ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996438 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

表妙義縦走(1113m) ー日本三大奇景の一つー

日程 2016年10月30日(日) 〜 2016年11月01日(火)
メンバー bucchsachiyo-ohdebara, その他メンバー5人
天候晴れ後雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車2台を登山口と下山口に振分る
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間15分
休憩
1時間5分
合計
7時間20分
S妙義神社07:5008:40大の字08:5009:10奥の院09:2010:15大のぞき10:2010:55天狗岳11:0011:35妙義山11:4512:50バラ尾根のピーク13:0013:10堀切13:1114:00天狗の評定14:1214:15第四石門14:1614:20第三石門14:38第二石門14:44第一石門14:4515:10名勝石門群登山道
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
堀切から先(鷹返し)は通行禁止
その他周辺情報ひしや旅館に宿泊、神戸から現地まで高速で片道8時間
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 雨具 サブザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット クライミングシューズ ハーネス ヘルメット カラビナ スリング ロープスリング セルフビレイランヤード
共同装備 ツェルト ロープ

写真

前泊の夜は、高級な上州牛の入った「すき焼き」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊の夜は、高級な上州牛の入った「すき焼き」
4
東雲閣 望遠鏡でお山を覗きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雲閣 望遠鏡でお山を覗きました
1
妙義神社でコースを確認 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙義神社でコースを確認 
1
大の字への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大の字への登り
4
ここから上は”自己責任”
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから上は”自己責任”
1
何かあれば必ず”絡む”好奇心旺盛なメンバー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何かあれば必ず”絡む”好奇心旺盛なメンバー
3
ビビリ岩取付き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビビリ岩取付き
1
後を見たら絶景が広がってるが、足元はビビル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後を見たら絶景が広がってるが、足元はビビル
4
「堀切」で中間道に降りる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「堀切」で中間道に降りる
1
この先、鷹返しは「梯子工事中のため、通行止めです」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、鷹返しは「梯子工事中のため、通行止めです」
この後、”胎内くぐり”は安全を考えてスルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、”胎内くぐり”は安全を考えてスルー
3
カニの横ばいへの下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニの横ばいへの下り
3
お世話になった”ひしや旅館”さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になった”ひしや旅館”さん
1
山旅の間中、注目度No1だった荒船山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山旅の間中、注目度No1だった荒船山
3

感想/記録

麓から見る岩稜帯の奇景と、事前にネットで入手した知識「表妙義縦走路「難路の登山道」、「その通過の難しさは、北アルプスの大キレットや剱岳の比ではない」とが相まって、かなり緊張していました。
妙義神社で安全祈願をしっかりして、登山道を踏みしめ、いよいよスタートです。鎖場を何か所かクリアし、体が温めてくると平常心が戻って来ました。鎖も足場もしっかりとしています。高度を上げ、稜線に出ると”紅葉と絶景”が目の前に広がりました。休日を外して入山しましたので、他のパーティーは居ません。ホントに気持ちの良い”我々だけの”岩稜帯です。メンバーにも余裕が出てきたのか?見るもの、触るものにツッコミが出てきました。神戸から遠征して良かったと思うのは、我らがホームグランド「六甲」では出会うことのできない貴重なポイントが満載だからでしょう。
生憎「鷹返し」より先は、登山道整備のため通行止めでした。でも良いのです。この山、何度でも来たくなる魅力があります。来春、間違いなく裏妙義と合わせてお邪魔しますよ。
*下山後知った情報ですが、登山道の整備は地元の山岳会の方がされてるとのこと、頭が下がります。
訪問者数:655人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

キレット 鎖場 紅葉 前泊 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ