ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987694 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

三頭山(視覚障害者と一緒に登山。ムロクボ尾根〜笹尾根〜郷原)

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー shinsan, その他メンバー10人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往き:JR奥多摩駅→深山橋バス停
帰り:郷原バス停→JR上野原駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
1時間5分
合計
7時間1分
S深山橋バス停09:1509:30三頭山登山口(ムロクボ尾根(丸山尾根))10:25丸山10:3511:25ヌカザス山(糠指ノ峰・キタミノ峰)11:3511:42ツネ泣峠12:01入小沢ノ峰(檜尾ノ峰)12:3513:50鶴峠分岐13:19三頭山(西峰)13:3013:44ムシカリ峠13:45三頭山避難小屋13:55大沢山15:01槇寄山分岐15:45郷原バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

本日は快晴。深山橋バス停から深山橋と三頭橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は快晴。深山橋バス停から深山橋と三頭橋。
1
三頭橋のたもとから山道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭橋のたもとから山道に入る。
古い道標が地面に落ちている。昔は横沢尾根(?)と呼ばれていたようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い道標が地面に落ちている。昔は横沢尾根(?)と呼ばれていたようだ。
ツネ泣き坂を示す古い道標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツネ泣き坂を示す古い道標。
ツネ泣き坂を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツネ泣き坂を登る。
ツネ泣き坂を登り切った所で休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツネ泣き坂を登り切った所で休憩。
ツネ泣き峠を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツネ泣き峠を通過。
入小沢ノ峰に到着。ここで昼食休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入小沢ノ峰に到着。ここで昼食休憩。
鶴峠分岐を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴峠分岐を通過。
三頭山西峰に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山西峰に到着。
三頭山頂上で集合写真。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山頂上で集合写真。
1
三頭山頂上からの富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山頂上からの富士山。
2
ムシカリ峠を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムシカリ峠を通過。
大沢山を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢山を通過。
クメケタワで休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クメケタワで休憩。
槇寄山分岐を通過。足元に白い看板が落ちている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槇寄山分岐を通過。足元に白い看板が落ちている。
郷原の登山口に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
郷原の登山口に着いた。

感想/記録

六つ星山の会の仲間10人と三頭山に行った。11人の内、3人が視覚障害者だった。
ースは、ツネ泣き坂の由来を訪ねて、ムロクボ尾根を登り笹尾根を経由し槇寄山から郷原に下るコースを選んだ。
奥多摩駅からのバスは、増発が2台出てもすし詰め状態だった。遅れて列に並んだメンバーもいたので、深山橋バス停で待合せ全員集合したのは9:10頃。身支度して9:15に出発。途中陣屋前のトイレによって9:30に登山口から山道に入る。尾根に入った直ぐのところに丸山尾根と書かれた古い道標があり、昔は入口から尾根を丸山尾根と言ったようだ。やや急な坂道を上り、主尾根に乗ると傾斜も緩む。さらに進むと小さなアップダウンを経て、813mのピークに着き最初の休憩とする。多分ここが丸山と思われる。
ここからは、傾斜の緩急はあるが登り一方になり、しばらく登ると「ツネ泣き坂」と書かれた古い道標が出てきて、真っ直ぐ立てない程の急坂となる。一部ロープが張られていてそれを頼りにようやくピークに上り上げる。ここで小休止した。そこから小ピークを越えるとツネ泣き峠。さらに進むと入小沢ノ峰への急登となる。12時頃入小沢ノ峰に着き昼食休憩とする。
入小沢ノ峰からはほぼ平坦な道がしばらく続く。それを過ぎ緩やか登りになり、鶴峠分岐を経て13:20頃三頭山西峰に到着、休憩とする。今日は快晴で、三頭山頂上から富士山がきれいに見える。近くにいた人に頼み、集合写真を撮ってもらった。
13:35頃に下山を開始、ムシカリ峠・大沢山を経てクメケタワに14:35に到着した。当初、郷原15:55発のバスに乗るつもりだったが、間に合いそうもないので、ここで10分程休憩をとることにした。
しかし、休憩後緩やかな登りになる道を進み、槇寄山分岐に予想より早く15:00頃到着し、もしかしたら15:55のバスに間に合うかもしれないと、ここから一気にスピードを上げ下ることにした。
走るように下った結果、郷原バス停に15:45頃到着し、15:55のバスに乗ることができた。

訪問者数:84人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 タワ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ