ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988457 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー Nishimotsu, その他メンバー1人
天候曇り(強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉に駐車
9時半には満車で路駐組
(唐沢鉱泉に宿泊される人は唐沢鉱泉の駐車場に停められるそう)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間41分
休憩
18分
合計
7時間59分
S天狗岳登山口駐車場09:2210:12唐沢鉱泉分岐10:1811:22第一展望台11:2311:43第二展望台12:28天狗岳12:2913:10東天狗岳13:1513:19天狗の鼻13:2114:31天狗の奥庭14:52黒百合ヒュッテ14:5315:49渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐15:5017:01唐沢鉱泉17:0217:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマレコの記録を切るのを忘れて車に乗り込んでしまいました。
実際のゴールは唐沢鉱泉になります
コース状況/
危険箇所等
強風のため体が持っていかれそうになります
西天狗、東天狗の間は砂地っぽくなっているので滑りやすかったです

ルートのゴールはヤマレコマップを止めるのを忘れて居た為に中途半端なところになっていますが、唐沢鉱泉がゴールとして見てください
その他周辺情報唐沢鉱泉に入る予定でしたが車を唐沢鉱泉より下に停め、下山時には大分体力を消耗していたので再度登っていく気力もなく…
河原温泉に入浴しました
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

9:20分、予定より気持ーち早くつきましたが駐車場は満車
少し下ったところに路駐

出発し、橋を渡るとすぐに雰囲気が変わり
どんどん森の中を歩きます。
山頂周辺は岩場とあって体力を温存しながらのゆっくり登山。
展望台到着にも2時間程かかってしまいました…

風が強く、少しじっとしていると体が冷えてきます
第1展望台で小休憩をし、ひたすら歩く。
日も差して青空も見えていていいお天気。
正直第2展望台に着くころには本当に山頂まで行けるのか少し自信が無くなってきていました。

しかし周りに女性の登山者さんが増え「怖いですよねー」とか少しおしゃべりしたら元気が出てきました

息も絶え絶えにようやく岩場の麓に着きました。
今迄ちょっとした岩場は言った事がありましたが正直別格だなと思いました。
岩の大きさや角度、距離、今までの物よりレベルが上でした。

風も強いので慎重に、そして東や下山も考えて体力消耗も抑えて
途中見知らぬ男性にアドバイスをもらって登ったりもしました。
やっとの思いで西天狗山頂に着き昼食。

東の方は西よりも岩が少ないから簡単だね
などと言いながら向かうと甘かった…

西と東の間は砂地も多く、岩も少ないがその分石が動く。
足を滑らせやすくて別の意味で怖かったです。

東の山頂は西とは違い殆どが岩場。
長居は無用と呼吸を整え奥庭に向けて出発。

この下山も岩場を下って行くのでなかなか怖い…
不安なところはもう座って降りる様にしました。

奥庭は西天狗のように大きい岩が多いですが勾配がそこまできつくないのでだんだん慣れてきたのもあり、怖さはありませんが谷間に吹く風で煽られる煽られる

前後にグループが居たのでまだ安心でしたが誰もいない時にポツン…はちょっと不安になります

ヒュッテでコケモモケーキを楽しみに下りていましたがどうも時間が…

遅くても16時には駐車場に。と思っていましたがこのままではまずい、と急遽ヒュッテではトイレ休憩のみにし下山。

この判断が後に正しかったと実感しました。

ヒュッテからはストックを出して歩きましたが正直そんな必要もなかった気がします。
相変わらず岩っ気の多い道でしたから手がフリーの方が歩きやすかったかもしれません。

歩いても歩いても変わらぬ景色にだんだん暗くなる森
鉱泉への分岐はまだかと焦る気持ちとボロボロの体
踏ん張る力も大分減ってきていて足を滑らせる回数も増えてきたので
焦らず慎重に。
幸い道はハッキリしていて小型だがライトもある。
私たちの他にもヒュッテに居る人も居たので最悪誰かが追い付くはずだと。

暫く進むと若い女性二人組に追い越され、
若さでしょうか明るくおしゃべりしながらどんどん進んでいきあっという間に見えなくなりました。

まだかまだか、日が沈むまでにはつかなくてはと思いながらも
おしゃべりをしながら焦る気持ちを紛らわせていると水の音が
少しホッとしながらも進み、ようやく車も通るような広い道に出て一安心。

少し歩くと唐沢鉱泉でした。
本当はそこでお風呂に入りたかったのですがこの体力で一度車まで戻って荷物をもってまた昇るのはキツイと完全下山してからお風呂屋さんを探すことに。

装備を車に積んで出発
すると少ししたらもう辺りは真っ暗。
ヒュッテでのんびりコーヒーなんて飲んでいたらもう真っ暗だったことでしょう。

最近2500m前後の山や5時間山行などもしてきたのでそろそろ八ヶ岳入りしても…という気持ちで今回八ヶ岳の中でも初心者向け(日帰りなら中級)と出ていた天狗岳に挑戦しましたがまだまだ力不足でした。

中級者と名乗るにはまだ早いようです
精進せねばいけませんね。

長々と感想をつづりましたがここまで読んでくださり、ありがとうございました。
訪問者数:188人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ストック 山行 ヒュッテ コケモモ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ