ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999229 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲山塊 ロックガーデン B懸尾根 荒地山

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー borav64m
アクセス
利用交通機関
電車
阪急電鉄梅田駅始発5:00 芦屋川駅5:25着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
30分
合計
4時間30分
S芦屋川駅05:3006:00高座の滝06:1006:30B懸尾根取り付き07:30万物相(ゴマアザラシ)07:4007:50風吹き岩08:20なかみ山08:30荒地山08:4009:20城山09:40下山口10:00芦屋川駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 サブザック 行動食 非常食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

初めの滝。暗くてよくわかりませんね。
2016年11月05日 06:51撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めの滝。暗くてよくわかりませんね。
二つ目の滝
2016年11月05日 06:53撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の滝
何個か目の滝(笑)
2016年11月05日 07:00撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何個か目の滝(笑)
この滝を越えると「しょんべんの滝」
2016年11月05日 07:02撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝を越えると「しょんべんの滝」
通称「しょんべんの滝」
前立腺癌を摘出すると滝まで勢いがなくなる。
2016年11月05日 07:03撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通称「しょんべんの滝」
前立腺癌を摘出すると滝まで勢いがなくなる。
尾根に取り付くとすぐに堰堤上部に出ます。
2016年11月05日 07:06撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に取り付くとすぐに堰堤上部に出ます。
二絞りアンダーで神戸港に昇る太陽を撮影。
2016年11月05日 07:09撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二絞りアンダーで神戸港に昇る太陽を撮影。
3
B懸尾根の始まり
2016年11月05日 07:10撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
B懸尾根の始まり
1
こちらが主稜でしょうか。
私は脇から登ってきたようです。
2016年11月05日 07:12撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが主稜でしょうか。
私は脇から登ってきたようです。
2
朝陽が当たるB懸尾根
2016年11月05日 07:12撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽が当たるB懸尾根
2
振り向いて
2016年11月05日 07:15撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向いて
1
フィールドアスレティックの始まりです。
2016年11月05日 07:18撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フィールドアスレティックの始まりです。
2
自撮り
2016年11月05日 07:28撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自撮り
狭い
2016年11月05日 07:29撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い
1
私はつっかえてしまう。
2016年11月05日 07:36撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私はつっかえてしまう。
バックアンドフットでしばらく前進。
2016年11月05日 07:37撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックアンドフットでしばらく前進。
振り返って
2016年11月05日 07:38撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
前回飛ばしたフェース
2016年11月05日 07:41撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回飛ばしたフェース
1
メタボ測定S字岩狭を振り返る。
2016年11月05日 07:43撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メタボ測定S字岩狭を振り返る。
1
フェースを登った後更に岩峰を越すと土の道に出ました。
暫くするとロックガーデン中央稜のの道で飛び出してしまった。
戻ります。
2016年11月05日 07:49撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フェースを登った後更に岩峰を越すと土の道に出ました。
暫くするとロックガーデン中央稜のの道で飛び出してしまった。
戻ります。
このルンゼを下るのが正解。
2016年11月05日 07:54撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルンゼを下るのが正解。
万物相に出ました。
2016年11月05日 07:58撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万物相に出ました。
鉄塔が玉に瑕。
2016年11月05日 08:00撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔が玉に瑕。
1
今日は独り占め。
2016年11月05日 08:01撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は独り占め。
1
燕岳のイルカに対抗して「ゴマアザラシ」
2016年11月05日 08:07撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳のイルカに対抗して「ゴマアザラシ」
2
B懸尾根全景
2016年11月05日 08:12撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
B懸尾根全景
万物相を降りて振り返る
2016年11月05日 08:13撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万物相を降りて振り返る
1
風吹岩でご婦人二人が休んでいたら猫が3匹寄ってきて物乞いを始める。
2016年11月05日 08:22撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩でご婦人二人が休んでいたら猫が3匹寄ってきて物乞いを始める。
1
4匹目
2016年11月05日 08:24撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4匹目
5匹目
2016年11月05日 08:27撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5匹目
気持ちの良いハイキングコース
2016年11月05日 08:33撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良いハイキングコース
前回水場コースに入ってしまいパスしたなかみ山
2016年11月05日 08:51撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回水場コースに入ってしまいパスしたなかみ山
岩梯子をパスしたコース
2016年11月05日 09:22撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩梯子をパスしたコース
たまたま振り返り岩梯子を発見。
悔しいので登って降りてみる。(笑)
2016年11月05日 09:23撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまたま振り返り岩梯子を発見。
悔しいので登って降りてみる。(笑)
1
新七右衛門
2016年11月05日 09:25撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新七右衛門
1
左が岩梯子
右がエスケープルート?
2016年11月05日 09:28撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が岩梯子
右がエスケープルート?
荒地山全景
2016年11月05日 09:33撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山全景
1
城山からの眺め
2016年11月05日 10:05撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山からの眺め
下山口
2016年11月05日 10:25撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山口
この岩場を登ると有刺鉄線につかまる。
2016年11月05日 10:26撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩場を登ると有刺鉄線につかまる。
対岸のマンション
2016年11月05日 10:32撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸のマンション
魚影が濃い
2016年11月05日 10:35撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚影が濃い
渡り染めの式典をやっていました。
地元の人は規制線の外側でカメラを構えています。
規制線の内側を歩く私が立ち止まって撮影するのは憚れたので歩きながらの撮影になりました。
2016年11月05日 10:38撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡り染めの式典をやっていました。
地元の人は規制線の外側でカメラを構えています。
規制線の内側を歩く私が立ち止まって撮影するのは憚れたので歩きながらの撮影になりました。
2

感想/記録

今年の2月に歩いたときB懸尾根をかなり巻いてしまったのと、なかみ山を水源コースでパスしてしまったことと、岩梯子が分からなかったので、今回再挑戦しました。
前回と同じく出張ついでの山歩きです。
ただし、梅田のホテルのチェックアウトが12時で伊丹空港からの飛行機が14時なので、朝5時始発の緩急電車でどうにか間に合うかという際どい計画での実行となりました。
真っ暗な中、5時半に芦屋川駅を出発して、6時に高座の滝につきました。
そこには年配の方が20名ほど集まっていて6時になるとラジオ体操の曲がが流れだし、皆さん一斉に暗闇の中で体操を始めました。
私は付き合わず、ヘッデンを灯して、手袋をはめて歩き始めます。
地獄谷へ降りると空は開けヘッデンは必要なくなりました。
滝は全て直登で快適です。
最後の小便の滝は情けない水量で4月に前立腺癌により摘出を受けた我が身を見る思いです。
B懸尾根に取り付くと太陽が神戸港の上に出て明るくなりました。
前回歩いて危なくないことが分かったので、今回は徹底的に岩稜沿いに歩きました。
実に楽しい。
天然のフィールドアスレティックです。
前回直登を躊躇われ巻いてしまったところも左の灌木を支点に乗越し、写真で見たザイルが垂れたスラブを快適に登ります。
その先で左に進み詰まりましたが、右手にロープが輪になっていて、それを使って2メートルほどの段差を降りました。
今回はルンゼには下りないと決めていたので、左手も岩峰を超えて進むと中央尾根のルートに飛び出してしまいました。
先程のルンゼまで戻り、万物相に向かいます。
ここで朝ごはん。
快晴無風。誰もいません。
予定より時間が経過していましたので、すぐ出発。
風吹岩を素通りしようと思いましたが、人の声がするので立ち寄りました。
ご婦人たちが3匹の猫に絡まれていました。
その合計5匹の猫を見かけました。
どうもこの山は猫と猪が名物のようです。
前回は水源コースを行ってなかみ山を経由できなかったので、そちらの正規ルートをたどりました。
荒地山では一人の男性とすれ違いました。
昨晩の宴会の残り物「鯛めしのおにぎりを頬張り下山。
なぜかまた昨年と同じ岩場の上に出てしまいました。
右手のクラックと左手のフェースをフリクションを利かせてクライミングダウン。
どう考えてもハイキングコースではない。
二段目では下のテラスに若者3人がいました。
B懸尾根より岩登りの経験がモノをいう3メートル×2段です。
今回のコース一番のアスレティックです。
テラスに降りると若者たちから「お元気ですね。」と声をかけられてしまいました。
どういう意味なんだろうと一瞬考えましたが、まいっか。
「どちらからお見えになったのですか。」と聞かれたので
「東京からの出張ついでに始発電車に乗ってB懸尾根から」と答えると
また、「お元気ですね。」と言われてしまいました。
まー確かに昨年の1月の腎臓癌、今年の4月に前立腺癌の摘出手術を受けて、よくここまで回復したのもだ。
開腹手術ではなくダビンチで手術したせいかでしょうか。(笑)
若者たちにこの先に岩梯子があると聞いたので期待して進む。
あ、3メートル2段のアスレティックを撮り漏らした。
急な岩場が出てきて左を行く。
降りて振り向くと左手に写真で見覚えのある岩梯子がありました。
また飛ばしてしまったので悔しいので用はないけど岩梯子を登り新七右衛門の穴くぐりを確認して岩梯子を降りました。
ここはネーミングの勝利ですね。
この先は下からのハイカーがどんどん上がってきます。
城山のベンチでは紳士が文庫版を読んでいました。
次の見晴らしのいいベンチでは別の紳士が朝刊を読んでいました。
この山はどうもそういうところらしい。
高級住宅街に降りると凄い勢いでハイカーが登ってくる。
途中、かけ替えられた橋の渡り初め式会場を突っ切って芦屋川駅に急ぐ。
電車の音が聞こえたのでそのまま階段を駆け上がり電車に飛び乗りました。
次の駅で特急が後から来てそちらが先に梅田に着くアナウンス。
恐々降りて、若い女性に次の特急が先につきますか、と聞くとイヤホンを外して「梅田に行くなら」と答えてまたイヤホンをはめる。
「あのー特急料金がかかりますか。」
またイヤホンを外して「いえかかりません。」と笑顔で答えまたイヤホン。
ホテルのは10時40分位についてシャワーを浴びてパッキング着替えをしてチェックアウト。
14時の飛行機に余裕で間に合いました。

※カメラの時刻が45分ぐらい進んでいたようです。
訪問者数:143人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/11
投稿数: 147
2016/11/5 23:09
 地元の山だったんです
六甲山は地元の山、その中でも高座の滝からのコ−スは地元中の地元だったんですが、ロックガ−テン付近は岩が風化して危ないから近寄るなと言われて一度も行ったことがないです
大したことがないように書かれていますが、写真を見る限り、やはりそれなりのところのようですが、そになりに気をつけていれば歩けるのでしょうか?

ところで、もうかなり回復されたようで、なによりです

ちなみに六甲山は来週の日曜日に全山縦走でお邪魔する予定です
登録日: 2014/4/2
投稿数: 268
2016/11/5 23:40
 Re: 地元の山だったんです
ありがとうござます。
足尾の山歩きで完全に自信を取り戻しました。
それまでは仕事も続けられないのではと危惧していましたが、月曜日の龍王山と今回のB懸尾根で、次の函館では駒ヶ岳を歩こうかと思っています。
B懸尾根はどこでも歩けて快適です。
岩稜通しに躊躇したらルンゼを降りて次のルンゼを登りなおして稜線に戻れます。
「山と高原地図」の記述を読むと怖そうですが。
それよりも荒地山からの下りで遭遇する3メートルほどの岩のクライミングダウンのほうが
岩登りの経験者でないと躊躇すると思います。
多分ほかにルートがあると思うのですが2月と今回、どちらもここに出てしまいました。

全山縦走期待しています。
登録日: 2012/1/22
投稿数: 478
2016/11/6 10:57
 色んな意味で、ハードですね
borav64mさん、こんにちは。
出張先で、朝早いし、岩登るし、お姉さんと会話するし、アクティブですね。
シャワーを浴びながら、鼻唄が聞こえてきそうです。
正に、お元気ですねぇ、です。
自虐ネタを入れるあたりの、読者を飽きさせないテクも岩登技術に負けないものがあります。
渡り初めに反対側から登場した時の、所在ないboravさんを想像して笑わせてもらいました。
お疲れ様でした。
登録日: 2014/4/2
投稿数: 268
2016/11/6 12:49
 Re: 色んな意味で、ハードですね
私の拙い文書からいつも完璧に読み込んでくださるmusica001さんには畏怖いたします。
渡り初め式では祝詞を上げている最中だったと思いますが、気がつくと規制線の内側を歩いていましたので、立ち止まって写真を写したのでは失礼に当たると思い、歩きながらぱちりとやった結果です。しかし山は人を元気にしてくれます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ