ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995843 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

上高地 〜大正池・河童橋・岳沢小屋〜

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー kimicha, その他メンバー1人
天候晴れ、時々曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡バスターミナルのある第三駐車場に。まだ、2割ほどでした。1日600円。
上高地まで往復シャトルバスは往復で一人2,050円でした。往復で買うと、帰りのバスに乗るときにあわてなくて済みます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
3時間1分
合計
7時間42分
S大正池06:3406:51田代池06:5407:18田代橋07:2807:48河童橋08:1208:24岳沢湿原・岳沢登山口08:3109:007番標識09:1209:236番標識09:4310:45岳沢小屋12:1012:596番標識13:1513:227番標識13:2513:47岳沢湿原・岳沢登山口13:4813:59河童橋14:16上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
長く休んでいるところは、ビデオ撮ったりしてます。
コース状況/
危険箇所等
岳沢登山口からは登山届が必要です。ポストはバスターミナルに。登山口には案内のみでした。自分は河童橋からコンパスで提出。docomo4G入りました。
登山道は整備されており、危険箇所はありません。
その他周辺情報温泉は、帰り道から近い「梓水苑」。HPでは天然水の湯とのことです。
河童橋から小屋までの間にはトイレはありません。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

大正池の桟橋より
2016年10月30日 06:31撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大正池の桟橋より
明け行く穂高
2016年10月30日 06:32撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明け行く穂高
6
焼岳も湖面に映ってます
2016年10月30日 06:34撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳も湖面に映ってます
4
焼岳の噴煙
2016年10月30日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳の噴煙
田代湿原は霜に覆われてました
2016年10月30日 06:48撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田代湿原は霜に覆われてました
4
定番ですが、田代池
2016年10月30日 06:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番ですが、田代池
4
田代橋より
2016年10月30日 07:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田代橋より
2
手前の稜線の上の雲が光ってました
2016年10月30日 07:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の稜線の上の雲が光ってました
2
六百山
2016年10月30日 07:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六百山
1
バスターミナル付近
2016年10月30日 07:43撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスターミナル付近
3
河童橋より
2016年10月30日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋より
6
目的地の岳沢小屋。かなり遠く見えます。
2016年10月30日 08:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的地の岳沢小屋。かなり遠く見えます。
1
岳沢湿原
2016年10月30日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢湿原
1
登山口近くの清流にイワナ?ヤマメ?
2016年10月30日 08:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口近くの清流にイワナ?ヤマメ?
2
登山口
2016年10月30日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
原生林(9)
2016年10月30日 08:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原生林(9)
西穂。この時はよく晴れていた。
2016年10月30日 09:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂。この時はよく晴れていた。
3
趣のある風穴(7)
2016年10月30日 09:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
趣のある風穴(7)
足元の紅葉
2016年10月30日 09:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元の紅葉
見晴台(6)から奥穂
2016年10月30日 09:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台(6)から奥穂
1
上高地方向
2016年10月30日 09:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地方向
2
パノラマです
2016年10月30日 09:38撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマです
整備された石段
2016年10月30日 10:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された石段
やっと、小屋見峠(1)
2016年10月30日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、小屋見峠(1)
テン場付近より
2016年10月30日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場付近より
2
柱状節理
2016年10月30日 10:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柱状節理
乗鞍の肩に御嶽山
2016年10月30日 11:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍の肩に御嶽山
ナナカマド。素晴らし紅葉を想像。
2016年10月30日 11:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド。素晴らし紅葉を想像。
1
小屋は冬支度。ホースを片つけてました。
2016年10月30日 11:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋は冬支度。ホースを片つけてました。
前穂方向
2016年10月30日 11:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂方向
遠く大正池。今日の出発点
2016年10月30日 11:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く大正池。今日の出発点
2
河童橋
2016年10月30日 12:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋
1
ふたたび、見晴台まで下りてきました
2016年10月30日 13:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたび、見晴台まで下りてきました
1
ここまできたら、青空が
2016年10月30日 13:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまできたら、青空が
登山口に戻りました
2016年10月30日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に戻りました
昼の岳沢湿原
2016年10月30日 13:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼の岳沢湿原
快晴の河童橋
2016年10月30日 14:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の河童橋
4
絵葉書のよう
2016年10月30日 14:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絵葉書のよう
5
焼岳は逆光
2016年10月30日 14:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳は逆光
2
バスターミナルへの道々
2016年10月30日 14:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスターミナルへの道々
1
バスに乗車
2016年10月30日 14:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスに乗車
車窓より
2016年10月30日 14:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車窓より
2
いつもは写真撮れない、釜トンネル入り口付近
2016年10月30日 14:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもは写真撮れない、釜トンネル入り口付近
1
紅葉見頃の沢渡バスターミナル。ちょっと皮肉。
2016年10月30日 14:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉見頃の沢渡バスターミナル。ちょっと皮肉。
1

感想/記録




 昨年9月に訪れたコース。晩秋に上高地を大正池から岳沢小屋まで歩く。

 昨日、父と母をつれて、蓼科から小淵沢あたりをドライブ。曇りがちで、晴れ間を探しながらという感じ。今日は、晴れ予想。

 沢渡バスターミナルの駐車場に5:21に到着したときは、まだ真っ暗。駐車場は2割程度。実はここを利用するのは初めて。足湯でWCは済ませたので、券売機でバスの往復券を購入。2,050円。券売機が一台のみで、どうなの?5:40の多分始発のバスに乗れた。

 途中のバス停で載せたお客さんでバスは満席。15,6人が大正池で降りた。我々も、大正池で穂高岳が見えなかったら上高地バスターミナルまで行こうと思っていたが、少し靄っていたが見えたので降車。WCにもう一度行ってから、行動開始。

 大正池からは、焼岳、穂高連峰が見えている。写真家も多し。桟橋でビデオを撮ってみたり。間も無く、山頂に日が差し始める。湖面に映る穂高岳が美しい。ここで、20分も停滞してしまった。

 田代湿原は霜で覆われていた。見たことのない景色に感動。池もいつもの通り、滔々と流れる水に癒される。そして、梓川川べりに出て、青い流れを楽しむ。次は、田代橋。だいぶ、この時期のスポットは頭に入ってきた感がある。

 梓川の谷はまだ夜明け前。河童橋では青空に西穂、奥穂、前穂と陽に照らされて良く見えていた。

 河童橋でもまたまた停滞してしまった。カラマツが紅葉のピークを迎えているせい。急いで、岳沢湿原、登山口へと。

 登山届はコンパスで提出。ポストもないし。原生林(9)の中を進む。太い針葉樹が林立する、恐竜でも出てきそうな林。前穂南沢(8)を過ぎて、高度が上がってくると、樹間に穂高の峰々が見えてくる。落葉した木が多くなり、見やすくなっている。

 風穴(7)あたりは寒いのだが、今日は朝から寒い。登山開始後しばらくまで、ダウンが必要。帽子も耳が隠れるもの使用。河童橋も見えてくると間も無く、見晴台(6)に出る。ここも、停滞必至の絶景。西穂、奥穂が間近に迫るのを感じる場所。残念ながら、だいぶ白い雲が天を覆っているぞ。

 しばらく登ると中間点(5)、この中間点って、一番疲れるんですけど、もうちょっといいネーミングはないものかって思うのは我々だけ?確かに、50過ぎのおじさんおばさんペアではペースが上がらないけど、息は上がってばかり。

 西穂展望台(4)あたりから、潅木の中へ。だいぶ、高い木が減ってくる。綺麗に整備された石階段(3)はありがたい。しかし、そろそろと思ったところでやってくる胸突き八丁(2)、これでノックアウトされそうになるが頑張る。小屋見峠(1)で岳沢小屋がみえると、河原に下って、上下に絶景を見ながら、少し登ると
小屋に到着。

 小屋では、水場からのホースを巻き取る作業をされていた。小屋終いに向けた準備?我々を抜いていった方々も皆さん、小屋で休憩中。我々はもう少し先のテン場で昼食とす。ここから見る、吊尾根の下の柱状節理は見ものと思う。

 重太郎新道から、ヘルメットをつけた方々が降りてくる。みなさん屈強である。小屋までは軽装で来られるけど、そこからは迂闊に進めない。

 小屋の周辺で、たっぷり時間をとったので、スタスタと下山。しかし、時間を取ったおかげか、見晴台に戻ったところで、穂高上空に青空が広がりだした。小屋で見たかったが贅沢は言えない。外人さんと片言の英語で写真の取り合いっこをさせてもらったのはいい思い出になった。

 岳沢湿原まで戻ると、快晴となる。みなさん口々に素晴らしい景色を褒める。あまりの景色に、時間を忘れて写真を撮ってしまう。

 しかし、相方が、少し急いでくれたおかげで、2:25のバスに間に合った。往復切符を買っておいたおかげで、慌てずに済んだ。これからは、このパターンがいいかな。だが、いつも河童橋周辺で、ソフトとかコロッケとか食べようと言いつつ、実現しないのは、残念なこと。

 バスの車窓から大正池も綺麗だ。焼岳のカラマツの絨毯がすごい。往きは喘ぎながら登っていたバスも、下りは出すぎるスピードを、運転手さんが巧妙な観光案内をしながら、コントロールしている。

 沢渡バスターミナルに着くと、朝見えなかった周囲の紅葉が萌えている。皮肉なことに、この辺りが一番の紅葉じゃないかな。

 お風呂は、帰り道の関係で梓水苑。地元の人に愛される、比較的小さい施設。サウナも露天もないけど、汗を流すには十分。空いていた。体があったまって、アイスを食べたくなったが、時間の関係で、とをしやで買って家で食べた。
訪問者数:251人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/1/25
投稿数: 1358
2016/11/7 0:35
 バス往復切符は良いですね。
久しく訪れていない上高地、近いからうらやましい。
来年は島々谷・徳本峠を歩きたいですね。
写真Goodです。ビデオもいいですね。
今日はありがとうございました。
登録日: 2014/10/10
投稿数: 4
2016/11/8 16:37
 コメントありがとうございます
雁田山晴れていれば...と思いますが、いい山でしたね。
ビデオは見るたびに、拙さを感じます。hagureさんのを見て研究せねば。
また、ご一緒させてください。

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ