ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993414 全員に公開 ハイキング丹沢

雨の雨山・バリルート周回

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー zuppy1519
天候ガスのち雨(晴れるつもりだったのに・・・)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寄大橋東側路駐。橋は塗装工事中。警備のおばちゃんが路駐場所を誘導していました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
15分
合計
6時間59分
S寄大橋(水源林管理棟前ゲート)09:5810:18登山道から分岐11:41雨山12:01雨山峠12:32玄倉林道12:58玄倉ダム14:20大撫ノ丸14:2114:24山神峠14:3715:19伊勢沢ノ頭15:2016:10秦野峠林道合流16:57寄大橋(水源林管理棟前ゲート)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
半分以上はバリエーションルートです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スマホGPS

写真

東丹沢方面は晴れ間も出ていたのに寄は完全に曇り。さっきまで少し雨も降っていた。スタートからテンション下がっている。標高420m。
2016年10月29日 09:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東丹沢方面は晴れ間も出ていたのに寄は完全に曇り。さっきまで少し雨も降っていた。スタートからテンション下がっている。標高420m。
2
この道標、寄沢の登山道は右へとなっているが、成長の森方向に行った方が楽だし渡渉もしやすい。なぜ登山道は上巻きするんでしょうかね。標高510m。
2016年10月29日 10:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標、寄沢の登山道は右へとなっているが、成長の森方向に行った方が楽だし渡渉もしやすい。なぜ登山道は上巻きするんでしょうかね。標高510m。
1
堰堤の上で渡渉する。
2016年10月29日 10:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の上で渡渉する。
1
さきほどの登山道からの渡渉点に合流した場所から正面の成長の森を登る。標高520m。
2016年10月29日 10:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さきほどの登山道からの渡渉点に合流した場所から正面の成長の森を登る。標高520m。
成長の森の看板付近の先から、どこが正しい経路が判り辛かった。標高610m。
2016年10月29日 10:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成長の森の看板付近の先から、どこが正しい経路が判り辛かった。標高610m。
とりあえず草を掻き分けて進んだら靴にヒル2匹取り付かれるも塩水かけて取り除く。(その後はヒルなし)
2016年10月29日 10:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず草を掻き分けて進んだら靴にヒル2匹取り付かれるも塩水かけて取り除く。(その後はヒルなし)
1
すぐに明確な仕事道がある。途中、直登の踏み跡を辿ったら劇急になったりしたが、とにかく登る。
2016年10月29日 10:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに明確な仕事道がある。途中、直登の踏み跡を辿ったら劇急になったりしたが、とにかく登る。
自然林の尾根に出るが、ガスになる。標高740m。
2016年10月29日 10:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林の尾根に出るが、ガスになる。標高740m。
植林地を登って鹿柵を通過。標高820m。
2016年10月29日 10:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林地を登って鹿柵を通過。標高820m。
灌木地帯に入るが、仕事道は続く。
2016年10月29日 10:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木地帯に入るが、仕事道は続く。
灌木地帯を過ぎると、いきなり草原になる。標高900m。
この先、経路が別れるが斜め右方向に進んだ。(隣の尾根?)
2016年10月29日 11:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木地帯を過ぎると、いきなり草原になる。標高900m。
この先、経路が別れるが斜め右方向に進んだ。(隣の尾根?)
1
すると、さらに大きな草原に出た。この草原は直進せず、左側にある仕事道に進む。標高940m。
2016年10月29日 11:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると、さらに大きな草原に出た。この草原は直進せず、左側にある仕事道に進む。標高940m。
1
まだまだ明確な仕事道が続く。(経路は複数ありそう)
2016年10月29日 11:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ明確な仕事道が続く。(経路は複数ありそう)
2
上の方に鹿柵扉が見えたら通過する。標高1000m。
2016年10月29日 11:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方に鹿柵扉が見えたら通過する。標高1000m。
傾斜も緩やかになり、紅葉の木も目立ってきた。標高1080m。
2016年10月29日 11:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜も緩やかになり、紅葉の木も目立ってきた。標高1080m。
1
最後は雨山の少し北側の登山道に合流した。(最上部は仕事道が不明確)雨山1176m。
2016年10月29日 11:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は雨山の少し北側の登山道に合流した。(最上部は仕事道が不明確)雨山1176m。
2
雨山の山稜は、紅葉が進んでいる。(今日、初めて登山者とすれ違う)
2016年10月29日 11:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山の山稜は、紅葉が進んでいる。(今日、初めて登山者とすれ違う)
3
誰もいないガスガスの雨山峠。標高950m。
2016年10月29日 12:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいないガスガスの雨山峠。標高950m。
1
初めて玄倉林道側に下る。登山道だけど、なかなかワイルドなルート。この後、桟道を経て玄倉林道の標高700mに合流。
2016年10月29日 12:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて玄倉林道側に下る。登山道だけど、なかなかワイルドなルート。この後、桟道を経て玄倉林道の標高700mに合流。
3
玄倉林道さえ、まさかのガスガス。時間も遅いので、駐車場所に戻るなら寄沢経由で引き返すべきでしたね。迷ったが強行してしまいました。
2016年10月29日 12:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道さえ、まさかのガスガス。時間も遅いので、駐車場所に戻るなら寄沢経由で引き返すべきでしたね。迷ったが強行してしまいました。
水少ないけどユーシンブルー。なぜか観光客が多い。標高600m。
2016年10月29日 12:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水少ないけどユーシンブルー。なぜか観光客が多い。標高600m。
8
境隧道の東側から北側のトラバース路に入る。標高510mぐらい。
2016年10月29日 13:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境隧道の東側から北側のトラバース路に入る。標高510mぐらい。
1
このトラバース部分が本日、最も危なっかしい。この木橋、滑ったら谷底に転落する。山側のキワを通過。
2016年10月29日 13:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このトラバース部分が本日、最も危なっかしい。この木橋、滑ったら谷底に転落する。山側のキワを通過。
2
尾根に登ると歩きやすい尾根道となる。標高525mぐらい。
2016年10月29日 13:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に登ると歩きやすい尾根道となる。標高525mぐらい。
1
544m標高点を越えて、すぐにトンネルの上を通過。ここも下を覗くと怖い。
2016年10月29日 13:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
544m標高点を越えて、すぐにトンネルの上を通過。ここも下を覗くと怖い。
4
今はバリルートだが、古い階段も残っている。
2016年10月29日 13:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今はバリルートだが、古い階段も残っている。
3
780mの小ピーク。この頃から、雨が本降りになってきたのでウインドブレーカを着る。
2016年10月29日 13:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
780mの小ピーク。この頃から、雨が本降りになってきたのでウインドブレーカを着る。
大撫ノ丸(おおぶなのまる) 954m標高点あたり。この前後は経路が不明瞭。巻き道もあるらしいが不明、雨で探索する気力もなし。
2016年10月29日 14:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大撫ノ丸(おおぶなのまる) 954m標高点あたり。この前後は経路が不明瞭。巻き道もあるらしいが不明、雨で探索する気力もなし。
1
ちょっと迷いながらも山神峠の送電鉄塔に到着。時間も時間なので、かなり焦っている。
2016年10月29日 14:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと迷いながらも山神峠の送電鉄塔に到着。時間も時間なので、かなり焦っている。
2
山神峠のベンチにブルーシートの屋根があって大助かり!雨がザーザー降ってきたので上下カッパのフル装備に。標高880m。
2016年10月29日 14:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神峠のベンチにブルーシートの屋根があって大助かり!雨がザーザー降ってきたので上下カッパのフル装備に。標高880m。
4
尾根上にモノレールの終点あり。標高1030mぐらい。美しい尾根なのだが雨&ガスで、いい写真撮れず。
2016年10月29日 14:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上にモノレールの終点あり。標高1030mぐらい。美しい尾根なのだが雨&ガスで、いい写真撮れず。
1
伊勢沢の頭に到着するも写真だけ撮ってすぐ下山。標高1177m。
2016年10月29日 15:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢沢の頭に到着するも写真だけ撮ってすぐ下山。標高1177m。
1
植林地の仕事道をどんどん下りる。標高900mぐらい。(帰ってから確認したら詳細図のルートとは途中から別の尾根を下っていました。)
2016年10月29日 15:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林地の仕事道をどんどん下りる。標高900mぐらい。(帰ってから確認したら詳細図のルートとは途中から別の尾根を下っていました。)
2
秦野峠林道の途中に出てきた。林道に出たら雨は小止みになった。標高650m。
2016年10月29日 16:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秦野峠林道の途中に出てきた。林道に出たら雨は小止みになった。標高650m。
1
40分ほど歩いて寄大橋に帰還しました。夕暮れ直前です。標高410m。
2016年10月29日 16:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40分ほど歩いて寄大橋に帰還しました。夕暮れ直前です。標高410m。
2

感想/記録

天気予報がはずれて2週続けて悪天候の修行登山でした。平地は朝、晴れ間が出てきてたのに、雨山というだけあって午後は本降りの雨になってしまいました。雨の中、西丹沢詳細図の伊勢沢ノ頭南東尾根を下りたつもりでしたが、帰ってログを見ると途中から間違って南側の尾根を下りていました。早めに林道に着くルートだったので結果オーライですが、そもそも反省点が多い山行でした。
最初の登りで使った水棚沢左岸尾根は仕事道ですが、灌木帯や草原もあったりして変化のあるルートで良かったです。
山神峠から伊勢沢ノ頭のあたりは紅葉も進んできれいだったのに、雨&ガスで展望も写真もありません。晴れた日に再訪したいと思います。
訪問者数:170人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/10
投稿数: 86
2016/10/30 9:14
 まだヒルがいますね
zuppy1519さん、こんにちわ。
寄付近のジメジメした低標高付近はまだヒルがいますね。(小さくてよく見えないんですよね!)
伊勢沢ノ頭からの下山経路、私も1,000m付近で、知らぬ間に右の尾根に引き込まれそうになります。
それと雨山への940mの広いところ、初めての時、積雪時だったので右の経路に行ってしまったのですが、この経路は沢を横切り、雨山の少し下に出ますね。ここも最後は経路がなくなりますね。両方とも経路が最後に亡くなるので不思議です。
雨の単独行、心細くなりませんか?やはり丹沢の秋は青空の日が良いですよね!
登録日: 2013/7/20
投稿数: 103
2016/10/30 9:51
 Re: まだヒルがいますね
old-diver さん コメントありがとうございます。
雨が降るつもりではなかったのですが、全然ダメでした。水源林の管理人の方からヒルはもういないよ、と言われたのですが、登り口の草地を掻き分けるようなところには、まだヤツがいました。
伊勢沢ノ頭からの下山、実は雨でルートが書いてある紙の地図を出すのが面倒で、ルートを勘違いしたままGPSの地形図画面だけ見て、南側の尾根を選んで進んでしまいました。
今回、玄倉林道から駐車場所に戻るには山越えが必要で、しかも計画は初の山神峠ルート。正直、心細かったです。林道スタート時点は、雨ではなかったので強行しましたが、山神峠付近で本降りになったときは、焦りまくりでした。まだ尾根登りは雨でも何とかなりますが、伊勢沢ノ頭からの下山で道迷いすると遭難してしまいますからね。
雨山への水棚沢左岸尾根は経路が判りづらかったりしますが、探索しがいのある楽しい経路でした。いずれにしても晴れた日がいいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ