン”源作印”を...。
 1時間程休憩し、山を下りました。
その他周辺情報宿泊施設:民宿「しちこ」(9年前に定年退職したご主人が夫婦で営む、儲け度外視、コスパ最高の宿でした...)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具(レインウェア) 着替え マグカップ ポール 入浴セット 御朱印帳 飲料
共同装備 緑ビニールシート シングルバーナー ウェットティッシュ ケトル 顆粒スープ 酒類

写真

さあ、両神山を登ります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、両神山を登ります!
日向大谷口から石段を上がり両神山荘へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向大谷口から石段を上がり両神山荘へ
登山届ボックス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届ボックス
まだ朝8時前ですが、いい天気になりそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ朝8時前ですが、いい天気になりそうです
石鳥居をくぐります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石鳥居をくぐります
薄川沿いの崖道をしばらく行き...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄川沿いの崖道をしばらく行き...
”会所”に出て、七滝沢コースと分岐し、木橋を渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”会所”に出て、七滝沢コースと分岐し、木橋を渡ります
いきなり”不動明王像”
信仰深き、かつての修験道の面影が随所に点在します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり”不動明王像”
信仰深き、かつての修験道の面影が随所に点在します
1
サワグルミや楓などの広葉樹林の中を歩くのは気持ちいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サワグルミや楓などの広葉樹林の中を歩くのは気持ちいい
八海山の石仏”大頭羅神王”
木曽の御嶽山の天狗の分身です。2年前の噴火を思い出します...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八海山の石仏”大頭羅神王”
木曽の御嶽山の天狗の分身です。2年前の噴火を思い出します...
”弘法の井戸”
冷たい水が勢いよく出ていました。山ごはん時のスープ用に汲んでいきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”弘法の井戸”
冷たい水が勢いよく出ていました。山ごはん時のスープ用に汲んでいきます
湧水マニアのO島部長。味見せずにはいられない...?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧水マニアのO島部長。味見せずにはいられない...?
2
清滝小屋(現在は避難小屋です)
後に、我等が下山する頃に、大型の背負荷で上る一行と何組かすれ違いましたが、ここに泊まるのでしょうね...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝小屋(現在は避難小屋です)
後に、我等が下山する頃に、大型の背負荷で上る一行と何組かすれ違いましたが、ここに泊まるのでしょうね...
収容人数は、約80名だそうです...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
収容人数は、約80名だそうです...
1
清滝小屋裏から産泰尾根へ、急坂をジグザグに上ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝小屋裏から産泰尾根へ、急坂をジグザグに上ります
鈴が坂を越え、産体尾根へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴が坂を越え、産体尾根へ
ここで木々の間から両神山山頂の剣ヶ峰が見えます...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで木々の間から両神山山頂の剣ヶ峰が見えます...
1
両神神社本社へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神神社本社へ
欄間の龍が素晴らしい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
欄間の龍が素晴らしい!
立ち枯れ箇所が目印の見晴らし台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れ箇所が目印の見晴らし台
岩場と鎖場を越え、ついに山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場と鎖場を越え、ついに山頂へ
両神山山頂!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山山頂!!
1
山頂に鎮座する”両神山大明神”の小祠。イザナギ・イザナミを祀る両神神社の奥宮です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に鎮座する”両神山大明神”の小祠。イザナギ・イザナミを祀る両神神社の奥宮です
山頂からの光景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの光景
山頂からは富士山が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは富士山が見えました
途中登頂を断念しかけたO島部長。苦しさが表情に滲んでいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中登頂を断念しかけたO島部長。苦しさが表情に滲んでいます
1
山頂から少し下って山ごはん。
軽くて持ちやすいフランスパンは山ごはん向きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し下って山ごはん。
軽くて持ちやすいフランスパンは山ごはん向きです
1
フランスパンに合わせ、赤ワインで乾杯!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フランスパンに合わせ、赤ワインで乾杯!
1
時折垣間見える、光のコントラストを見逃さず...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折垣間見える、光のコントラストを見逃さず...
さあ、折り返して下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、折り返して下ります
美しい雑木林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい雑木林
この時期は、お昼を回ると急速に日が落ちてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期は、お昼を回ると急速に日が落ちてきます
両神山のロックガーデン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山のロックガーデン
午後の日差しが木々を照らします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後の日差しが木々を照らします
七滝沢へ戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七滝沢へ戻ってきました
木橋を渡ればゴールまでもう少しです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋を渡ればゴールまでもう少しです
1
山腹を巻いて崖道を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山腹を巻いて崖道を進みます
往復10キロの行程でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往復10キロの行程でした
無事に観蔵院へ戻り、安堵の参拝をするO島部長
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に観蔵院へ戻り、安堵の参拝をするO島部長
日向大谷口に戻りました...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向大谷口に戻りました...
今日は三峰で宿泊します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は三峰で宿泊します
風呂あがりに、キンと冷えた瓶ビール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風呂あがりに、キンと冷えた瓶ビール
これがタマラン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがタマラン
2
美味しい夕食を...
そしてゆっくりと体を休めます...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美味しい夕食を...
そしてゆっくりと体を休めます...
2

感想/記録

 文句のつけようのない晴天の中、素晴らしい霊峰で、気持ちのいい山登りが堪能できました。草花の季節ではないので、歩きながら楽しんだのは、陽光が木々を照らした時の彩色の変化です。秋を深く感じ取れました...。
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ