ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999506 全員に公開 ハイキング奥武蔵

武甲山(横瀬→武甲山→浦山口駅)とのんのんびより

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー teoimperial
天候快晴

朝は都内では曇りでしたが、飯能に到着したら雲がなくなりました。
自宅から空を見上げると全くの曇り空だったものの、weathernewsの実況チャンネルで飯能・秩父方面は晴れらしいのと、ひまわりのリアルタイム情報(http://himawari8.nict.go.jp/ja/himawari8-image.htm 可視光写真なので夜は見えません)で秩父方面には雲が無いのを確認して出発しました。
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
行き
横瀬駅着8:43の快速急行
前回7/30に駅前のタクシー乗り場ですぐに乗れたので今回もそれを期待して行ったのです、駅前にとまっているのは予約済みのタクシーだけで、聞いてみたら今日はハイシーズンの週末なので全部出払っているとの事でした。秩父タクシーの人が秩父丸通タクシーの人に話をしてくれてなんとか呼び出して貰えて乗る事が出来ましたが、前回1,990円だったのが今回は2,620円でした。この差は何だったのか。呼び出し代でしょうか。

帰り
浦山口駅側へ下りましたので、浦山口駅発13:58の熊谷行き
お花畑着14:11
西武秩父発14:38の各停飯能行きで帰りました。
今日は4両編成が西武秩父で既に空席なしの混雑でした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
32分
合計
4時間42分
S一の鳥居(武甲登山道入口)09:1010:25シラジクボ10:54シラジクボとの分岐10:5911:08武甲山11:1811:23武甲山御嶽神社11:3611:38シラジクボとの分岐12:04長者屋敷の頭12:0812:58橋立林道終点13:37札所28番 橋立堂/橋立鍾乳洞13:52浦山口駅13:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回の目的は二つです。

一つは比較的近郊でもう紅葉になっている山。ちょっと見てみたら武甲山は紅葉だと言うので武甲山にしました。

もう一つ。行き先が武甲山と決まったら前回知らずに通過してしまった浦山口にあるのんのんびよりの舞台を写真に収めると言う事です。浦山口にあるんですよ。
コース状況/
危険箇所等
前回(7/30)は表参道を登りましたが、全く同じでも面白くないのでシラジクボ経由の道を選びました。浦山口駅への下りは同じです。

・一の鳥居→表参道と持山寺跡分岐点
緩やかな登り道です。道も迷いません。

・表参道と持山寺跡分岐点→生川林道合流点
ひたすら九十九折の道を登ります。展望もありません。九十九折になっている為そう急登ではありません。

・生川林道合流点→シラジクボ
それまでよりは幾分楽になります。最初は何度か林道と合流しては離れます。登山道へ入るポイントを見逃さない様に。一応道標があります。

・シラジクボ→武甲山
地図の様子から急登だろうなとは思っていました。まあまあの急登です。
分岐する道はありませんので迷うことはありません。

・不動滝→武甲山
やや本格的になります。多分一ヶ月半のブランクが無かったらそう苦労しなかったと思いますが、暑さもあって息が切れました。道で迷う場所はありません。地理院の地図上では山頂付近で別ルートがある様に見えますが階段崩壊の為通行止めとなっているので廃道になった模様です。

・武甲山→長者屋敷ノ頭
横瀬側の参道から見たらぐっと細い道になり人通りも減りますが、流石にハイシーズンとあって何人かとすれ違い、何にかに抜かれました。道ははっきりしています。
登山詳細図では避難小屋が長者屋敷ノ頭のずっと手前に書いてありますが、過去がどうだったのかは分かりませんが現状では間違いで長者屋敷ノ頭に避難小屋があります。

・長者屋敷尾根
尾根コースで斜度がゆるやかになります。緩やかな部分は快適ですね。

・長者屋敷尾根→橋立川
急激に高度を下げる為につづら折れとなります。特に上部は斜度もあります。木段を少し過ぎた中間点から下は斜度が緩くなって楽になりますが、何しろつづら折れが延々と続きます。

・橋立林道→浦山口駅
7/30に来た時は暑さで熱中症になりそうな区間でしたが、この季節はちょうどよい温度で楽に歩けます。
その他周辺情報山頂にトイレはありますが、それ以外はありません。この持山寺跡コースを取ると不動滝のペットボトルの地点は通らないので山頂へ水を運ぶ事は出来ません。

写真

今回も9:10に一の鳥居から出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も9:10に一の鳥居から出発します。
9:28 あれ?もう表参道コースと持山寺跡コースの分岐点。
思っていたのより早かったのでうっかりすると見過ごすところでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:28 あれ?もう表参道コースと持山寺跡コースの分岐点。
思っていたのより早かったのでうっかりすると見過ごすところでした。
9:53 林道と合流します。
すぐに別れます。左の方のいかにも登山道らしい方へ行きます。
その後もう一度合流して、少し林道を歩いてまた分かれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:53 林道と合流します。
すぐに別れます。左の方のいかにも登山道らしい方へ行きます。
その後もう一度合流して、少し林道を歩いてまた分かれます。
10:02 持山寺跡への道との分岐点。
今日は時間にあまり余裕が無いので寄らずに右の道に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:02 持山寺跡への道との分岐点。
今日は時間にあまり余裕が無いので寄らずに右の道に行きます。
10:25 シラジクボに到着しました。
ここまでは誰にも会いませんでしたが、ここからのコースは何人もの人とすれ違います。
その中の一人の青年が私の帽子を見て「それ自分で描いたのですか?」とあおいちゃんを指します。ヤマノススメを知ってる青年ですw
これからウノタワに行くとの事でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:25 シラジクボに到着しました。
ここまでは誰にも会いませんでしたが、ここからのコースは何人もの人とすれ違います。
その中の一人の青年が私の帽子を見て「それ自分で描いたのですか?」とあおいちゃんを指します。ヤマノススメを知ってる青年ですw
これからウノタワに行くとの事でした。
シラジクボからの尾根コースです。
表参道のコースより気分が良いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラジクボからの尾根コースです。
表参道のコースより気分が良いですね。
10:54 武甲山ノ肩に着きました。
ここまで来たらすぐですね。
と言いつつちょっと飲み物を飲んで5分の休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:54 武甲山ノ肩に着きました。
ここまで来たらすぐですね。
と言いつつちょっと飲み物を飲んで5分の休憩。
11:03 武甲山御嶽神社に到着です。
前回より6分早いですが、コースが違うのでなんとも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:03 武甲山御嶽神社に到着です。
前回より6分早いですが、コースが違うのでなんとも。
1
第二展望付近です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望付近です。
1
11:08 山頂展望台に到着です。
快晴!
10分ほど、山頂でツイートなどしてウロウロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:08 山頂展望台に到着です。
快晴!
10分ほど、山頂でツイートなどしてウロウロ。
2
お昼は神社の下でと下ります。
7/30に奉納した絵馬は無事でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼は神社の下でと下ります。
7/30に奉納した絵馬は無事でした。
真っ赤な紅葉は一部ですが、綺麗ですね。
神社の下でお昼です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤な紅葉は一部ですが、綺麗ですね。
神社の下でお昼です。
2
10分程滞在して11:36に出発しました。
以前から思っていましたが、神社の所で五十一丁目なんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分程滞在して11:36に出発しました。
以前から思っていましたが、神社の所で五十一丁目なんですね。
11:38 武甲山ノ肩を浦山口駅方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:38 武甲山ノ肩を浦山口駅方面へ
12:04 長者屋敷ノ頭に下りて来ました。
避難小屋で4分程飲み物休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:04 長者屋敷ノ頭に下りて来ました。
避難小屋で4分程飲み物休憩。
長者屋敷尾根コースはイイ感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者屋敷尾根コースはイイ感じ。
12:26 長者屋敷尾根から別れて橋立川の方へ九十九折の道を下って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:26 長者屋敷尾根から別れて橋立川の方へ九十九折の道を下って行きます。
12:38 中間の木段地点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:38 中間の木段地点です。
12:50 九十九折終了。
まっすぐ先は廃道となった別ルートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:50 九十九折終了。
まっすぐ先は廃道となった別ルートです。
12:53 渡河地点で見上げるとほんのり紅葉した武甲山の裾野です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:53 渡河地点で見上げるとほんのり紅葉した武甲山の裾野です。
12:58 林道終点に下りて来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:58 林道終点に下りて来ました。
13:37 高架道路下の分岐点。
ここがのんのんびより第4話、あのカメラの子とれんちょんが一緒に歩いた場所なのです。
実は一度通り過ぎて戻ったので5分程ロスしてます。
ここから浦山口駅までの何地点かで舞台背景となった場所があります。
それはブログの舞台探訪記事で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:37 高架道路下の分岐点。
ここがのんのんびより第4話、あのカメラの子とれんちょんが一緒に歩いた場所なのです。
実は一度通り過ぎて戻ったので5分程ロスしてます。
ここから浦山口駅までの何地点かで舞台背景となった場所があります。
それはブログの舞台探訪記事で。
1
13:49 駅目前の道路の脇の湧き水がのんのんびよりりぴーと第7話でれんちょんとほたるんとひか姉が立ち寄った湧き水です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:49 駅目前の道路の脇の湧き水がのんのんびよりりぴーと第7話でれんちょんとほたるんとひか姉が立ち寄った湧き水です。
1
と言う訳で今回用意したれんちょんのレイヤーを使った写真をツイート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言う訳で今回用意したれんちょんのレイヤーを使った写真をツイート。
2
13:52 浦山口駅に到着しました。
登山して、のんのんびより聖地巡礼して、ちょうど電車の時間にぴったりでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:52 浦山口駅に到着しました。
登山して、のんのんびより聖地巡礼して、ちょうど電車の時間にぴったりでした。

感想/記録

近郊で紅葉と言う事で武甲山を選び、しかも浦山口ののんのんびよりの舞台もまわれるお得な登山でした。

今回は登りはストックを使わずに武甲山に登れました。下りは以前からある膝痛が起きない様に少しでも膝の負担を軽くする為にストックを使いました。

この季節の武甲山、良いですね。

でもタクシーも予約しないと乗れないし(今回たまたま乗れましたが)、帰りの西武線の電車は相当な混雑だったし、季節が良いと人が多くなりますね。
訪問者数:180人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ