ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998657 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

中山連山 紅葉には早いですが

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー kobechuokwi05188isimitukakkuhana-hana-(CL), その他メンバー9人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
1時間30分
合計
6時間0分
S阪急山本駅09:0009:30最明寺滝09:4011:20満願寺西山11:3012:00中山最高峰12:30中山奥之院13:2014:20清荒神清澄寺14:4015:00阪急清荒神駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
阪急山本駅09:00→09:25最明寺滝09:35→11:20満願寺西山→12:00中山最高峰→12:40中山奥之院13:15→14:15清荒神清澄寺14:40→15:00阪急清荒神駅

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 時計 タオル

写真

体操と朝のご挨拶
2016年10月29日 09:05撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体操と朝のご挨拶
最明寺滝にて
2016年10月29日 09:29撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最明寺滝にて
2
この青空
お天気心配してましたが良かったです
2016年10月29日 10:01撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この青空
お天気心配してましたが良かったです
2
風が強くなってきたので衣服調整
2016年10月29日 11:11撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強くなってきたので衣服調整
30分もいたら凍えてしまいそうでした
2016年10月29日 12:02撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分もいたら凍えてしまいそうでした
小さき秋
紅葉が始まってます
2016年10月29日 13:01撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さき秋
紅葉が始まってます
1
左手奥は湧水・大悲水
2016年10月29日 13:14撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手奥は湧水・大悲水
清荒神清澄寺へ到着
2016年10月29日 14:12撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清荒神清澄寺へ到着
ぐる〜と参拝
2016年10月29日 14:17撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐる〜と参拝
一願地蔵尊
1つの願いを念ずれば…
2016年10月29日 14:28撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一願地蔵尊
1つの願いを念ずれば…
1
参道のお店を覗きながら駅へ向かいます
2016年10月29日 14:43撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道のお店を覗きながら駅へ向かいます
撮影機材:

感想/記録

木枯し1号が吹き寒い一日でした。
阪急山本駅に集合、近くの公園で体操のあと、9時10分中山連山へ向かって出発しました。街中を通過し、林道を入ると、あっという間に最明寺滝に到着です。
最明寺滝の名の由来は、北条時頼(のちの最明寺入道)が諸国を遍歴したとき、その美しさを賞賛し、ここに庵を設けたためらしいです。ここで、今回参加者の集合写真を撮りました。
これから本日のハイキング本番です。樹木の中を少し歩くと、目の前に巨大な岩場の出現です。ここから送電線鉄塔まで20分程岩場の急登に挑戦です。ある人は四つん這いになり息を切らせながら登っていかれました。振り向くと眼下に街並みが一望できました。送電線鉄塔下では、Tさんからミカンの差し入れがありました。大変美味しく頂きました。
その後、満願寺西山まで樹木の中を歩きましたが、これから今日の寒さとの闘いです。満願寺西山からは尾根を廻る眺望の開けた道だったり、樹木で視界が遮られたり中山最高峰までアップダウンの林道をひたすら歩きました。勿論この間も北風が容赦なく吹いており、中山最高峰で、昼食の予定が急遽中山奥之院に変更になりました。中山奥之院では、紅葉が少し眺めることができました。昼食後は、清荒神まで一時間程で下山しました。清荒神(清澄寺)は、火の神、かまどの神として日本三大荒神の一つらしいです。皆さんお参りして本日のハイキングは終了しました。(MUK)
<コース状況>危険個所なし。全体的に良く整備されていて歩き易い林道でした。
訪問者数:158人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 奥の院 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ