ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 997627 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大段谷山・小野村割岳(佐々里峠〜光砥山〜早稲谷)

日程 2016年11月03日(木) [日帰り]
メンバー field8us
天候北山しぐれ
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都バス32系統広河原行き
行き:出町柳 (7:50) → 広河原 (9:41)
\1100
帰り:下の町 (17:34) → 出町柳 (19:23)
\1000
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間46分
休憩
33分
合計
7時間19分
Sスタート地点09:4510:23佐々里峠10:2811:24大段谷山11:2912:43雷杉12:5613:18エイリアンの木13:36911ピーク13:56小野村割岳14:0614:36光砥山17:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
佐々里峠から大段谷山へは道標もあり道もしっかりしています(最後の分岐までは灰野行きの道をとる)。小野村割岳へは、途中北の支尾根(赤崎中尾根)への踏み跡があり、このレコでも誤って進んでしまいましたが芦生研究林内であり立ち入り禁止となっているので注意してください。光砥山(P951)からは踏み跡不明瞭です。最後林道から外れて地形図の破線を行くルートは道を外すと急勾配で危険です。一部踏み跡を失って正しいルートを進んでいないと思いますので、この部分の軌跡の利用はお勧めしません。林道をそのまま下るのが確実です。

写真

京都バス終点広河原から佐々里峠まで車道歩きです。最初はどんより曇っていましたが次第に晴れてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都バス終点広河原から佐々里峠まで車道歩きです。最初はどんより曇っていましたが次第に晴れてきました
佐々里峠。梯子を登って廃村灰野へ向かう道を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐々里峠。梯子を登って廃村灰野へ向かう道を歩きます
早速綺麗な紅葉が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速綺麗な紅葉が
雑木の尾根ですが意外に展望が開ける場所が多かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑木の尾根ですが意外に展望が開ける場所が多かったです
1
綺麗に色付いたモミジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に色付いたモミジ
まさに秋の森といった感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに秋の森といった感じ
1
今日の全コースを通じて、杉と広葉樹のミックスが魅力
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の全コースを通じて、杉と広葉樹のミックスが魅力
ここで灰野への道と分かれます。困ったことにこの先で雨が降ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで灰野への道と分かれます。困ったことにこの先で雨が降ってきました
間もなく大段谷山山頂。先ほどまでと少し違って、杉は無く若い雑木に包まれていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく大段谷山山頂。先ほどまでと少し違って、杉は無く若い雑木に包まれていました
2
引き返しているうちに雨が止んで青空が出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返しているうちに雨が止んで青空が出てきました
写真では伝わりませんが、雨に濡れた木の葉や落ち葉が陽を受けて輝く様子が印象的でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では伝わりませんが、雨に濡れた木の葉や落ち葉が陽を受けて輝く様子が印象的でした
やっぱり紅葉のピークはもう少し先かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり紅葉のピークはもう少し先かな
1
この標識まで戻って小野村割岳へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識まで戻って小野村割岳へ
また雲行きが怪しくなって雨となりました。この広場なんかは晴れていたら格好の休憩場所だったと思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また雲行きが怪しくなって雨となりました。この広場なんかは晴れていたら格好の休憩場所だったと思います
苔むした倒木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした倒木
1
下りが始まったのでP832先のコルへ向かっていると思いきや、方角が全然違う!いつの間にか赤崎中尾根に入ってしまいました(立入禁止)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りが始まったのでP832先のコルへ向かっていると思いきや、方角が全然違う!いつの間にか赤崎中尾根に入ってしまいました(立入禁止)
急いで戻ると再び雨が止み、地面から蒸発した雨が霧を作って幻想的な光景が現れました。北山しぐれに感謝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急いで戻ると再び雨が止み、地面から蒸発した雨が霧を作って幻想的な光景が現れました。北山しぐれに感謝
1
今日はもう諦めていた太陽がまた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はもう諦めていた太陽がまた
1
薄霧に差し込む日差し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄霧に差し込む日差し
1
P911も北に迷い込みやすい地形で、ここは標識があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P911も北に迷い込みやすい地形で、ここは標識があります
標高900m以上の尾根筋の紅葉は風に飛ばされしまっているものが多かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高900m以上の尾根筋の紅葉は風に飛ばされしまっているものが多かったです
1
やっと小野村割岳に到着。5月に来たときより大分見通しが良くなっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと小野村割岳に到着。5月に来たときより大分見通しが良くなっています
1
何とか予定通りの時間に到着したので、写真正面の光砥山(P951)経由で帰ります。結局また曇り空に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか予定通りの時間に到着したので、写真正面の光砥山(P951)経由で帰ります。結局また曇り空に
大芦生杉と紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大芦生杉と紅葉
地形的に風を受けにくいようで、光砥山周辺は稜線付近でも紅葉が元気なように感じました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形的に風を受けにくいようで、光砥山周辺は稜線付近でも紅葉が元気なように感じました
光砥山山頂。西側になだらかに広がっていて小野村割岳より気に入っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光砥山山頂。西側になだらかに広がっていて小野村割岳より気に入っています
2
コウンド谷源頭部。ここから下山する方が楽しめそうな感じですが、何も下調べしていないのでまたの機会に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウンド谷源頭部。ここから下山する方が楽しめそうな感じですが、何も下調べしていないのでまたの機会に
芦生杉の巨木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦生杉の巨木
明らかに、元々中央に生えていたであろう杉の枝が独立して育っている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明らかに、元々中央に生えていたであろう杉の枝が独立して育っている
林道に降り立つと展望が開けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降り立つと展望が開けます
1
今日はこのペンキの目印から下りてみますが、結論から言って後悔しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこのペンキの目印から下りてみますが、結論から言って後悔しました
道らしきものが途切れ途切れにあるのですが、不明瞭な場所からルートを外してしまったようで怖い思いをしました。収穫はムラサキシキブの実
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道らしきものが途切れ途切れにあるのですが、不明瞭な場所からルートを外してしまったようで怖い思いをしました。収穫はムラサキシキブの実
迷走した挙句、下りきる直前で道を見つけて出てきた場所は前回目処をつけていた目印の場所で、自分でも驚きました。後は林道をバス停まで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迷走した挙句、下りきる直前で道を見つけて出てきた場所は前回目処をつけていた目印の場所で、自分でも驚きました。後は林道をバス停まで
1
小雨の中、地元のご夫婦から傘を勧められましたが「大丈夫です」と答えて進みました。すると「ちょっと、これ見て行かはる?」と呼び止められたので何かと思うとオオサンショウウオでした。一見岩のようですが頭です。すっかり餌付けされて、おばちゃんが声を掛けると出てくるようになったとか!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨の中、地元のご夫婦から傘を勧められましたが「大丈夫です」と答えて進みました。すると「ちょっと、これ見て行かはる?」と呼び止められたので何かと思うとオオサンショウウオでした。一見岩のようですが頭です。すっかり餌付けされて、おばちゃんが声を掛けると出てくるようになったとか!
3
すっかり日も暮れてしまいましたが、下の町バス停に着きました。最後はまた晴れ。こんなにくるくる変わる天気は初めてです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり日も暮れてしまいましたが、下の町バス停に着きました。最後はまた晴れ。こんなにくるくる変わる天気は初めてです
2

感想/記録

京都北山へ紅葉探しの旅その1です。比良の方が見頃を迎えているそうですが、久しぶりに北山の奥の方へ行きたくなったのでこちらのコースに。遅れ気味の紅葉でも標高900mを超える小野村割岳の稜線ならそこそこ良いはず、と思いきや実際はその付近は強風で葉が飛ばされており、大段谷山側の稜線の方が良い感じでした。紅葉はさておき、めまぐるしく天候が変わる北山しぐれのおかげで山のいろいろな表情が見られて楽しかったです。

今日はルートファインディングがぼろぼろで、特に漫然と踏み跡を辿って赤崎中尾根に侵入してしまったのは痛恨のミスでした。油断したところに落とし穴があるということですね。

下山後に地元の方と話して分かれる際「またいらっしゃいね」と言っていただきましたが、このあたりは本当に何度でも来たくなる良い所です。
訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ