ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995651 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

黒岳(御坂山塊)

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー eclat, その他メンバー14人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR大月駅 → 【富士急行線】 → 河口湖駅 → 【富士急行バス】 → 天下茶屋バス停
帰り:あけぼの荘前バス停 → 【富士急山梨バス】 → 河口湖駅 → 【富士急行線】 → JR大月駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
1時間5分
合計
5時間46分
S天下茶屋10:0010:16御坂峠10:53御坂山10:5911:32(旧)御坂峠11:4012:33黒岳12:35黒岳展望台13:1813:21黒岳13:38すずらん峠13:3913:52破風山14:15新道峠14:56中沢林道終点15:0215:44大石公園(河口湖自然生活館)15:4515:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ 熊鈴 着替え

写真

河口湖駅
2016年10月30日 08:18撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河口湖駅
バス停
ほとんどの登山者は,三つ峠登山口で降りた。
2016年10月30日 08:54撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停
ほとんどの登山者は,三つ峠登山口で降りた。
1
天下茶屋バス停前。濃霧で視界がない。
2016年10月30日 09:50撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天下茶屋バス停前。濃霧で視界がない。
登り始め
2016年10月30日 10:08撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始め
気持ちの良い尾根道
2016年10月30日 10:26撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根道
1
御坂山
2016年10月30日 10:56撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂山
気持ちの良い尾根道
2016年10月30日 11:05撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根道
2
気持ちの良い尾根道
2016年10月30日 11:25撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根道
旧御坂峠
2016年10月30日 11:36撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧御坂峠
旧御坂峠にある茶屋の跡
2016年10月30日 11:37撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧御坂峠にある茶屋の跡
旧御坂峠
2016年10月30日 11:37撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧御坂峠
黒岳近くにある展望台で昼食。リーダーがパイナップルを持参。
2016年10月30日 12:47撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳近くにある展望台で昼食。リーダーがパイナップルを持参。
展望台から一瞬,富士山が見えた。
2016年10月30日 12:50撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から一瞬,富士山が見えた。
5
破風山に続く尾根
2016年10月30日 13:18撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山に続く尾根
3
紅葉も増してきている。
2016年10月30日 13:31撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も増してきている。
1
破風山と思われる。
2016年10月30日 13:40撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山と思われる。
すずらん峠
2016年10月30日 13:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん峠
破風山
2016年10月30日 13:57撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山
1
破風山の山名標識
かなり貧相である。雲取山手前の「ヨモギノ頭」と同じである。
2016年10月30日 13:58撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山の山名標識
かなり貧相である。雲取山手前の「ヨモギノ頭」と同じである。
破風山付近に設置されているソーラーパネル付き撮影カメラ
一体,どのような目的なのだろう。
2016年10月30日 14:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山付近に設置されているソーラーパネル付き撮影カメラ
一体,どのような目的なのだろう。
カメラスタンド付きの立派な展望台。しかし,景色は何もない。
2016年10月30日 14:11撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラスタンド付きの立派な展望台。しかし,景色は何もない。
新道峠
ここから下山。
2016年10月30日 14:20撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道峠
ここから下山。
トラバース下山の後,林道に到着。
2016年10月30日 15:01撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース下山の後,林道に到着。
長い林道等を歩いて河口湖畔にあるバス停に到着。
2016年10月30日 15:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い林道等を歩いて河口湖畔にあるバス停に到着。
撮影機材:

感想/記録
by eclat

 今回は,私が所属する日本山岳会の月例山行として,黒岳を中心とした山梨の御坂山塊に行ってきた。参加者は,15名であった。

 前日の雨が後を引き,当日はほぼ1日曇りであった。一時的に明るくなり,富士山の上半身が姿を見せた限りである。

 まずは,河口湖駅からバスで「天下茶屋」バス停に向かった。バス停の標高は,約1284mである。そこから御坂峠まで登りを進める。御坂峠を過ぎ,霧の中の尾根道を緩やかにアップダウンして,御坂山,旧御坂峠(茶屋の跡地がある。)を経由する。その後,少々の勾配を登り切り,黒岳に到着する。黒岳は,日本300名山・山梨100名山の山である。山頂から少し離れた所に見晴台があるが,前述のとおり,一時的に富士山の上半身が見えるに留まった。晴れた日は,さぞ絶景なのだろう。

 ここで,昼食時間となる。リーダーがパイナップルをそのまま持参され,カットの上,全員に振る舞われた。

 黒岳から多少のアップダウンをし,破風山に到着。破風山付近には,展望の良い方角に向かってソーラーパネル付きの撮影カメラが設置されていた。その後,新道峠の分岐から下山し,長い林道歩きの後,バス停(あけぼの荘前)に到着した。

 バスで河口湖駅に,電車で大月駅に向かい,大月駅前で反省会を行った。

 今度は,天気の良い日に,単独又は少人数で歩きたい。
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 紅葉 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ